ドイツで見れる幻想的&神々しい絶景10選

ドイツには世界遺産もたくさんあることから、ライトアップされるだけで幻想的な雰囲気のある見どころがたくさんありますよね。今回は、ちょっと変わったテーマパークや歴史ある建物・城、自然、季節でのイベントに的を絞って、幻想的なドイツの絶景をご紹介しましょう。

歩けるジェットコースター『Tiger & Turtle』

歩けるジェットコースター『Tiger & Turtle』

image by iStockphoto

ドイツ西部の街デュースブルクに、ジェットコースターが苦手で乗れないという人にも、ジェットコースターからの眺めを楽しんでほしいと設計された『Tiger & Turtle』があります。
すべてらせん階段で全249段!一番高いところで45mあり、これはこれで怖いですね。
夜にはLEDでライトアップされ、らせんの骨組みが浮かび上がり幻想的。

image by iStockphoto

Tiger&Turtle – Magic Mountainの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tiger&Turtle – Magic Mountain
住所 Ehinger Str. 117, 47249 Duisburg, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 2.75ドル
参考サイト http://www.duisburg.de/micro2/tat/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Tiger&Turtle – Magic Mountainのスポットページ

冷却塔の中にある空中ブランコ『ワンダーランド・カルカー(Wunderland Kalkar)』

ドイツとオランダの国境近くの街カルカーにあるテーマパーク「ワンダーランド・カルカー」は、一度も発電せず閉鎖した原発の跡地に設置されました。
見どころは、原発の冷却塔の中を回る巨大空中ブランコ。
冷たい円筒形の塔の上に空中ブランコが回る不思議な光景は、幻を見ているよう。
乗っている人は迫る壁にスリル満点だと思いますが、また違った景色が見えるのでしょうか?

冷却塔外側は、クライミングウォールになっているんですよ。







ワンダーランド・カルカー(Wunderland Kalkar)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ワンダーランド・カルカー(Wunderland Kalkar)
住所 Griether Strasse 110-120, 47546 Kalkar
営業時間・開場時間 現地時間10:00~18:00
利用料金や入場料 食事・飲み物付入場料金:大人35ユーロ(約4200円) 3歳から12歳27.50ユーロ(約3300円)
参考サイト https://www.wunderlandkalkar.eu/nl
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワンダーランド・カルカー(Wunderland Kalkar)のスポットページ

カリオストロの城のモデル『リキテンシュタイン城(Schloss Lichtenstein)』

カリオストロの城のモデル『リキテンシュタイン城(Schloss Lichtenstein)』

image by iStockphoto

ミュンヘンの西200kmほどのシュヴァーベンアルプ山中にある『リキテンシュタイン城』は、ジブリ映画「ルパン三世カリオストロの城」のモデルとなった城。
シュヴァーベンアルプの海抜817m(谷底からは約250m)の断崖絶壁に建つ城の美しさには目を奪われます。
多くのイラストなどのモデルになるのがわかりますね。

 

image by iStockphoto

Schloss Lichtensteinの住所・アクセスや営業時間など

名称 Schloss Lichtenstein
住所 72805 Lichtenstein, Germany
営業時間・開場時間 1月・12月閉鎖/  2・3・11月:土日休日のみ 現地時間10.0-16.00/  4月-10月:毎日 現地時間9.00-17.30
利用料金や入場料 大人2ユーロ 子供1ユーロ ガイドツアーは別料金
参考サイト http://www.schloss-lichtenstein.de
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Schloss Lichtensteinのスポットページ

目の錯覚を誘う『悪魔の橋(Rakotz Bridge)』

目の錯覚を誘う『悪魔の橋(Rakotz Bridge)』

image by iStockphoto

ドイツとポーランドの国境近くに位置するクロムロー(kromlau)という街にある「悪魔の橋」。
美しい公園にひっそりと建つこの橋の通称は「ラコツ橋」ですが、水の上で出来る見事な円形模様は、悪魔の王サタンが作ったに違いないということから「悪魔の橋」と呼ばれるようになりました。
目の錯覚を引き起こす幻想的な風景に目を奪われてしまうでしょう。
次のページでは『世界最大級の干潟、世界遺産『ワッデン海』』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ドイツの記事を見る

ドイツの歴史をたどる中世都市の旅
ミュンヘン観光で行きたい、世界遺産&歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
ドイツ旅行なら「テレビ塔」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
中部ドイツ・バッハゆかりの美しい街をめぐる旅
ブドウ畑が美しい、ドイツ「リューデスハイム」で見たい絶景10選
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
観光の前に知りたい!ドイツの近代史が詰まった「ベルリン」の歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選