多くの音楽家たちが活躍した地、ドイツ「ライプツィヒ」で見たい絶景10選

文豪ゲーテのゆかりの地をつないだゲーテ街道は、フランクフルトから始まりドレスデンに終わります。その途中にライプツィヒという町があります。商業や金融、印刷業などで発展した町ですが、その一方で菩提樹が涼しい小影を作るような居心地の良い町でもあります。今回は、ライプツィヒで見られる絶景をご紹介いたします。

ライプツィヒはどんな町?

ライプツィヒはどんな町?

image by iStockphoto

ライプツィヒという町の名前の由来には、菩提樹を意味する「リプツィ」という語源からのようです。
1409年には、ハイデルベルク、ケルンに続き3番目に古い大学が設立され、ゲーテやニーチェ、そして森鴎外などがこの地で勉学に励みました。
また、バッハをはじめ、リスト、ワーグナーなど現代にも名を馳せる多くの音楽家たちが活躍したのもこのライプツィヒでした。

ライプツィヒの住所・アクセスや営業時間など

名称 ライプツィヒ
名称(英語) Leipzig
住所 Leipzig, Deutschland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.leipzig.travel/jp/_210.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ライプツィヒのスポットページ

ライプツィヒへのアクセス

ライプツィヒへのアクセス

image by iStockphoto

ライプツィヒは、ベルリンやドレスデンなどの主要都市からのアクセスが容易です。
特急列車ICEの利用で、ベルリン、ドレスデン共に1時間15分程で到着できます。
また、フランクフルトからでは所要約3時間程。
ライプツィヒ中央駅は床面積83,460m²を有し、これはヨーロッパ最大の大きさだと言われています。
1997年のリニューアルの際には、3階建のショッピングモールが構内に完成し、140のショップや飲食店などが軒を連ねます。

ライプツィヒ中央駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 ライプツィヒ中央駅
名称(英語) Leipzig Hauptbahnhof
住所 Willy-Brandt-Platz 5, 04109 Leipzig
営業時間・開場時間 [月-土]10:00−22:00 [日]13:00−18:00
利用料金や入場料 店舗・施設による
参考サイト https://www.promenaden-hauptbahnhof-leipzig.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ライプツィヒ中央駅のスポットページ

外観の美しさが目を引く 旧・新市庁舎

外観の美しさが目を引く 旧・新市庁舎

image by iStockphoto

ライプツィヒ中央駅を出ると、「リング」という名の大通りが中心部をぐるりと囲んでいます。
見所のほとんどは、このリングの中と周辺に集まっているので、初めてこの町にやってきた観光客でも散策がしやすい町の造りと言えるでしょう。
リング内の中心にあるマルクト広場には、美しいファサードと大時計が印象的な旧市街がお目見え。
東側のナッシュマルクト広場には、若き頃のゲーテの銅像が佇んでいます。

image by iStockphoto

1556年に建てられ、1774年に教会の塔が作りなおされました。
第二次世界大戦の影響で破壊されましたが、戦後に再建が行われました。
現在は、ライプツィヒ市歴史博物館として内部が公開されています。
南へ300m程の所には、新市庁舎もオープンしました。
こちらもお城のような美しい景観の建物なので、併せて訪れてみましょう。







ライプツィヒ市歴史博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ライプツィヒ市歴史博物館
名称(英語) Stadtgeschichtliches Museum Leipzig, Altes Rathaus
住所 Markt 1, 04109 Leipzig
営業時間・開場時間 10:00−18:00 月曜休館
利用料金や入場料 大人6ユーロ 18歳以下無料
参考サイト http://www.stadtgeschichtliches-museum-leipzig.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ライプツィヒ市歴史博物館のスポットページ

バッハが活躍していたトーマス教会

バッハが活躍していたトーマス教会

image by iStockphoto

旧市庁舎の南西200mの所には、バッハが活躍したことで有名なトーマス教会があります。
この教会は、13世紀に建てられ、改築が行われた後今のような姿になったのは1702年のことです。
バッハがこの教会のオルガン奏者兼合唱団の指揮者として働いていたのは、1723~1750年の頃だといいます。
この場で「マタイ受難曲」などの名曲が生まれたのですね。
現在は、金・土曜日に少年合唱団のコンサートが行われています。

トーマス教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 トーマス教会
名称(英語) Thomaskirche
住所 Thomaskirchhof 18, 04109 Leipzig
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 無料, タワーツアー2ユーロ
参考サイト https://www.thomaskirche.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トーマス教会のスポットページ

東西ドイツ統一へ導いたニコライ教会

東西ドイツ統一へ導いたニコライ教会

image by iStockphoto

ライプツィヒで一番大きな教会が、旧市庁舎の東側に位置する「ニコライ教会」。
1165年に建てられ、16世紀に後期ゴシック様式、さらにクラシック様式と手が加えられてきました。
教会の内部は、シュロの大木をかたどったような柱や、天井の装飾が印象的で明るく華やかな雰囲気が感じられます。
この教会で月曜日に行われていた集会が民主化要求デモへと発展し、やがては1989年のベルリンの壁崩壊への道を開いたのです。

ニコライ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ニコライ教会
名称(英語) St. Nicholas Church
住所 Nikolaikirchhof 3, 04109 Leipzig
営業時間・開場時間 10:00−18:00 (日曜は16:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nikolaikirche.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニコライ教会のスポットページ

大聖堂のような出で立ちのライプツィヒ大学

大聖堂のような出で立ちのライプツィヒ大学

image by iStockphoto

1409年から創立された由緒あるライプツィヒ大学。
旧東ドイツの時代に破壊されたましたが、その跡地に斬新なデザインで再建されました。
教会と講堂を兼ねた現代的な建築で、パッと見には大学だとは思えないですよね。
ゲーテやニーチェ、そして森鴎外も勉学に励んだこの大学で、かつての彼らの思いを馳せてみては。
次のページでは『1ヶ所で3度おいしいグラッシィ博物館』を掲載!
次のページを読む >>