バカンスに最適!美しすぎて悩みが吹き飛びそうなエーゲ海「ミコノス島」

ミコノス島はギリシャの首都アテネからエーゲ海の南東にある、たくさんの小さな島が立ち並ぶ“多島海”とよばれる場所に浮かんでいます。この島には、バカンスには最適な場所が数多く存在します。一日中遊びつくして、この島の魅力を堪能してみてください。

ミコノス島ののどかな町並み

ミコノス島ののどかな町並み

image by iStockphoto

空気がキレイで、海も透き通るような青色。
町並みは“白”を主体に統一されているので、まるで絵本に出てくるような美しさです。
その美しい、青い海と白い壁で作られた建物のコントラストは、日本では見られない異空間を演出してくれます。
ちなみにミコノス島の白い家々は、太陽に照らされてまぶしく光ることから「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」とも呼ばれています。
太陽の明るさまでが、日本とは違うという気持ちにさせてくれる、そんな場所です。

image by iStockphoto

ミコノス島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミコノス島
住所 ギリシャ領キクラデス諸島 北緯37度27分 東経25度21分 
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.mykonos.gr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミコノス島のスポットページ

なんともかわいらしい風車

なんともかわいらしい風車

image by iStockphoto

ミコノス島には、とてもかわいらしい形をした風車がいくつか並んでいます。
その形は、円柱の白い壁の上に、茶色の三角屋根がちょこんと乗せられた素朴なデザインです。
羽は思ったより細く仕上げられており、壁にはところどころ窓がついています。
この風車は、昔小麦を引くために作られていましたが、今では観光名所として、ミコノス島のシンボルとなり、活躍しています。
この風車、ずっと眺めていたくなるような、とてもステキな風景ですね。

image by iStockphoto







路地は絵になるオープンテラス

路地は絵になるオープンテラス

image by iStockphoto

ミコノス島に行った際にはぜひ、路地を散歩してみてください。
エーゲ海を眺めながら食事やお茶を楽しめる、オープンテラスに出くわします。
行き当たりばったりで、ちょっと寄り道してみるのも旅の醍醐味。
何にもないのが最大の贅沢と感じるかもしれません。
ここではのんびりと過ごせそうですね。
食事をして、ちょっと休んだらまた歩いて。
コンクリートやアスファルトではない、温かみのある町そのものをブラブラと歩きながら、じっくりと観光してみてください。

image by iStockphoto

その名も、Super Paradise beach(スーパーパラダイスビーチ)

その名も、Super Paradise beach(スーパーパラダイスビーチ)

image by iStockphoto

すごい名前のビーチですが、風車や町並みに劣らず、その名のとおり美しいビーチです。
白砂と青い海と青い空。
浜辺で寝そべりながら、お酒をたしなんだり、ゆっくり昼寝をしたりするのも良いですね。
ですがせっかく訪れたキレイな海。
波がおだやかであれば、泳いだり、素潜りをしてみても、良いかもしれません。
岩場の近くで小魚を探してみるのも楽しいと思いますよ。
水着が苦手な人は必ずしも脱ぐ必要はありません。
服を着て浜辺を散歩するだけでも雰囲気が楽しめます。
次のページでは『絵画のような景色の夕日』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ギリシャの記事を見る

ギリシャ観光で行きたい!神話と歴史に魅了されるおすすめスポット10選
【文字があったら歴史が違った?】文字文化があったギリシアと持っていない日本の違い
【歴史】ペルシア戦争の意義って?ギリシア・ポリスの自由のための戦争だった?
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
やっぱり神秘的!伝説から成長した国ギリシャの歴史とは?
オリンピックの原点がここに!古代ギリシャのびっくり常識とオリンピア遺跡
いまさらきけないアテネの歴史…成り立ちから現在まで
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
アテネから向かう、ギリシアの城「ミケーネのアクロポリス」への旅
世界遺産登録されたシチリアの港町。イタリア「カターニャ」と周辺で見たいスポット10選
パルテノン神殿だけじゃない!神話と古代文明の街「アテネ」で攻めるべきスポットはここ
古代ギリシャの都市「オリンピア」で見られる絶景6選