おとぎ話の村、ギートホールン。究極なまでに、シンプルに生きる。

旅行をする理由として、「喧騒から離れるため」「静かな場所に行きたいから」など、日常とは異なる環境に行き、心を落ち着かせることを目的とする人が最も多いそうです。まるでおとぎ話に出てくるようなオランダのある村での経験は、あなたの心から余計なものを一切削ぎ落としてくれるはずです。


シンプルにすることは、複雑にすることより難しい

わずか5年ほど前になくなったばかりにも関わらず、2本の伝記映画や何冊もの書籍がすでに制作されるほど現代に大きな影響と革新を残した、Apple社の創設者スティーヴ・ジョブス。

彼が常に心掛けていたことは、“究極のシンプル”でした。
彼のシンプルさへのこだわりはiPhoneのデザインなどからも感じることができますが、彼が残した言葉はあまりにも有名です。

「集中とシンプルさの追求は、私の非常に大事な信念の一部です。
シンプルにすることは、複雑にすることより難しい。
ものごとをシンプルにするには、考え方を簡潔にすることが必要で、それには大変な努力をしなければなりません。」

シンプルなことは、豊かなこと

私たちは、豊かになればなるほど、多くのものを買い、溜め込み、捨て、また新たなものを買うことを繰り返し、今後も欲しいものは尽きることはなさそうです。

欧米では、今までの贅沢を改め、ものの数ではなく、精神的な豊かさを手に入れようというライフスタイル、“Less is More(少ないことは、豊かなこと)”を選択する人が増えてきています。
究極といわれるほどシンプルな建築物を多く手がけたことで知られ、20世紀を代表するドイツ人建築家ミース・ファン・デル・ローエが残した言葉をルーツにするこのライフスタイルは、多くの先進国で受け入れ始められています。

「もの自体ではなく、それをどう使うかが大切であることを私たちは思い出す必要がある。
新しいものが特別優れているわけではない。
それぞれのものを、どう使うかなんだ。」

おとぎの村、ギートホールン

“オランダのベニス”、“おとぎ話にでてくる村”と呼ばれる場所があります。
首都アムステルダムから北東に120kmほど行ったところにある村ギートホールンは、1200年頃から歴史をもつ場所で、村の周りは4マイルにも渡る運河に囲まれています。
2,600人いる村民のほとんどの家がそれぞれの島の上に立てられ、180の木橋がつながることで一つの村を形作っています。

ギートホールン(Giethoorn)という名は、1200年頃、移民がこの地に移ってきた際に、異常なほどのヤギの数に驚いたことから、“ヤギの角(goat horns)”が変化したものだと言われていますが、地理的なおかげか、比較的、観光客の数も少なく、違う文化が入りにくいことから、のどかで自然豊かな姿をいまも保ち続けています。

道路すらいらない生き方

生活の中心は運河にあり、移動手段はボートで運河を渡るか、自分の足で歩くか、自転車をこぐかに限られ、なんと、この村には道路がありません。

私たちの耳に日常的に入ってくる自動車の走行音や、クラクションの耳を突く騒音は存在せず、聞こえてくるのは川のせせらぎと、木々が揺れ合う音、夜には静寂のみです。

ボートに乗ってゆっくりと移動することが当たり前のギートホールンでは、環境だけではなく、人々の生き方すらも極めてシンプルで、時間に追われたり、生き急ぐこともなく、自然に身を任せるように毎日を過ごすことに何より価値が置かれています。

シンプルな場所で、シンプルに生きる

ギートホールンに訪れて楽しめることは、観光スポット巡りや買い物、ディナーや景色ではありません。
旅行をテーマに記者をするケイト・ウィルクさんは、ギートホールンでは、ボートに乗り、自転車をこぎ、歩き、村の歴史を感じることが何よりも心のためのアクティビティになると言います

毎日、習慣のように通勤電車にもまれ、会社まで走り、営業中は自転車で駆け回る・・・、あれもこれも欲しいと財布を広げて、何かを手に入れればきっと良くなれるはずと私たちは信じて止みません。

毎日を忙しなく生きる私たちが本当に行うべきことは、「次に必要なものはなにか?」と計画することではなく、道路がないほどシンプルで、限られた環境に訪れ、「いまあるもので、どうやって生きていくか」を学ぶことなのかもしれません。

Trip for life. 人生のための旅

数日間の旅行だからといって、観光スポットを訪れ、その場だけの感動で終わらせてしまうのは、少しもったいない気もします。
そこに生きる人々から学び、自分の価値観を変えてしまうほどの刺激を受け、その後の自分を変えられるような経験をすることができれば、それはあなたにとって、何よりのおみやげになるはずです。
Takashi Wada

Writer:

人はなぜ旅行をするのでしょうか。観光、食事、お土産・・・ その理由がなんであれ、私たちは、その土地に生きる人々から、多くのことを学べるはずです。 心理学専門、「人の心を読むライター」として、異なる環境に住む人々の文化、考え方、大切な価値観、生き様など、「 心 」をテーマにしたコラムを投稿していきます。

この記事のカテゴリ

オランダ
コラム
文化

関連記事を見る

オランダの記事を見る

運河と風車と教会が彩るオランダの歴史的スポットを巡る
長く苦しめられた干拓の歴史を語るオランダの世界遺産をぜ~んぶご紹介!
【オランダ】元住民が解説!アムステルダムの観光完璧ガイド
費用は?モデルコースは?元住民が解説する、オランダの観光完璧ガイド
鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
オランダ観光「城郭都市・マーストリヒト」は外せない!息を呑む絶景写真・観光情報まとめ
オランダ観光なら次はここ! 国際色豊かな最古の街「マーストリヒト」で見ておきたいスポット8選
初めてのアムステルダム観光ならこれ!「ホランド・インターナショナル・カナル・クルーズ」観光&アクセス情報
アンネの面影を訪ねて。「アンネ・フランクの家(Anne Frank Huis)」の観光情報・アクセスまとめ
オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!
なんでアムステルダムは首都なのに首都機能がないの?オランダ・アムステルダムの歴史