オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!

オランダ北西部にある街・アムステルダムは憲法上の首都とされる国最大の都市。オランダ旅行へ行った人が必ず訪れるとされる街の中には60以上の美術館や博物館、17世紀に栄えた頃の面影を残すスポットが多数あります。今回はそんなアムステルダムにあるスポットから「アムステルダム・アレーナ」について見てみましょう。

アムステルダム・アレーナとは

アムステルダム・アレーナとは

image by iStockphoto

アムステルダム・アレーナはアムステルダムに1996年に完成した、ソーラーパネルを使用した開閉式屋根付きドーム型スタジアム。
国内プロサッカーリーグ・エールディヴィジの名門「アヤックス・アムステルダム」がホームスタジアムとして使用しており、ヨーロッパ最大のキックボクシングイベント「IT’S SHOWTIME」の年間最大大会の会場になることも。
スタジアム内にはレストラン、スカイバーもあり1日楽しめるようになっています。
スタジアムへはアムステルダム駅からベイルマー・アレーナ(Amsterdam Bijlmer ArenA)駅下車徒歩5分。
住所:ArenA Boulevard 3, Amsterdam

image by iStockphoto

アムステルダム・アレナの住所・アクセスや営業時間など

名称 アムステルダム・アレナ
名称(英語) Amsterdam ArenA
住所 ArenA Boulevard 1, 1101 Amsterdam
営業時間・開場時間 試合による
利用料金や入場料 試合による
参考サイト http://www.amsterdamarena.nl/home.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アムステルダム・アレナのスポットページ

ホームチーム・アヤックスについて

このスタジアムをホームとしている「アヤックス・アムステルダム」は、1900年に設立されたオランダ屈指の名門クラブ。
国内では「PSVアイントホーフェン」や「フェイエノールト」と並ぶ3大クラブとされることが多く、リーグ優勝33回は2位のPSV(23回)を上回る国内下の数字。
サッカー史上最高の選手と称されたヨハン・クライフ(1947~ 2016)がキャリアをスタートさせたクラブでもあり、彼を擁した1971~1973年にはUEFAチャンピオンズカップ(UEFAチャンピオンズリーグの前身)3連覇を達成。
6クラブしか達成していない「ビッグイヤー(優勝トロフィーの愛称)」永久保持クラブの1つでもあります。

image by iStockphoto








image by iStockphoto

ミュージアムやグッズをチェック

ミュージアムやグッズをチェック

image by iStockphoto

スタジアムに来たなら、チームのオフィシャルグッズショップを見ていきましょう。
ショップの中はチームカラーである白と赤のユニフォームからマグカップ、ぬいぐるみなどが揃っており、ファン必見の内容。
観戦する際はグッズをまとって観戦すればより楽しめるでしょう。
またスタジアムにはアヤックス博物館が併設されており、100年以上に渡るクラブの歴史についての展示を見ることができます。

アヤックス・オフィシャルファンショップの住所・アクセスや営業時間など

名称 アヤックス・オフィシャルファンショップ
名称(英語) Official Ajax Fan Shop
住所 Arena Boulevard 1-3, 1101 AX Amsterdam Zuidoost
営業時間・開場時間 [月-金]9:30−18:00(冬期は17:00まで) [土]9:30−17:00 [日]12:00−18:00
利用料金や入場料 グッズによる
参考サイト http://english.ajax.nl/stadium/official-fan-shop.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アヤックス・オフィシャルファンショップのスポットページ

スタジアムツアーに参加しよう

サッカースタジアムに来たらぜひ参加しておきたいのがスタジアムツアー。
約70分間のツアーではロビーに飾られたクラブ名場面の写真、廊下に張られた歴代名選手の写真を見ながらメディアルーム(監督や有名選手が会見を行う場所)などを回るコースで、試合がない日はロッカールームも見学可能。
グラウンドからはカラフルな色が施された座席を眺めることができ、クラブのエンブレムである「Aias(アシアス、ギリシア神話に登場する英雄でオランダ読みがアヤックス)」の姿も。
メインスタンドから見えるコントロールルームはスタジアム内外の様子を映し出しており、こちらもツアーで案内してもらえます。
次のページでは『近くにショッピングモールもある』を掲載!
次のページを読む >>