費用は?モデルコースは?元住民が解説する、オランダの観光完璧ガイド

チューリップや、風車、食べ物ならチーズで知られている国オランダ。学校の授業では干拓でつくられた国と知った時は結構驚きがありましたが、みなさんはどうでしたか?アムステルダムを首都に持つオランダは、ヨーロッパの一国でドイツとベルギーに隣接しています。日本からは、直行便が飛んでいるとはいえ、およそ半日は空の旅をしないと着かない国です。

なかなか頻繁に行けないヨーロッパの国、オランダへ旅行がきまったら、ぜひ、ここでご紹介の観光スポットなどにでかけてみませんか?きっと、旅をより充実したものにすることができますよ。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

オランダ観光の前に知っておこう!

オランダ観光でビザは必要?

オランダ観光でビザは必要?

image by iStockphoto

案外、忘れてしまいそうなのがビザの問題。
まずは、日数によってビザが必要・不必要がきまります。

○90日以内は不用

ビザは、90日以内でしたら、必要ありません。
多くの旅行者は、パスポートがあれば入国可能です。
日本国籍をもっていて、日本のパスポートのかたは、90日以内ならビザが不要でオランダにいけます。
また、90日近くなってビザが必要となった場合は、日本に戻らずとも、シェンゲン協定をしてないオランダ近くの国へ一度出国し、入国をしなおすと、また新たに90日間滞在が可能となります。

ただし、入国審査で色々と面倒なことがおこるかもしれませんので、帰りの飛行機のチケット、滞在先などの書類は十分に用意しておいたほうがいいでしょう。

オランダってなにが有名?

オランダってなにが有名?

image by iStockphoto / 92068165

何が有名ですか?と聞かれてぱっと頭に思い描く物は、食べ物だとチーズ。
街だとアムステルダムあたりでしょうか?もちろん、その他にもオランダには、色々と誇るものありますよ。

○運河

オランダは運河が有名ですね。
首都アムステルダム以外にも、ユトレヒト、デルフトなどの街にも運河が有り、独特の風景を楽しむことができます。

○風車

風景の話をすれば、オランダといえば忘れることができないのが風車ではないでしょうか。
日本でも時々、オランダ風車が公園に建てられているのを目にしたことがありますが、オランダにある風車の多くは、何世紀にも渡って人々と生活をともにしてきたオランダを代表する有名なものの一つでしょう。

○チューリップ

花を世界中に輸出しているオランダ。
特にチューリップは有名ですね。

○自転車

専用の道路もひかれていて、自転車専用の信号機もあるオランダ。
ビュンビュン飛ばすように、初めて見た時は驚くかもしれませんね。

○画家

ゴッホを代表に、レンブラントなど絵画の世界で世界的に有名な絵描きを輩出しています。

オランダ旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

オランダ旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto

オランダへの旅行ですが、4日間あるといいのではないでしょうか?もちろんこれにオランダへ行くまでの時間がプラスされるので、一週間ほどの旅行がおすすめです。

オランダ旅行で必要な費用・予算は?


では、かりに4日間オランダに旅行するとして、どのくらいのお金を用意をしておくと、ごく普通の観光らしい旅を楽しむことができるのでしょうか?

できれば、滞在先は安心できる街なか、電停そばでアクセスも良いところにとなると、ホテル代がなかなか高くつきますが、安心を購入した料金と思えば良いでしょう。

4日間滞在のケース

○ホテル代 3星から5星の間で7000円~10000円台と考えると、10000×4日で4万ホテル代金とします。

○食事 ホテル食事なしのケース 朝食 2€ほど。
お昼は、15€ほど、夕食は50€ほどと考えて計算し70€を食事代に使ったとして、4日間で280€としましょう。
その時の€の為替値段でも変動しますが、計算しやすく、200円と多めに見積もりをしておくと、4日間で80000です。
これは全て外食にしているからで、もっと安くすむと思います。

ホテル代、食事代で大雑把に見積もって4日間で10万ほど。
コレに飛行機のチケット代がかかります。
時期によって変動するのですが、10万前後と考えておくと、20万ほどかかると考えてよいのではないでしょうか。

もちろん、ホテル代込の航空券もありますが、航空券がどれだけ安いのがとれるかによって大きくかわってきます。

その他雑費として、オランダ国内を周遊する電車代などがかかってきます。
どこを回るかによって、1ディ・パス、2ディ・パス、3ディ・パスなどのパスを購入したほうが安くなる場合がありますので、ケースバイケースで対応しましょう。
50€ほどで4日間あると足りるのではないかと思います。

オランダ観光でおすすめの季節はある?やっぱり冬?

季節を考えるとおすすめは春から夏にかけての時期。
花もさき、日が長いので、観光をゆっくりと楽しめます。
美術館や博物館など見終えたあとも、公園でのんびり過ごしたり、クルージングにでかえても温かい夏の季節のほうがおすすめです。

夏場は、公園では恒例の無料のシアターなどもあるので、それを楽しむこともできますよ。
冬は冬でスケートを楽しんだり、クリスマスの時期なら、イルミネーションなどを堪能できますが、寒いのが苦手な人にはおすすめできません。

オランダグルメってどんなのがあるの?おいしい?

オランダグルメってどんなのがあるの?おいしい?

image by iStockphoto

オランダの食事って何が有名なの?と思う人も多いかもしれませんが、日本人好みの味のものが多い気がします。

○Snert オランダの豆のスープ

えんどう豆を使ったスープがとても有名です。
緑色で濃厚なこのスープには、たいてい人参、豚肉/ベーコン、長ネギ、オニオン、セロリーなど野菜がたっぷりはいっています。
レストランや屋台などでたべることができます。

○kibbeling /にしん

コレは好き嫌いがわかれるかもしれませんが、オランダではキベリングと呼ばれるニシンを食べます。
塩漬け保存したニシンを、ハーブが混ざったマヨネーズ、ピクルスなどと一緒に食べます。
屋台などで気軽に購入できるので、ぜひトライしてみてくださいね。

ニシンのアレンジとして、生でなく、フライを食べる場合もあります。
コレも美味しいので、生魚が苦手な人は是非、こちらを食べてみてはいかが?たらのフライににています。

○STamppot

お腹にたまり、ポテトや、ソーセージが好きな人にオススメなのがこちらの料理です。
ソーセージも色々と種類を選ぶことができ、カップルやグループでいる場合は、何種類が違うタイプのソーセージを頼んでシェアしてみてもいいかも。

○Bitterballen

日本でも売っているビッターバーレン。
簡単に言うとコロッケと思えばいいでしょう。
気軽に変えて、お腹の足しになるので、散策の途中に、おやつとしてどうぞ。

○Poffertjes

ポファチェスと呼ばれる、パンケーキをとても小さく焼いたものがオランダにはあります。
大きなパンケーキも人気で、有名店もたくさんあるのですが、小さいサイズのパンケーキは、とてもかわいらしく、伝統的なオランダ菓子。
焼いてる姿がは、ちょっとたこ焼きにいていて、見ていて面白いですよ。
甘いものが好きな人は、見かけたらぜひ、たべてみてはいかが?

有名観光地以外の穴場スポットってある?


1:Amsterdam Cheese Company 

専門店を訪れるのって楽しいものですよね。
オランダといえば、よく知られている食べ物にチーズがあります。
アムステルダムにあるチーズ専門店のお店で、試食をしながら好みのチーズを探してみてはいかがでしょう。

2:the tourture museum

万人うけはしませんが、拷問に使われた道具などが展示しているミュージアムになります。
話のついでにみにいってみるのはおもしろいかもしれませんね。

3:Dutch Resistance Museum

アムステルダムで最も有名なミュージアムの一つに、アンネ・フランクが隠れていた建物をそのまま保存したものがあります。
西教会のあたりから長い行列を作って、世界中から多くの人が訪れる有名な観光地です。
オランダにはほかにも、戦争当時の様子がよくわかるミュージアムがあります。
それが、このDutch Resistance Museum。
だた、こちらはアンネフランクミュージアムより有名でないので、混雑はしてません。

オランダ観光のモデルコースはこう!

4泊5日の場合のモデルコース(アムステルダム中心編)

4泊5日の場合のモデルコース(アムステルダム中心編)

image by iStockphoto

1日目 アンネ・フランク・ハウス、西教会,チューリップ・ミュージアム、

2日目 レンブラントの家、旧教会、ハイネケン・エクスペリエンス

3日目 運河クルーズ ヨンデル公園など

4日目 ゴッホ美術館、アムステルダム国立美術館、熱帯博物館、ネモ

美術館は大変混むので、朝はやくに並ばれることをおすすめします。
運河クルーズなどは、天気が良い日に、予定を変更してでも乗りましょう。
そのため、美術館などのチケットは、オンラインで購入するのも楽ですが、現地の天候をみながら、予定を変更できるようにあえて購入しないでおくというのもありです。

5泊6日の場合のモデルコース(ベルギーと併せて周遊するプラン)

5泊6日の場合のモデルコース(ベルギーと併せて周遊するプラン)

image by iStockphoto

オランダアムステルダムからベルギーのブリュッセルまでは、電車で2時間ほどでいくことができます。
飛行機のチケットを行きもしくは、帰りをベルギーにできるのなら、ブリュッセルを一日観光されることをおすすめします。

すでにブリュッセルを観光したことがある人は、アントワープや、ブリュージュなどが有名な観光地ですが、アムステルダムからブルージュは3時間近くかかるので、もう一日ぐらい余裕がある観光の時におすすめします。

7泊8日でもう1-2ヶ国見て回るとした場合の理想コース

7泊8日でもう1-2ヶ国見て回るとした場合の理想コース

image by iStockphoto / 84204173

1日目~3日目 アムステルダム

4日目    キンデルダイク

5日目    ベルギー ブリュッセル

6日目    英国 ロンドン

7日目    英国 ロンドン

快速などでのんびりと他国へいくのもいいのですが、時間ばかりかかって、一週間ほどの旅だとなんだか損と思う人もいるかもしれませんね。
タリスやユーロスターなどの高速に乗ると、英国、フランスを見て回ってきても十分な時間が撮れるかと思います。
最後の二日間をフランス・パリに変更するのもいいとおもいます。

オランダ観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

1.隠れ家がそっくり保存展示されているアンネ・フランク・ハウス


第二次世界大戦中にナチから隠れて生活していたアンネ・フランクについては多くの人がしっているはず。
実際に、彼女と彼女の家族が暮らしていた部屋が、オランダ・アムステルダムに保存展示されています。

直ぐ側には彼女が窓からみていた西教会もあり、その教会の前には彼女の像もたっています。
アンネ・フランク・ハウスは、今も多くの人が訪れるアムステルダムの人気の観光名所です。
とても混雑していますので、並ぶのは覚悟で訪ねてくださいね。

2.オランダといえば、やはりチーズ Amsterdam Cheese Company


アンネフランクハウスから徒歩15分とかからないところにあるのが、Amsterdam Cheese Companyです。
この店は、チーズの専門店で、店内には試食があります。
日本ではなかなか見られない珍しいチーズなどあるので、スタッフに頼んで試食してから購入してみてはいかがでしょう。

夜8時頃まで営業しているので、のんびりと買い物をすることができます。

3.中世の黒歴史が学べる The Torture Museum


The Torture Museumは、2003年にオープンしたミュージアム。
アムステルダムセントラルから、徒歩20分ほどのところにあります。
中世などに実際につかわれたといわれる拷問器具を集めたミュージアムがここなんです。

ヨーロッパのか過去の暗黒歴史を知ることができるミュージアム、興味があるかたはいかれてみてはいかがでしょう。

4.アンネだけでない第二次世界大戦をしるならVerzetsmuseum/レジスタンス博物館  


1940年から45年にかけて、オランダはナチの支配下にありました。
その次代に迫害をうけた人々やオランダ人はどのような暮らしをしていたのかを知ることができるミュージアムとなっています。

無料のオーディオガイドがあるので、それを使いながら艦内を見て歩くとより理解ができます。
動物園の向かえにあり、アムステルダムセントラルより30分ほどで到着します。

5.飲み過ぎに注意!ハイネケン・エクスペリエンス


世界的に有名なオランダが生んだビールがハイネケンです。
そのハイネケンの工場を見学できるのこの施設。

ハイネケンが好きな人はぜひ、訪れてみてはいかがでしょう。
ここでのツアーは三種類用意されています。
そのうちの一つVIPでは、最後に試飲という楽しみがついてきます。

6.長蛇の列にめげずに楽しみたい ゴッホ美術館


大人気のゴッホ美術館。
とにかく営業が開始される前から長蛇の列。
近くには、公園なども有り、とても素敵な場所なので、天気が良い日は早めに、公園の散策も兼ねて、美術館に並ぶのがいいですよ。

有名にひまわり、ゴッホの寝室、自画像などがあるうえに、音声で日本語ガイドがあるので、そちらを聞きながら鑑賞されるとよいでしょう。
美術館なかには、ミュージアムショップのほかに、簡単な食事ができとても便利です。

オランダ観光でおすすめのホテルはここ!

1.運河に浮かぶホテル群れ houseboats


せっかくなので、ユニークなホテルに滞在されてみてはいかがでしょうか?どれとはおすすめできませんが、ハウスボートで探すとたくさんでてきます。
人気もあるので、旅行に行くと決まったら早めに手配をしましょう。

2.人気の高い Amstel Botel


海上に停泊している船に滞在することができるボーテルは、値段も安く、旅行中だというのに、旅先で新しい友だちができるかもしれないワクワク感が詰まった、面白い滞在先。

料金も安いので、とても人気。
あっという間に予約がうまってしまいます。
朝食も用意可能なうえに、24時間受け付けが営業しているので、何か困ったことがあったときなど、すぐに相談に乗ってもらえてとても便利ですよ。

オランダ観光でおすすめのお土産はこれ!

1.じわっとひろがるシロップがたまらないStroopwafels


オランダのお菓子で有名なものに、ワッフル生地のお菓子「ストロープワッフル」があります。
中にシロップがはいっていて、熱々にいれたコーヒーの上に、このお菓子をのせて、すこしなっとさせてシロップを染み込ませて食べるのがおいしいんです。

ぜひ屋台名とで見かけたら一枚たべてみてくださいね。

2.オランダの定番みやげといえば、Clogs


町を歩く人が履いているわけではないのですが、今でも最も有名なおみやげの一つとしてあるのが、木靴。
マグネットや、キーホルダーになっていて、実用的なものから、飾るだけのものとさまざま。
実際に履くことができるサイズまで売られています。
定番のお土産だけにはずせませんね。

3.delft blue


世界的に有名な陶器のデルフトは、16世紀頃にオランダ・デルフトとその周辺にてうまれたといわれています。
白い陶器に描かれた青い色の絵柄がとても特徴的で、デルフトブルーと呼ばれて親しまれています。

ディスプレイして楽しむタイプのものから、実用性があるものまで、お土産として購入するにはぴったりな陶器。
お土産屋さんで簡単に目にすることができますよ。

オランダ観光でおすすめのグルメ・レストランはこれ!

オランダ観光でおすすめのグルメ・レストランはこれ!

image by iStockphoto

1.The Happy Pig Pancake Shop Amsterdam


店名になっている豚が壁に描かれていてかわいらし、こぢんまりとしたおみせです。
オランダの地元の人に親しまれているパンケーキから、隣国ベルギーのワッフルなどを食べることができます。

トッピングも色々あるので、一人で行くよりも、お友だちなどと一緒に行って食べ比べしましょう。
ヘルシー志向な人にも嬉しい、オーガニックの食材等を利用している店ですよ。

2016年には、トリップアドバイザーで、”エクセレント”と認定されたおみせは、アムステルダムセントラル駅より、徒歩20分ほど、徒歩5分ほどのとろこに王宮、アムステルダムミュージアムが徒歩1分ほどのところにあるので、観光名所を巡った後に、利用することができますよ。

2.Moeders Restaurant


オランダの伝統的な料理を楽しむ事ができるお店がこちらMoeders Restaurantです。
ダム広場から徒歩15分前後で中心部にあるので、何かと使い勝手が良いレストランかと思います。

伝統的なオランダ料理を食べることができ、値段もリーズナブル。
天気のよい日は、テラス席もあるから、そちらでゆっくりと外気を浴びながら食事も楽しめます。

ディナーにもぴったりな3ミールセットなどがお得。
ソーセージなどの肉類は、お肉が食べごたえがあるうえに、酪農製品の味が豊かだから味もかなりリッチです。
ベジタリアン向けの料理も用意されているので、旅行中外食が続いて胃が重いなと感じている人にもオススメのお店。

3.bitterballen


観光名所を散策しながら、小腹が空いたなと思った時に、屋台などでみかけるビターバーレンをたべてみるのはいかがでしょうか?オランダの郷土料理ともよばれるこのビタバーレンは、日本人の口にとてもあう食べ物の一つだとおもいます。

4.pita


レストランでも屋台でも購入できるピタパンのたぐいがとてもおいしいので、ぜひみかけたら食べてみてくださいね。
ファラフェルというひよこ豆からできたコロッケがたいていはピタパンのフィリングとなっています。

レストランでは、ピタと一緒にフライドポテトも大量についてきたりといろいろですが、ピタはおすすめです。
オランダの味というよりは、地中海、中東の料理は欧州全土ではとてもおいしいので、ぜひ食べてみてください。

オランダ旅行、自転車には十分ご注意を!

住みやすい国として知られるオランダ。
オランダ語を話せなくても、英語をみんな話すので旅行がしやすい国の一つかと思います。
びっくりするのは自転車。
専用道路があり、自転車信号もあるのですが、ものすごいスピードでびゅんびゅんはしってきます。
それに、トラムもかなりのスピード運行。
カーブがあっても速度がかなりあるので、なれるまで、大変。
でもそれも旅の醍醐味!きっと忘れられない思い出になりますね。
photo by iStock

attagirl

Writer:

学生時代を英国で過ごしたため、英国映画と英国音楽が大好きなライターです。今も機会があるごとに英国をはじめ、欧州へぶらりと一人旅に出かけます。暮らしたことがある欧州の国を中心に、旅行へ出かける人に役立つ情報をお届けします。

この記事のカテゴリ

オランダ
ヨーロッパ

オランダの記事を見る

鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
オランダ観光「城郭都市・マーストリヒト」は外せない!息を呑む絶景写真・観光情報まとめ
オランダ観光なら次はここ! 国際色豊かな最古の街「マーストリヒト」で見ておきたいスポット8選
初めてのアムステルダム観光ならこれ!「ホランド・インターナショナル・カナル・クルーズ」観光&アクセス情報
アンネの面影を訪ねて。「アンネ・フランクの家(Anne Frank Huis)」の観光情報・アクセスまとめ
オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!
なんでアムステルダムは首都なのに首都機能がないの?オランダ・アムステルダムの歴史
ルーベンスを生んだ芸術の街、ベルギー「アントワープ」で見ておきたいスポット7選
「ライデン」観光で見たいオランダの絶景10選
教会や美しい運河が残るオランダ第4の都市「ユトレヒト」とその周辺で見ておきたいスポット8選
アムステルダムにある「ゴッホ美術館」に行こう!入場料や営業時間は?

関連記事を見る