美しすぎる!アイスランドなのに温泉?青の楽園ブルーラグーン

ブルーラグーンと聞いて皆様何を思い浮かべるでしょうか。青がキーワードになる島というのは想像できると思います。こちら、なんと世界最大規模の温泉なのです。その名の通り淡いブルーの湖が広がっており地上の楽園と言えるでしょう。今回はそんなブルーラグーンの魅力に迫ってみたいと思います。

広大な自然の中での露天風呂はスケールが違う

地熱発電所のポンプから汲み上げられたミネラルたっぷりの地熱海水を使用した人工温泉。
乳白色の色が特徴です。
とても人工のものとは思えないくらいのスケールの大きさは外国ならでは。

一見してみると海のように見えますが…

涼しげな浜辺のように見えますが、びっくりすることに温かいのです。
目で見ているだけではその温度は伝わらないのでにわかには信じがたいという方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

淡い水色とミルク色に染まった温泉はまるで空のよう

乳白色の水にほんのりと水色がかった温泉は見ているだけで心が穏やかになります。
空の上を泳いでいるような気分になりそうです。

自然と人が作り上げた地上の楽園

これだけ広大な自然の中入る露天風呂は控えめに言って最高!と申し上げるにふさわしいでしょう。
空を遮る邪魔なものも一切なし。
景色に見とれてのぼせてしまいそう。






ブルーラグーンで見るドラマチックな夜明け

ブルーラグーンの青と夜空の名残の藍色の空、ほんのりと朝日に染められている橙色の雲は、最高のシチュエーション。
その時の天候によって様々な表情を見せてくれるのもブルーラグーンの魅力の一つです。

ブルーラグーンの温泉は海水が温められたもの

天然ミネラル豊富、皮膚病にも高い効果があるとされ、各国から足繁く観光客が訪れるとのこと。
もちろん、美肌の効果も。
女性にはとっても嬉しい上、男性も雄大な自然の中での温泉を楽しめるので一石二鳥。

ブルーラグーンと虹の橋

条件が良い日は写真のように虹を見ることも。
夜にはオーロラが見られることもあるんだとか!温泉に入りながら見る自然の美しい景色は想像するだけで顔がにやけてしまいます。
次のページでは『身も心も預けてリラックス』を掲載!
次のページを読む >>