絶景はここにもあった!アイルランド・ダブリンで見るべき観光スポット6選

アイルランドで一番の都市と言えばダブリンです。お酒好きの人にはたまらない街でもあるでしょう。近隣諸国との関係から、文学や美術、音楽など独自の発展を遂げてきたダブリンで、ぜひ見ておきたい観光スポットを6選紹介します。

アイルランドに来たら外せない場所・セントパトリック大聖堂

アイルランドに来たら外せない場所・セントパトリック大聖堂
「聖パトリックの国立大聖堂およびカレッジチャーチ」という正式名ですが、多くはセントパトリック大聖堂と呼ばれています。
アイルランド最大の大聖堂で、かつては『ガリバー旅行記』で知られるジョナサン・スウィフト司祭によって統率されていました。
文書や芸術品も収められ、大聖堂でありながら博物館のような雰囲気です。

St. Patrick’s Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 St. Patrick’s Cathedral
住所 Patrick\’s Close, Dublin 8 Ireland
営業時間・開場時間 3-10月 9:00-17:00 (土曜日 9:00-18:00、日曜日 9:00-10:30、12:30-14:30、16:30-18:30) 11-2月 9:00-17:00 (日曜日 9:00-10:30、12:30-14:30)
利用料金や入場料 一般 6ユーロ、学生 5ユーロ
参考サイト https://www.stpatrickscathedral.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

St. Patrick’s Cathedralのスポットページ

ダブリンの2大聖堂のひとつ・クライストチャーチ大聖堂

ダブリンの2大聖堂のひとつ・クライストチャーチ大聖堂
セントパトリック大聖堂と並んで、ダブリンの2大聖堂に挙げられるのがクライストチャーチ大聖堂です。
三位一体を守護聖人とし、大司教のローレンス・オトゥールと、リチャード・ド・クレア・ストロングボウ騎士により創立されました。
1000年もの長い歴史を持ち、その建築の美しさははっと息を飲むほど。
売店もあるので、おしゃれなお土産を購入するのにもぴったりですね。







Christ Church Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 Christ Church Cathedral
住所 Christ Church Place,Dublin 8 Ireland
営業時間・開場時間 3ー5月 9:00ー18:00 (日曜日 12:30ー14:30、16:30ー8:00) 6ー9月 9:00ー19:00 (日曜日 12:30ー14:30、16:30ー19:00) 10ー2月 9:00ー17:00 (日曜日 12:30ー14:30)
利用料金や入場料 一般 6ユーロ、学生 4.50ユーロ
参考サイト http://christchurchcathedral.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Christ Church Cathedralのスポットページ

ダブリンっ子憩いの場・フェニックスパー

ダブリンっ子憩いの場・フェニックスパー
ニューヨーク・セントラルパークの2倍もある広大な公園で、ヨーロッパにある都市公園の中でも最大級の規模を誇るのが、フェニックスパーク。
公園の中には大統領公邸や大使公邸、警察本部などの公共施設も建ち並んでいます。
週末には多くの地元民がくつろぎの時間を過ごしたり、スポーツ大会を楽しみます。
英国風の落ち着いた雰囲気を散策すれば、さながら地元ダブリンっ子になった気分。

フェニックス・パーク Phoenix Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 フェニックス・パーク Phoenix Park
住所 Phoenix Park, Dublin 8, Ireland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.phoenixpark.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フェニックス・パーク Phoenix Parkのスポットページ

アイルランドで初めて女性が入学した・トリニティカレッジ

アイルランドで初めて女性が入学した・トリニティカレッジ
アイルランド最古の大学であるトリニティカレッジは、一般的にはダブリン大学と呼ばれています。
1592年創立という古い歴史を持つほか、イングランド女王だったエリザベス1世によって創立された、由緒正しい大学です。
ジョナサン・スウィフトやオスカー・ワイルド、ブラム・ストーカーなど、著名人も多く輩出している名門です。
次のページでは『お酒好きにはぜひ・ギネスストアハウス』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

アイルランド
ヨーロッパ
建築
街・都市

関連記事を見る

アイルランドの記事を見る

大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
アイルランド観光なら次はここ!「ゴールウェイ」で見たい絶景10選
切り立った孤島は修道僧の修行の場『スケリッグ・マイケル』
伝説の巨人が歩いた六角形の柱が連なる奇岩『ジャイアンツ・コーズウェイ』
風光明媚なアイルランド屈指の景勝地「コーク」と周辺で見ておきたいスポット10選
アイルランドで唯一城壁が残る城郭都市「北アイルランド・ロンドンデリー」で見る観光スポット4選
アイルランド西部の中心都市であり大学都市「ゴールウェイ」の観光スポット5選
【旅行体験記】ギネスビール片手にアイリッシュミュージックと美味しいケーキを楽しむ街inアイルランド、ダブリン
イギリス観光なら次はここ!「ベルファスト」で見た絶景10選
アイルランドの美しい風景13選。息を呑むような風景ばかりです。
大自然の神秘…アイルランドで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景