歴史を感じる絶景ばかり!イタリアの世界遺産10選

世界遺産の多い国ランキング第1位を誇るイタリア、その数なんと51か所にも上ります! しかし、1度の旅行で全てを回りきるのは大変なことですよね。そこで今回は、北イタリアと南イタリアに分けて特に美しく絵になる絶景10か所をご紹介いたします。

屋根のない博物館フィレンツェ

どこを切り取っても絵になるフィレンツェの町。
特にサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、旅行パンフレットなどでも1度は目にした事があるという方も多いのではないでしょうか。
この大聖堂は、140年もの長い時をかけて建てられたためゴシック、初期ルネッサンス、ネオ・ゴシックと様式が混在し、石積み建築のドームとしては世界最大とされています。
オレンジ屋根で統一された美しい町並みは、屋根のない博物館と言われるのも頷けますね。

Firenzeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Firenze
住所 Firenze Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.comune.fi.it/export/sites/retecivica/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Firenzeのスポットページ

水の都ヴェネチア

イタリアの北の方、ヴェネチア湾に浮かぶ水の都ヴェネチア。
縦横無尽に水路が入り組み、水上バスやフェリーがこの場所での交通手段となっています。
地上の道もかなり複雑でまるで迷路に迷い込んだかのような感覚になることでしょう。
アニメ「ワンピース」のウォーターセブン編で描写されている景色が似ていることから、ここヴェネチアがモデルとなったのではと噂されています。

ヴェネチアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴェネチア
住所 Venezia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヴェネチアのスポットページ

チロルの世界 ドロミーティ

一見、ここはスイス? と見間違うような山岳地帯ですが、実はここもイタリアなんです。
オーストリアに程近い東アルプス山脈の山々や湖などの美しい自然が見所です。
夏は避暑地やハイキングに、冬にはスキーと観光客が訪れます。
同じ北イタリアのボルツァーノからバスやロープウェー等への乗り継ぎと行き方は難しいですが、街の観光に飽きてしまった人はぜひ足を延ばしてみては。

トレチーメの帰りにバスを途中下車して散策。
一周1時間ほど。
正面だけから見るより、一周していろんなところから湖を眺めた方が楽しめる。
ベンチがところどころあるので休憩しながら散歩。
湖の中には藻がゆらゆらしている様子とか見える。
みんな湖の周りで石を投げたり、つりしたり、シートを敷いて寝転がんだりとのんびり過ごしている。
水飲み場がトレチーメに向かう道路のそばにあり、冷たくて美味しい水が飲めた。
 TripAdvisor より







ドロミーティの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドロミーティ
住所 Dolomiti, 32020 Rocca Pietore, Italia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://visitaly.jp/unesco/le-dolomiti
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドロミーティのスポットページ

海岸沿いの集落チンクエ・テッレ

イタリア語で「5つの土地」という意味を持つチンクエ・テッレ。
モンテロッソ・アル・マーレ、ヴェルナッツァ、コルニリア、マナローラ、リオマッジョーレの5つの集落の総称です。
地中海に面しながらも急斜面の多いこの一帯では、海岸に沿ってカラフルな家々が建ち並びます。
チンクエ・テッレの海岸を沿うように鉄道が走り、車窓からの風景も楽しめる路線となっています。

Cinque Terreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cinque Terre
住所 Cinque Terre, Italy.
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%AC
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cinque Terreのスポットページ

木々の小路が絵本の世界のようなオルチア渓谷

トスカーナ地方のシエナ県東部の広い範囲に渡るオルチア渓谷。
どこまでも広がる緑に等間隔に植えられた糸杉がまるで絵本に描かれた世界のよう。
町らしい町は点在してはいるものの、とても小さな範囲でほとんどがブドウ畑や丘陵地帯に囲まれのどかな風景が広がります。
ワインの産地でもあり、ピエンツァやモンタルチーノのものが名産となっています。

オルチア渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルチア渓谷
住所 Val d\’Orcia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.easyfirenze.com/vald’orcia.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルチア渓谷のスポットページ

美観に美食のナポリ歴史地区

ナポリピッツァが有名な食の都、南イタリア最大の都市。
ナポリ湾に面した港町で、夜景が美しいことから「世界三大夜景」の町のひとつとされています。
前々から人口過密が問題視されていますが、雑多な雰囲気はありつつもさんさんと輝く太陽のもとで暮らす陽気な人々というイタリア人のイメージが、この町が元となっているようです。
次のページでは『迷路のように入り組む町アマルフィ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ