政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド

レオナルド・ダ・ヴィンチにミケランジェロといった誰でも知っている天才を生んだ町、それがフィレンツェです。数あるイタリアの観光地の中でも人気トップを誇り、毎年150万人の観光客が訪れます。赤い屋根が印象的な花のマリア大聖堂に、屋外の美術館とも言えるシニョーリア広場、そして「ヴィーナスの誕生」などの名作が揃うウフィツィ美術館と、小さな町ながらみどころたっぷり。そんなフィレンツェを効率良く回るヒントをフィレンツェの政府公認観光ガイドの筆者が教えます!
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

フィレンツェのおすすめ観光ルートはこう!

フィレンツェのおすすめ観光ルートはこう!

image by iStockphoto

比較的小さな町でありながら、イタリアの美術の半分はこの町にあると言われるフィレンツェ。
滞在期間別のおすすめコースを紹介します。

他の町から日帰りで訪れる半日コース

他の町から日帰りで訪れる半日コース

image by iStockphoto

ローマやミラノなど主要都市からも約2時間程度でアクセスできるフィレンツェ。
ビジネスでこられた方も電車で日帰り観光できるのがフィレンツェの魅力です。
中央駅の真向かいに立っているのがサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。
白と緑の幾何学模様のファサードは15世紀のもの。
そこからフィレンツェのシンボルとも言えるドームに歩いていきましょう。
赤い屋根のドームは今でも世界で3番目の大きさを誇ります。
そこからシニョーリア広場で屋外に並ぶ本物の彫刻を見て、ヴェッキオ橋から夕日を眺めれば、忘れられない思い出になるでしょう。

のんびりゆったり1日コース

のんびりゆったり1日コース

image by iStockphoto

1日ゆっくりフィレンツェの町で過ごす方にはぜひ美術館に行っていただきたいと思います。
フィレンツェはルネサンスが生まれた場所。
ダ・ヴィンチやミケランジェロを育て、ラファエロが学んだ土地です。
そんな巨匠たちの作品をたっぷり観賞できるのがウフィツィ美術館。
助手のダ・ヴィンチの絵を見て師匠が筆を折ったという伝説の「キリストの洗礼」もここにあります。
美術観賞のあとは緑たっぷりのボボリ庭園に行ってみましょう。
フィレンツェを統治したメディチ家の美学に基づいた華麗な庭で貴族気分をたっぷり味わってください。

日曜日でも入れる?各施設の開館日

日曜日でも入れる?各施設の開館日

image by iStockphoto

ヨーロッパでは日曜日に閉まる施設が多いですが、観光都市フィレンツェは比較的開いているところが多いのが特徴です。
ただし、ドームを含めて教会は日曜日の午前中はミサのため一般の入場はできません。
主要な美術館は開館しています。
反対に月曜日は美術館がお休みなので、ドームや大聖堂を訪問するのがオススメです。
中心地のお店は飲食店もブティックもほとんど日曜日が開業しています。
日曜日はショッピングとグルメを楽しんで、次の日からの観光に備えるのもいいかもしれません。

所要時間はどれくらい?フィレンツェの街中を歩くヒント

所要時間はどれくらい?フィレンツェの街中を歩くヒント

image by iStockphoto

観光地として大人気でありながら全てが近くにあるというのがフィレンツェの町の魅力です。
観光スポットから別の場所までもほとんどが徒歩距離。
端から端から歩いても40分程度で大体見て回ることができます。
メジャースポットであるドームからシニョーリア広場までは約10分、美術館巡りをする方であれば、ウフィツィ美術館からミケランジェロのダビデ像があるアカデミア美術館まで約20分程度です。
町歩きを楽しみたい方であれば2時間程度。
町の真ん中を流れるアルノ川を見ながら、ベストショットが撮れる場所を探しながら歩きましょう。

ツアーを利用しよう!特別入場できるのがお得!

効率よく回りたい方にオススメしたいのがツアーの利用です。
約2時間程度のウォーキングツアーで、フィレンツェの主要場所を効率よく回ることができます。
建物や彫刻の説明があるのも嬉しいところ。
ただ見ているだけではなく目からウロコの情報が満載です。
そしてもう一つのツアーの魅力が、通常では入れない場所に入場できること。
映画「インフェルノ」で話題になった、ヴェッキオ宮殿の秘密のルートもツアーでのみアクセス可能。
普通の観光じゃ絶対見れない!そんな貴重な体験をしてみませんか?

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

Writer:

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。 Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

この記事のカテゴリ

アフリカ
イタリア
マリ
ヨーロッパ

アフリカの記事を見る

マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
モロッコ観光の王道「ラバト」で見たい絶景10選
実は美女ではなかったクレオパトラ!?王として、女として生きた彼女の波乱の人生
モロッコのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選

関連記事を見る