政府公認ガイドが伝授!ヴェネツィア観光これで完璧ガイド

数あるイタリアの観光地の中でも最も美しくロマンチックと言えるのがヴェネツィアの街です。干潟の上にできた街の移動は全て船。ヴァポレットと呼ばれる水上バスが走り、水上タクシー、そして小さな運河をゴンドラが行き交います。複雑に入り組んだ道、運河に架かる小さな橋、そしてカーニバルの季節には仮面姿の人々…気がつくと異世界に迷い込んだよう。思わずどこを歩いてもため息が出てしまうようなヴェネツィアを堪能できるプランを、イタリア政府公認ガイドの筆者がお届けします!


おすすめの観光ルートはこう!

おすすめの観光ルートはこう!

image by iStockphoto

旅行のプランを組むときに迷うのが、どの街にどれくらいの時間滞在するかだと思います。
ヴェネツィアのおすすめルートを参考にプランを立てましょう。

日数はどれくらい?

短期間でも訪れてみたい都市の一つがヴェネツィアです。
主要な都市からもそう遠くなく、ミラノからは2時間半、フィレンツェからは2時間程度。
他の都市を拠点に日帰りツアーを利用することも可能です。
ヴェネツィアの中心に当たるサン・マルコ広場から街を散策したり、水上バスで船の旅を楽しんだりするには1日でも堪能できます。
余裕のある方は宿泊してぜひ離島を訪れてください。
ヴェネツィアングラスで有名なムラーノ島やレース織のブラーノ島などに足を伸ばすのもおすすめです。

1日で回る観光ルート

日帰りで観光する方に一番気をつけていただきたいのが時間です。
サンタ・ルチア中央駅からサン・マルコ広場までは水上バスで約30分。
ただし急行バスに乗った場合です。
各駅停車に乗ってしまうと約1時間、そして最終電車前は混雑するので早めの移動を心がけましょう。
ヴェネツィアは街を歩くだけでも十分に観光になります。
そして各駅停車の水上バスの最前部からヴェネツィアの街をゆっくり見るのも、のんびりした日帰り旅行にぴったりです。

予算はどれくらい?

観光地で水上アクセスしかないヴェネツィアは物価が少し高めです。
ヴェネツィアの街でほぼ必ず利用するのが水上バス。
90分券が7.5ユーロ、1日券が20ユーロ、旅行のスタイルに合わせての購入できます。
食事は20〜30ユーロ程度ですが、カフェ・フローリアンなど伝統的なカフェに入るとお茶だけで20ユーロほどかかることもあります。
ホテルも中心部は高いので、費用を抑えたい方はジューデッカ島や陸側のメストレ地区に宿泊するのがおすすめです。

おすすめの季節は?

ヴェネツィアはイタリアの北に当たるので、冬になると冷え込みます。
寒くてもおすすめしたいのが、2月頃に行われるカーニバル。
時代衣装に身を包んだ人たちが街にあふれ、歴史的な建物と合わせて雰囲気を満喫することができます。
夏場は観光客で人が増えますが、夜遅くまで明るいので街を楽しむのにぴったりです。
秋から冬にかけてはアクア・アルタと言って高潮が発生することがあります。
交通に影響があるので、事前に確認しておきましょう。

カーニバルで盛り上がろう!

カーニバルで盛り上がろう!

image by iStockphoto

ヴェネツィアといえばカーニバル!時代衣装と仮面に身を包んだ人たちがヴェネツィアの街に溢れかえるイベント。
観光客でも楽しめる方法を伝授します。

カーニバルの歴史

カーニバルと聞くと何かとても華やかなイメージをされる方が多いのではないでしょうか。
カーニバルはキリスト教のお祭り。
復活祭の前の40日間は肉を控える習慣があり、その前にご馳走を食べてお祭りをするのが起源です。
ヴェネツィアでは豪華な時代衣装と仮面で飾った人たちで街がいっぱいになります。
ヴェネツィアでは12世紀からお祭りをしていますが、現在に近い形になったのは17世紀頃。
20世紀に復活して多くの観光客を呼んでいます。
次のページでは『どうして仮面をかぶるの?』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。 Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ