政府公認ガイドが伝授するナポリ観光ガイド!モデルコースから治安・グルメまで

南イタリア最大の都市ナポリ。イタリアには「ナポリを見て死ね」という言葉があるほど見るもの、経験するのがいっぱいの街です。ナポリ湾から臨むヴェスヴィオ火山、堅固な卵城、港に発着する船という美しい海の光景が広がります。しかし一歩街の中に入ると活気満載。映画に見たような建物の間にはためく洗濯物、市場の喧騒、おしゃべりなナポリっ子とナポリの洗礼を受けることになります。イタリアで一番ピザが美味しいのもこの街。そんな元気になれるナポリを紹介します。


ナポリ抑えておきたい観光はこれ!

ナポリ抑えておきたい観光はこれ!

image by iStockphoto

海の景色に街の喧騒、そして美味しい料理と見どころいっぱいのナポリ。
抑えておきたい場所を紹介します。

オススメの観光地

ナポリの観光で抑えておきたいスポットの一つが海側の風景です。
カンツォーネで歌われるサンタ・ルチア港、そして12世紀に要塞として建てられた卵城は必見。
遠くに見えるヴェスヴィオ火山は、2000年前の噴火でナポリ近郊の街ポンペイを襲った山です。
海の風景を堪能したら街の中で美術作品を鑑賞しましょう。
旧王宮にある国立カポディモンテ美術館には、マザッチョやベッリーニ、ティツィアーノといったルネサンスの巨匠たちの作品が並びます。

国立カポディモンテ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立カポディモンテ美術館
名称(英語) Museo di Capodimonte
住所 Via Miano, 2, 80137 Napoli
営業時間・開場時間 8:30−19:30 水曜休館
利用料金や入場料 8ユーロ 18歳未満無料
参考サイト http://www.museocapodimonte.beniculturali.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国立カポディモンテ美術館のスポットページ

モデルコース

ナポリの街を効率よく回るには交通機関をうまく使うことがポイント。
まずはナポリの観光の中心とも言える海側に出ましょう。
ここには幾つかの城と宮殿が並んでいます。
重量を感じるヌオーヴォ城を見たら、隣に立つ17世紀の王宮と比較してみましょう。
建築様式の違いがわかります。
そこから海沿いに歩いて行くと卵城とサンタルチア港に出ます。
ヴェスヴィオ山を遠景に見たら、街側に戻って芸術鑑賞をするのがオススメです。
カポディモンテ美術館、国立考古学博物館などに足を伸ばしてみましょう。


ヌオーヴォ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヌオーヴォ城
名称(英語) Castel Nuovo
住所 Via Vittorio Emanuele III, 80133 Napoli
営業時間・開場時間 8:30-19:00 日曜休館
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト http://www.comune.napoli.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/EN/IDPagina/1372
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヌオーヴォ城のスポットページ

日数はどれくらい?

日数はどれくらい?

image by iStockphoto

海側のナポリらしい風景を楽しんで、美味しいピザを頬張って、ナポリ職人たちの質の高いお土産のショッピングを楽しむだけであれば、1日あれば十分です。
しかしこの街の魅力は実際に滞在して人情深いナポリっ子達と触れ合うことによってわかるもの。
観光地だけではなく主婦達が集まる市場や、通りすがりに声をかけてくるナポリっ子達をうまくあしらうのも楽しみの一つ。
世界遺産のポンペイやアマルフィ、そして青の洞窟のカプリ島もここが拠点。
余裕のある方は2泊程度することをオススメします。

ツアーの利用

image by PIXTA / 18371035

見所をきっちり抑えて全部回りたい!という方はツアーを利用するのがいいでしょう。
見所の説明、そして最短距離での移動を可能にしてくれるのもツアーならではの利点。
ローマなど他の都市から日帰りツアーに申し込めば、専用バスで送迎してくれるので、交通の心配もなくナポリを存分に楽しむことができます。
またナポリには世界でも屈指のギリシャ・ローマ美術がある国立考古学博物館があります。
この博物館をツアーの説明を聞きながら回るのもオススメです。

国立考古学博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立考古学博物館
名称(英語) Museo Archeologico Nazionale di Napoli
住所 Piazza Museo, 19, 80135 Napoli
営業時間・開場時間 9:00−19:30 火曜休館
利用料金や入場料 12ユーロ 学生(18−24歳)6ユーロ 18歳未満無料
参考サイト http://cir.campania.beniculturali.it/museoarcheologiconazionale/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国立考古学博物館のスポットページ

Writer:

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。 Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

この記事のカテゴリ

イタリア
グルメ
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選