政府公認ガイドが伝授!憧れの「シチリア」観光ガイド

シチリアと聞くとどんなイメージがあるでしょうか?なんといっても映画「ゴッドファーザー」が有名になりましたが、シチリアは歴史的に文化の交差点として栄えた島。古くは古代ギリシャの植民地、北アフリカとの交易、中近東とスペインの中間地点、そして北のノルマンの支配と様々な文化がこの島に足跡を残しています。そのためシチリアの人はとてもフレンドリー。そしてこの島のもう一つの魅力が美味しい食事。パスタからシーフード、ドルチェまで、イタリアでも美味しい料理で有名です。そんな知られざるシチリアの魅力をお届けします。

シチリアに行こう!

シチリアに行こう!

image by iStockphoto

イタリア半島の足のつま先にある三角形の島がシチリア。
地域によって異なる表情を見せるシチリアの都市を紹介します。

パレルモ

パレルモ

image by iStockphoto

イタリアの中でも独特の文化を持つと言われるシチリア。
その州都がパレルモです。
9世紀にはイスラム勢力が王朝を築き、その後11世紀にはノルマン王朝が支配者となりました。
ノルマン王朝はイスラム様式の建物の上に自分たちの建物を建てたので、アラブ・ノルマン様式と呼ばれる独特の建築様式が生まれました。
この特徴的な様式を見ることができるのが、ノルマン王宮の中にあるパラティーナ礼拝堂。
金色のモザイクで彩られた礼拝堂は言葉を失うほどの迫力です。

カターニア

カターニア

image by iStockphoto

シチリアの第二の都市がカターニア。
シチリアを代表するエトナ火山があることでも白れています。
火山の被害にあったこともあり、この街は18世紀に作られたバロック建築の街として世界遺産に登録されています。
ところどころある黒い石はエトナの噴火の際の溶岩を再利用しているから。
南国の太陽の中、バロックの壮麗な建築を見ながら街を歩くだけで十分に観光になります。
シーフードや馬肉など、カターニアの豊富な料理も味わってください。

アグリジェント

アグリジェント

image by iStockphoto

シチリアは、東はアラブ、南にアフリカ、北にヨーロッパ、西にイベリア半島(スペイン)と地理的に重要な位置を占めています。
そのため古代ギリシャの植民地として栄えました。
その名残を感じられるのがアグリジェント。
神殿の谷には紀元前5世紀ごろに建てられたギリシャ神殿が20ほど残ります。
コンコルディア神殿はその後キリスト教の教会に使用されたこともあり、綺麗な形で残っています。
その他にも柱のみ残るヘラクレス神殿など、建築の名残に2500年の歴史を感じてください。






メッシーナ

image by PIXTA / 37282091

イタリア半島からシチリアに入ってすぐの街がこのメッシーナ。
シチリアで第3の大きさを誇るこの街は1908年に地震で崩壊し全てが建て直されました。
街並みは新しいものですが、歴史は古く建物も当時のものをできるだけ使用して再現されました。
その中でも見ておきたいのが街の中心の教会、ドゥオーモにあるからくり時計。
12時になるとからくり時計が動くので、その時間にあわせて時間割を組みましょう。
またバロックの巨匠カラヴァッジョの逃亡先でもあり、州立美術館には彼の後期の作品が収められています。

離島に足を伸ばして

離島に足を伸ばして

image by iStockphoto

普通とはちょっと違うシチリア旅行をしてみたい人にオススメなのが離島。
シチリアの魅力の一つが南国の太陽と海。
ヨーロッパからリゾートにやってくる人がたくさんいます。
そんな彼らに人気なのが、ファヴィニャーナ島です。
西の端のトラパニの街からフェリーに乗って約30分。
絶壁のような山にエメラルドグリーンが美しい海、まるで別世界に来たかのような気分を味わえます。
それ以外にも透き通った海で有名なランペドゥーザ島やレヴァンツァ島など、特別な体験を味わってください。

シチリアで食べよう!

シチリアで食べよう!

image by iStockphoto / 72890847

グルメなイタリア人も特別に美味しいというほどのシチリア料理。
ライスコロッケなどのストリートフードやデザートなど、豊富なシチリア料理を紹介します。
次のページでは『シチリアの食事について』を掲載!
次のページを読む >>