政府公認ガイドが伝授!憧れの「シチリア」観光ガイド

シチリアの食事について

シチリアの食事について

image by iStockphoto

イタリア人も認めるグルメな地域シチリア。
大自然と太陽の恵みを受けた食材が豊富なので、イタリアの中でも格別に美味しいイタリアンを食べることができます。
魚介類や野菜など新鮮なものにこだわるのもシチリアの特徴。
町のマーケットに行くと生きのいい食材が並んでおり、イタリアのマンマたちが吟味しながら買い物しています。
デザートが美味しいのもシチリアの特徴。
リコッタチーズがたっぷり入ったドルチェ、シチリア式かき氷など町を歩けば美味しそうなものがたくさん目に入ります。
ピスタチオのソースなど、シチリアならではの味を見つけることができます。

豊富なパスタ

豊富なパスタ

image by iStockphoto

シチリアはイタリアの中でも他の地域と違った料理があります。
通常緑のソースのパスタはバジルソースですが、ここシチリアではピスタチオ。
香ばしい香りが口の中に広がります。
アーモンドをパスタソースに入れるのもシチリアならでは。
また野菜を多く使うのもシチリア料理の特徴です。
揚げたナスをトマトソースに絡めたパスタ・アッラ・ノルマはシチリアンパスタの定番。
太陽の味がする真っ赤なトマトソースが南国の気分を盛り上げてくれます。

シーフードを楽しむ

シーフードを楽しむ

image by iStockphoto

海に囲まれたシチリアの魅力の一つがシーフード。
海から上がったものがすぐに市場に並びます。
普段食卓では見かけないような色や形の魚を食べるのもシチリアの特徴。
シイラやホウボウの一種、カサゴなどまるでメニューが水族館のよう。
貝類も豊かで日本で食べるアサリや牡蠣はもちろん、ウニやムール貝なども美味しく食べることができます。
新鮮なので生の魚介類がメニューに並ぶのもシチリアならでは。
軽くレモンとシチリアの塩、そしてオリーブオイルで召し上がれ。






ストリートフード

ストリートフード

image by iStockphoto

イタリアンレストランでライスコロッケを食べたことはあるでしょうか?恭しく出されるメニューですが、実はここシチリアが発祥。
アランチーノと呼ばれています。
イタリア語でオレンジはアランチャというのですが、その形に似ていることから名付けられました。
ミートソースやハムとチーズなどが入っており、シチリアではストリートフードとして食べられています。
また、モツが好きな方にはモツバーガーがオススメ。
頬張りながら街を歩けばシチリア人の仲間入りです。

ドルチェの数々

ドルチェの数々

image by iStockphoto

シチリアはドルチェの豊富さでも有名です。
リコッタチーズを料理にもドルチェにもよく使うのが特徴。
中でもカンノーロと呼ばれる筒状のクッキー生地にその場でリコッタチーズのクリームを入れてくれるお菓子はシチリアならでは。
また暑い気候なのでジェラートだけでなく、グラニータと呼ばれるかき氷のようなデザートもあります。
クリスマス時期にシチリアを旅行する方にぜひ食べていただきたいのがブッチェラート。
乾燥イチジクがたっぷり入った伝統の味を味わってください。

シチリアン・ワイン

シチリアン・ワイン

image by iStockphoto

美味しい料理には美味しいワインというのがイタリアの鉄則。
シチリアで食事をする際はぜひシチリアワインを飲みましょう。
シチリア以外でもよく飲まれているのがネロダヴォラ。
しっかりとしたボディーの赤ワインで肉はもちろんですが、野菜を使った料理にもよく合います。
筆者の食卓にもよく並ぶ一本。
またシチリアならではなのが、現役の活火山エトナ山の麓で取れるエトナワイン。
火山灰でできた肥沃な土壌から生まれるワインで料理を盛り上げてください。
次のページでは『市場に行ってみよう』を掲載!
次のページを読む >>