政府公認ガイドが伝授!イタリア観光で行きたい「ポンペイ遺跡」の魅力

約2000年前に突如火山で消滅してしまったポンペイ。人口約2万人を誇る古代ローマ時代に最も栄えた都市の一つでしたが、火山噴火後およそ1000年以上忘れ去られた存在で火山灰の下に埋もれていました。18世紀に発掘されると、その高度な文明と数々の屋敷から出てきたフレスコ画が注目を浴びました。当時ヨーロッパでは裕福な貴族の子供達がイタリアなどに旅行して見聞を広めるという、現代の留学のような旅行が流行していました。ポンペイは十数世紀を超えた遺跡を見られる場所としてグランツアーの名所となりました。街一つ分の広大な土地に広がる遺跡の見どころを紹介します。

ポンペイを歩いてみよう!見どころと概要

ポンペイを歩いてみよう!見どころと概要

image by iStockphoto

ポンペイは2000年近く前の実際の街。
広大な土地に遺跡が広がります。
ポンペイをより楽しむための見どころと歴史を紹介します。

街が一瞬の内に火山灰の下に…ポンペイの歴史

街が一瞬の内に火山灰の下に…ポンペイの歴史

image by iStockphoto

古代ローマが力を持った紀元前1世紀頃、ポンペイの街はローマ共和国の一部となりました。
肥沃な火山灰からできるぶどうの産地でもあったため、ワインの醸造が盛んでした。
さらに海に面している地理的な利点を生かして、ローマへ荷物を運ぶ拠点として大きく栄えました。
しかし紀元後79年近くのヴェスヴィオ火山が大噴火。
火山灰で街は真っ暗になり、その後発生した火砕流が流れ込み街は全て飲み込まれてしまうのです。
水道が通っていたり、道路が舗装されていたり、当時としては高い文明を誇った街も火山の前にはなすすべもありませんでした。
その後何世紀も忘れ去られていましたが、発掘の際には多くのものが当時の姿のまま残っていたのです。

どこを見ればいい?ポンペイの名所概要


ポンペイの街は東京ドームの約65倍の大きさ。
見どころはたくさんですが、効率よく見て回る必要があります。
特に夏は南イタリア特有の強い日差しを遮るものがないので、ポイントを押さえておきたいもの。
まず駅に着いて入り口から入るとまずアポロ神殿に迎えられます。
この辺りは街の中心でジュピターやヴィーナスの神殿、そして街の市場が並びます。
ポンペイの面白いところは当時の生活がそのまま残されているところ。
居酒屋や道路標識に当時の生活を伺うことができます。
モザイクの床やフレスコ壁画を見たい方はこのそばの悲劇詩人の家、そしてちょっと離れた秘儀荘を見に行きましょう。

猛犬に注意して入りたい「悲劇詩人の家」


ポンペイにはたくさんの屋敷跡がありますが、市場の近くにあるのが「悲劇詩人の家」。
家自体は他と比べてそれほど大きくないのですが、フレスコ画とモザイクの床は必見です。
中に入ってまず迎えられるのが床にモザイクで描かれた犬の絵と「猛犬注意」という注意書き。
吠えてくる声が聞こえてきそうです。
モザイクの床をもう少し見たい方は奥の部屋へ。
ギリシャ演劇を演じる姿を描いたモザイク画が描かれており、この絵から「悲劇詩人の家」と名付けられました。
中庭の壁に描かれたギリシャ悲劇「イピゲネイア」のフレスコ画は色合いや人物の表現など、現代にも通じるような質の高い絵画作品です。

ポンペイのフレスコ最高傑作と言われる「ヴェッティの家」

ポンペイのフレスコ最高傑作と言われる「ヴェッティの家」

image by iStockphoto

ポンペイは2000年前のフレスコ画が良い保存状態で残されていることで知られています。
その中でもこの「ヴェッティの家」は規模の大きさや建築様式も含めて質の高さで有名です。
1100平米という巨大な家に住んでいたのは元奴隷からローマ市民になったヴェッティ兄弟で、裕福なだけではなくのちに政府高官になりました。
ポンペイの壁画は時代によって4つに分類されますが、これは一番装飾的な第4期にあたるもの。
壁に描かれた絵は絵画館のような役割をしていました。
ひときわ目を引くのが大きな男性器を秤にかけている図。
一見びっくりしますが、これはギリシャ神話の豊穣を司る神でこの家の繁栄を願って描かれています。

ローマ時代の浴場を見られる「スタビアーネ浴場」

ローマ時代の浴場を見られる「スタビアーネ浴場」

image by iStockphoto

映画「テルマエロマエ」でも有名になりましたが、ローマ時代は公衆浴場が大人気でした。
ローマ人たちはお風呂に入るだけでなく社交の場としても使用していました。
政治について話したり、ジムとして利用したり、サウナがあったりと現代に通じるような施設でした。
男女別に分かれており、お湯も水からぬるま湯、熱いお湯と全て揃っていました。
ローマ人の街だったポンペイにももちろんこの施設があり、その中でもスタビアーネ浴場は最も古いものとして知られています。
日本の銭湯のように装飾が施されているのも比較すると面白いでしょう。
2000年前にどんな会話がここで繰り広げられたか、想像力を膨らませてみてください。

謎の壁画が面白い「秘儀荘」

謎の壁画が面白い「秘儀荘」

image by iStockphoto / 33108170

ポンペイ遺跡の中でも名高い「秘儀荘」。
遺跡の中心部からは離れていますが一番人気です。
赤い背景に等身大に描かれた人間たちが並んだ部屋が名前の由来。
この部屋はワインの神デュオニュソスを信仰する宗教の儀式と関わっていると考えられています。
ローマ時代、この宗教は禁止されていたのでこの部屋はいわば秘密の部屋。
真ん中にいるのはデュオニュソスと一部見えなくなっていますが、妻のアリアドネです。
デュオニュソスと何人かの半身半獣以外は、描かれているのは全て女性。
様々な格好で描かれていますが、内容は全て解明されていません。
想像力を膨らませながら鑑賞してみましょう。

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

Writer:

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。 Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ
政府公認観光ガイドが伝授!美食を巡るボローニャとエミリア=ロマーニャ州
初めてのベネチアなら見逃せない!1000年の栄光を感じる歴史スポット11選
イタリア旅のリピーターは要チェック!日帰りできるおすすめの美しい街7選
政府公認観光ガイドが伝授!コロンブスの生まれた町ジェノヴァをご紹介
ローマ在住者が伝授!「真実の口」の観光完璧ガイド