これが鉄板!フィレンツェ観光で見られる歴史的スポット10選

花の女神フローラの街という意味「フロレンティア」を由来に持つ都市・フィレンツェ。その名の通り、中世以来の美しい街並みが今に保たれ、世界遺産「フィレンツェ歴史地区」に登録されている場所もたくさんあります。その歴史が育んできた芸術の数々は、ルネサンス(文芸復興)の中心地であるこの街で花開きました。そんな、誰もが憧れる芸術の都フィレンツェの歴史的スポット10選をご紹介したいと思います。フィレンツェ観光ならここを押さえておけば間違いなしですよ。

フィレンツェってどんな街?

フィレンツェってどんな街?

image by iStockphoto

フィレンツェはイタリア中部、半島の付け根付近にある人口約36万の都市です。

中世以降はフィレンツェ共和国となり、毛織物や金融業で栄えました。
特に15世紀、メディチ家の支配下ではルネサンス(古代ギリシャやローマの文化を復興しようとする動き)の中心となり、華やかな芸術の都として全盛をきわめたのでした。

フィレンツェが輩出した芸術家としては、「神曲」のダンテ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、ラファエロなどがいます。

こうした芸術家のパトロンとなったのが、メディチ家でした。

銀行家・政治家としてフィレンツェを実質支配したメディチ家は、多くの芸術家を保護し資金を提供したのです。
中でも、「イル・マニフィコ(偉大な)」と称されるロレンツォ・デ・メディチはルネサンスの黄金時代を築いた人物でした。
そんなメディチ家関連の建築物や芸術作品の数々が、フィレンツェの観光では欠かせないポイントとなってきますよ。

では、次からはフィレンツェ観光にマストなスポットを紹介していきたいと思います。

1. サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

1.	サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

image by iStockphoto

「花の聖母マリア大聖堂」という意味であるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、3万人を収容できるというとても大きな聖堂です。
上から見るとラテン十字の形をしているんですよ。
ラテン十字とは縦に長い十字のことで、赤十字などに使われる縦横の比率が同じものはギリシャ十字といいます。

この大聖堂は3つの建築物で構成されています。
ドゥオーモと呼ばれる大聖堂部分とサン・ジョヴァンニ大聖堂、ジョットの鐘楼です。

ここでは主にドゥオーモについてご紹介しましょう。

ドゥオーモは高さ107mにもなる大きな建物です。
463段の階段を頑張って登り切る気力と体力がある方はぜひ挑戦してみて下さい。
フィレンツェの街を一望できる素晴らしい光景が広がっていますよ。

ドゥオーモには大きなドームが設置してあり、これをクーポラと呼んでいます。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラはフィレンツェのシンボルでもあるんですよ。
このクーポラのすごいところは、木の枠を使わずにレンガを積み上げただけで造られているということ。
石造のドームとしては世界最大の規模を誇っているんです。

クーポラの内部、天蓋の部分には壮大な天井画「最後の審判」が描かれています。
ヴァザーリというルネサンス期の有名な芸術家によるものですが、このヴァザーリ、今回ご紹介する他のスポットにも関係してくる人物なので、頭の片隅に置いておいてくださいね。

140年以上かけて建設された大聖堂の歴史

さて、大聖堂の歴史について見ていきましょう。

現在の大聖堂は3代目の建物で、元々は4~5世紀ごろに教会堂がここに建てられていました。
そして、2代目となる7~9世紀のものは、なんとそのまま今の大聖堂の地下部分に収まっているんです。

そして1296年から現在の大聖堂の建設が始まりました。
ところが、完成までに140年以上を要しているんですよ。

1302年には最初の建築責任者が死亡してしまい、1334年にはジョットの鐘楼を建てたジョットが責任者となりますが、3年後に亡くなってしまいます。

その後、何人もの建築家の手を経て建設が進みましたが、クーポラが難関でした。

難しい建築なので誰も挑戦できず、そのため、クーポラができるはずの部分だけぽっかりと穴があいたままだったんですよ。

そこで、コンペが行われました。
そこで採用されたのが、ブルネレスキという建築家の案だったのです。
彼はドームを二重構造にすることを提案し、それが受け入れられました。
彼は見事にクーポラを造り上げ、ここでようやく完成をみたのです。

ちなみに、クーポラのてっぺんにはブロンズ製の球と十字架が設置されていますが、これはあのレオナルド・ダ・ヴィンチの師であるヴェロッキオの手によるものなんですね。
そのため、ダ・ヴィンチはこのデザインに自分も関わったと手稿に書き残しているんです。

暗殺劇の舞台ともなった大聖堂

メディチ家が全盛期となった1478年のこと、大聖堂のミサの席で暗殺劇が繰り広げられました。

当時、フィレンツェではメディチ家の他にパッツィ家が覇権を争っており、そこの当主がメディチ家の当主ロレンツォ・デ・メディチを殺そうとしたのです。

ロレンツォは難を逃れましたが、彼の弟ジュリアーノが殺されてしまいました。
彼は「イル・ベッロ(美しき者)、「花のジュリアーノ」と呼ばれたほどの美男子で、その死は市民に衝撃をもって迎えられたのです。

そんな彼を失ったメディチ家の報復はすさまじく、パッツィ家に関係する100人近くが逮捕・処刑されました。
そして、この後メディチ家はフィレンツェでの覇権を完全に手にすることになったのです。

2. ジョットの鐘楼

2.	ジョットの鐘楼

image by iStockphoto

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の右隣に建つ、高さ84mの鐘楼がジョットの鐘楼です。
設計はジョット、ルネサンスの先駆けとなった画家でした。

ジョットは1334年に大聖堂建設の責任者となりますが、1337年に亡くなってしまいます。
彼の構想は弟子たちに受け継がれ、鐘楼は1387年に完成しました。
そのため、階層によって建築様式は少しずつ異なっています。

ジョットが設計した鐘楼の基底部分は、56枚のレリーフと16体の彫刻が有名です。
実は鐘楼の壁で見られるものはレプリカで、本物はドゥオーモ付属博物館で見られますよ。

ジョットの鐘楼も、ドゥオーモと同様に階段で登ることができます。
こちらも414段とかなりキツいですし、エレベーターはもちろんありません。
しかし、登り切れば頂上からクーポラとフィレンツェの街の絶景コラボを見ることができるので、写真を撮りたい方にはこちらがおすすめです。

近年は落書きの多さが問題となっているこの鐘楼ですが、落書き専用アプリというものが最近登場しました。
タブレットを使ってヴァーチャルに落書きを楽しむというものだそうですよ。

3. サン・ジョヴァンニ洗礼堂

3.	サン・ジョヴァンニ洗礼堂

image by iStockphoto

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の向かいにあるのが、サン・ジョヴァンニ洗礼堂です。
八角形が特徴ですが、キリスト教では8は復活を示す特別な数であるためだそうですよ。

サン・ジョヴァンニというのは聖ヨハネのことで、キリストに洗礼を与えた「洗礼者ヨハネ」の名を採っています。

この洗礼堂はドゥオーモや鐘楼よりも古く、現在のものは11世紀に起工されたものです。
ロマネスク様式という、石造りで壁が分厚く、窓が小さいという特徴を持っていますよ。
この建築様式は同時代の修道院や教会に見られます。

最初は、この洗礼堂は礼拝堂として使われていました。
しかし後にサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂ができたため、洗礼堂となったのです。
洗礼堂とは、礼拝堂に入る前に洗礼を受ける場所のことですよ。

洗礼堂の内部は、聖書にまつわるテーマを描いたモザイク画が素晴らしいです。
渋めのゴールドで彩られ、重厚さと荘厳さが感じられますよ。
床も、たくさんの色の石をモザイク状に配置しています。

天国の扉

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の3つの扉のうち、東と北をギベルティという芸術家が担当しました。
東の扉は1452年に完成し、その素晴らしさからあのミケランジェロが「天国の扉」と絶賛したんですよ。

10枚のパネルを左右に5枚ずつ配置し、アダムとイヴやカインとアベルなどの旧約聖書の物語を描いています。
現在はレプリカで、本物はやはりドゥオーモ付属博物館に展示されていますので、ぜひ足を運んでみて下さいね。

洗礼堂の扉を造るに当たって1401年にコンペが開かれ、7人が応募しました。
最後に残ったのが、ギベルティとブルネレスキでした。
ブルネレスキ、覚えていますか?ドゥオーモのクーポラを設計した人物ですよ。

そして最終的に選ばれたのはギベルティでした。
しかし、2人の共同制作をブルネレスキが辞退したとも言われています。

この2人の作品がコンクール形式で選考されたわけですが、このようにコンクールで制作者を選ぶというのが世界初の事例となったんです。
そして、これがルネサンスの始まりのきっかけとなったのでした。
ちなみに、コンクールのお題となった2人の作品は、同じくフィレンツェにある国立バルジェッロ美術館に展示されています。

xiao

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ