イタリア旅のリピーターは要チェック!日帰りできるおすすめの美しい街7選

ヨーロッパ旅行で人気のイタリアは何度も行かれた方も多いのではないでしょうか。
ツアーや個人旅行でもよく行く都市はローマやミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェといったところだと思います。
これらの都市には見ごたえのある建物や絵画、お買物と楽しみがいっぱいですが、ひとつ足を延ばして今までと違うイタリアを見てみるのもお勧めです。
地方によってそれぞれの特色のあるイタリアの中から、主要都市から日帰りや1DAYトリップできる美しい街を7つ、その歴史とともにご案内します。

イタリアの統一王国を作ったサヴォイア家の街・トリノ

イタリアの統一王国を作ったサヴォイア家の街・トリノ

image by iStockphoto

トリノはピエモンテ州の州都であり、東側にはアルプスが広がるミラノから北にある街です。

トリノの街といえば、日本人の私たちはトリノオリンピックで活躍した荒川静香さんを思い出しますね。
またてんとう虫のパッケージでおなじみのイタリアのジャンドゥーヤとチョコレートのお店カファレルもこの街で生まれました。

トリノには古代タウリニー人が住んでおり、ローマ共和国領になった時、アウグスタ・タウリノールムと改名されました。
トリノの名前の由来だと言われています。

フランスとスイスの国境に近いため、古代ローマ時代からアルプスを超えるための要所して整備されました。

歴史的にはフランスとの縁が深く、16世紀に一時的にフランスの領地になった後はサヴォイア家のものとなります。
スペイン継承戦争でオーストリア側についたサヴォイア家がフランスに勝利。

18世紀になるとサヴォイア家が婚姻によって得たシチリアとサルデーニャ島を交換し、サルディーニャ公国を設立。
トリノはその首都となり、イタリア統一後はイタリア王国の首都となっています。

サヴォイア家の栄華が詰め込まれた王宮たち

サヴォイア家か最も栄えた17~18世紀に建てられた王宮などが街内外に残っており、1997年に「サヴォイア王家の王宮群」として世界遺産に登録されています。

「サヴォイア王家の王宮群」には6つの宮殿と城と聖堂があります。

カステッロ広場に面したトリノの中心にある王宮は左右対称が印象的な建物です。
1660年頃にひとまずの完成を見ましたがその後約200年にわたって改築や改装が行われました。

マダマ宮殿は王宮のすぐ南側にあり、古代ローマ時代の建物の上に15世紀に中世の城館へ改築されました。
中に入るとローマ時代の遺跡の後を見ることができます。

ストッピニージ宮殿は郊外に狩猟用の宮殿として建てられました。
典型的なピエモンテ・ゴシックの様式で、中央の建物から左右に広がる作りはエレガント。
正面の屋根の上に雄鹿の像が設置されており、狩猟の館と主張しているようで可愛らしいく感じます。

マダマ宮殿の南側にあるカリニャーノ宮殿は初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世が生まれた宮殿です。

この宮殿は17世紀に設計された西側は赤みを帯びた色調の壁が印象的なファサード、反対の東側は19世紀に増築された白いファサードと2つの顔をもつバロック建築の名作と言われます。

ヴェルサイユ宮殿をモデルに作られたヴェナリア城は「ピエモンテのヴェルサイユ宮殿」と謳われ、夏の狩りのために1675年に建てられました。

内部のディアーナのガッレリア(大回廊)は、44の窓からの光が淡いクリーム色と水色の壁面と床のモノクロの大理石を照らし、とても美しいバロック様式の華麗さで私たちの心をとらえます。

そして、ヴェルサイユの庭園をモデルとした庭園もあり、城とあわせてその美しさを楽しむことができます。

トリノの中で1番高い丘の上にあるスペルガ聖堂。
1706年にトリノの戦いでフランスに勝利した記念に建てられ、バロック様式の聖堂として最も美しいと言われています。

美しい湖畔と優美なクルージングを楽しむマッジョーレ湖

美しい湖畔と優美なクルージングを楽しむマッジョーレ湖

image by iStockphoto

ミラノから北に上がっていくと現れるイタリアで2番目に大きい湖・マッジョーレ湖。

イタリアの北の州であるピエモンテ州とロンバルディア州のちょうど間にあり、北側3分の1はスイス領です。

この湖の楽しみは、多くの歴史のあるヴィッラと庭園をもった保養地を巡る小島へのクルージング。

観光の起点になるストレーザの街は国際的な保養地で、昔からたくさんの芸術家たちを魅了してきました。
30キロ離れたところには標高の高いモッタローネ山もあり、ヨットやテニス、水遊び以外にも冬はスキーも楽しむことができます。

ストレーザの街からはモッタローネ山へロープウェイで登ることができ、優美なマッジョーレ湖をアルプスを背景に見ることができます。

また、ロンバルディアの貴族ボッロメオ家が所有する優美な島々をめぐるクルージングの船が出るのもこの街からです。

ボッロメオ諸島のクルージング

ボッロメオ諸島のクルージング

image by iStockphoto

12世紀以来、貴族のボッロメオ家が領有してるベッラ島をはじめとする5つの島々を遊覧することができます。

個人所有のエリアなので、イベントなどがあるときには行くことはできませんが、基本的に3月~10月までの期間の間に解放されています。

ベッラ島はボッロメオ諸島の中で一番大きな島でもあり、ハリウッド映画の舞台にも使われるほど絵になる美しさを持つ島です。

17世紀に建てられたボッロメオ宮殿とその庭園がほとんどを占めています。
ロンバルディア・バロック様式の宮殿の中はフレスコ画をはじめとするたくさんの絵画やタペストリーで彩られています。

また、中にはナボレオンが滞在した部屋やムッソリーニが会談に使用した部屋や舞踏会の間など華麗な部屋のほかに、地下には凝灰岩で作られた洞窟をモチーフにした幻想的な部屋もあります。
17世紀ごろに流行ったこのような洞窟風(グロッタ風)の様式から「グロテスク」という言葉が生まれたそうです。

庭園に出ると10段の階段ピラミッドのようなイタリア式のバロック庭園が広がります。
階段の最上階には噴水があり、ボッロメオ家の紋章である白い一角獣が建っています。

湖から見ても美しい城壁やピラミッド型の庭園の姿を楽しめます。

ペスカトーリ島またはスペリオーレ島と地元の人たちが二つの名前で呼ぶ島がベッラ島の北西にあります。
こちらは名前から「ペスカトーリ(漁師)」の島だったようで、漁師の家々が並んでいましたが、現在はレストランやホテルなどが多くなっています。

マードレ島はとても静かで、ここにも18世紀に建てられたボッロメオ宮殿があり、17世紀の美術品が展示されています。
また、マリオネットの展示も豊富で、ベッラ島にあるマリオネット小劇場の収集品がこちらで展示されています。







中世から続く大学の街 パドヴァ

中世から続く大学の街 パドヴァ

image by PIXTA / 15402779

ヴェネツィアから南西に30キロ程度離れたところにあるパドヴァは、北イタリアでもっとも古い都市であるとされています。

パドヴァが中世の時代から有名なのは1222年に設立されたパドヴァ大学があったからです。
イタリアだけでなく、ヨーロッパ中の大学の中でも歴史が長く、このパドヴァ大学に縁のある教授や学生はとてもたくさんいます。
特に医療や自然科学の分野が有名で教鞭をとったダンテ、ペトラルカ、ガリレオ・ガリレイ。
卒業生にコペルニクスなどがいました。

この大学の建物自体も歴史があり1594年に作られた最古の解剖教室があるそうです。

そんな大学の医学部付属施設として、治療用ハーブを育てるために作られた世界最古の植物園があります。

この植物園は世界遺産として登録されており、1585年に植えられた棕櫚の木は1786年に訪れたゲーテも見て感動したそうで、その棕櫚の木は今現在も見ることができます。

贖罪のための礼拝堂

そんな歴史あるパドヴァでぜひ見ておきたい教会があります。

それがスクロヴェーニ礼拝堂です。

この礼拝堂はエンリコ・デッリ・スクロヴェーニという高利貸を営む一族のひとりからの出資によって14世紀はじめに建てられました。

当時、高利貸という仕事は過剰に利子を取ることからキリスト教では罪の深い職業とされていました。
その職業の者は地獄に落ちるとされ、高利貸の人々はその罪を赦してもらうため、教会への寄進をこぞって行っていたほどでした。

エンリコは特に生前に高い利子で財をなした父親と自分の贖罪のために、私財を投じてこの礼拝堂を建てて教会へ寄進したのです。

外観は大変シンプルな様相ですが、中に入ると美しい碧い天井と両壁にびっしりと書かれたフレスコ画が描かれています。

このフレスコ画は絵画史上たいへん重要な作品で、ルネサンス初期に活躍したジョットによって聖母マリアの一生が描かれています。

ジョットはフィレンツェの大聖堂付属の鐘楼「ジョットの鐘楼」の設計をした人物です。

1305年にこの絵画は完成。
ジョットは当時主流だったビザンチン様式の決められた描き方ではなく、現実的に三次元の空間表現などで人物を描きました。

正面の最後の晩餐ではエンリコ自身がマリアへ礼拝堂を捧げている様子も描かれており、現実の世界も混ざっているところもいかにもルネサンス的。

この表現方法は画期的で、ルネサンスの扉を開いた彼の代表作になります。

エンリコの神への思いと合わせて、ルネサンスの始まりを感じることができる礼拝堂です。

街全体が神に捧げられたような祈りの場 アッシジ

街全体が神に捧げられたような祈りの場 アッシジ

image by iStockphoto

イタリア半島のちょうど中心にある山間の地域にあるウンブリア州は「イタリアの緑のハート」と言われています。
その自然が豊かで穏やかな地域に、巡礼が絶えない小さな街アッシジがあります。

街はこの地方特有のうっすらとピンク色がかった石材で作られており、緑の中に浮かぶ優しいピンク色にホッとします。

11世紀にこの街に生まれた裕福な商人の息子が、愛と平和と清貧をもって神への奉仕を行うようになりました。
聖フランチェスコです。
彼の活動は法王からも修道会として認められます。
大変信仰心が篤く、彼の手足にはイエスが十字架に架けられた時に打ち付けられた場所が現れる聖痕があったといわれています。

彼の考えに賛同した人は庶民から貴族まで、ドイツやオーストリアからも修道会へ入る者もいました。

次のページでは『穏やかに平和に祈る場所』を掲載!
次のページを読む >>