発展当時の歴史的建築残る「リトアニア・カウナス」で見たい観光スポット5選

バルト三国の一角・リトアニア第2の都市カウナスは、中世時代にハンザ同盟(ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟)の代表部が置かれたことから長く商業活動の中心とされたことで知られる街。ポーランド併合時代にはヴィリニュスに代わる首都になったこともあり、現在の街には栄えた当時の歴史的建築物も多く残っています。今回はそんなカウナスの観光スポットを紹介します。

リトアニアの防衛拠点「カウナス城」

リトアニアの防衛拠点「カウナス城」

image by iStockphoto

カウナス旧市街にある13世紀に建設された城。
チュートン騎士団(ローマ・カトリック教会公認の騎士修道会)の侵攻対策として建設されたもので、長くリトアニアの防衛拠点として活躍した後は外賓の接待、監獄などとしても使用されました。
17世紀から18世紀にかけての戦争、川の氾濫などにより大部分が破壊され、現在は塔と一部の城壁のみが残る状態。
塔の内部は城の歴史を知るアートギャラリーとしてオープンしています。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

1363年には、騎士団に占領され破壊されたが、15世紀初頭のヴィタウタス大公の時代になって再建された。
しかし、1410年のジャルギリスの戦いで、チュートン騎士団(ドイツ騎士団)に勝利した後は、城としての重要性がなくなり、外賓を接客する際などに使われた。
1430年にヴィタウス大公が死去すると、権力がポーランド側に移り、1549年にはポーランド王でリトアニア大公のシギスムンド・アウグストゥスにより、城は妻・バーバラに与えられ、16世紀の間、城の増強・改築が行われた。
タクジローの日本全国お城めぐりより

カウナス城の住所・アクセスや営業時間など

名称 カウナス城
住所 Pilies 17, Kaunas
営業時間・開場時間 現地時間10:00?18:00
利用料金や入場料 2.32ユーロ
参考サイト http://www.dtac.jp/baltic_eeurope/lithuania/entry_263.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カウナス城のスポットページ

ネオ・ビザンティンスタイルの教会「聖ミカエル教会」

ネオ・ビザンティンスタイルの教会「聖ミカエル教会」

image by iStockphoto

カウナスの新市街地・ライスヴェス・アレヤに建っている教会で、外観は19世紀から20世紀に流行したネオ・ビザンティンスタイル(円形アーチなどが特徴のスタイル)。
1893年にカウナス要塞として建設され、1919年から1939年まではカトリック教会として使用されました。
1944年から1990年のソ連占領下時代はカトリック信仰を否定されたことで美術館に変身、リトアニア独立後にカトリック教会に戻りました。







image by iStockphoto

image by iStockphoto

聖ミカエル教会(リトアニア語: Šv. arkangelo Mykolo bažnyčia)は、リトアニア、カウナスのライスヴェス大通りにあるネオ・ビザンティン建築のローマ・カトリック教会である。
聖ミコラス大天使教会ともいう。
通称はソボラス(Soboras)。
当初は正教会の教会で、1893年にカウナス要塞のために建設された。
戦間期にはカトリック要塞として使われた。
1944年から1990年のソビエト連邦による占領下においては美術館として利用され、リトアニアが再独立を果たすとともにカトリック教会に戻された。
Wikipediaより

聖ミカエル教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ミカエル教会
住所 Sv Mykolo 9, Vilnius
営業時間・開場時間 (教会遺産博物館)11:00~18:00
利用料金や入場料 (教会遺産博物館)4.34ユーロ (学生 2.32ユーロ) 大聖堂地下などとの共通券 7.24ユーロ (学生 3.27ユーロ) 撮影料 1.44ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%95%99%E4%BC%9A_(%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%B9)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ミカエル教会のスポットページ

カウナスの街並みを一望できる「キリスト復活教会」

カウナスの街並みを一望できる「キリスト復活教会」

image by iStockphoto

2004年に完成したローマ・カトリック教会で、新市街北側からケーブルカーで丘を登った場所にあります。
内部はバルト三国にあるバシリカ式教会としては最大規模、白を基調としたシンプルなデザイン。
屋上まで登った先に設けられた展望デッキには70メートルの巨大タワーが建ち、旧市街と新市街の街並みを一望することができます。
真新しい教会から見る絶景、ぜひ体感してみては。
次のページでは『美しい「白鳥」の建物「カウナス旧市庁舎」』を掲載!
次のページを読む >>