ノルウェーの世界遺産の街・ローロスで見られるファンタジックな風景5選

ノルウェー中部にあるローロスは、1644年から1977年にかけて銅の鉱山として栄えた小さな街で、1980年にはユネスコ世界遺産に登録されています。ローロスの見どころは、昔から手を加えられていない伝統的な木造家屋が並ぶ景観。シンボルマークの教会を中心に、どこを見ても色彩豊かで魅力的です。今回はミニマムでファンタジックな街・ローロスで見られる素晴らしい風景をご紹介します。

メルヘンな街のシンボル・ローロス教会

メルヘンな街のシンボル・ローロス教会

image by iStockphoto / 75548359

ローロス教会は1650年に建てられた教会で、ローロスの街のシンボルになっています。
元々は木造だった教会を1784年に石造に改装したもので、何度も修復をして大切に使われています。

外観は白壁、内部は白と淡い水色を基調とした装飾がされおり、伝統的な装飾と現代のデザイナーによるモダンなデザインが混ざり合った清楚で華やかな雰囲気が流れています。
また、教会の鐘楼には2本のハンマーが描かれており、この街が古くから鉱山街だった事を物語っています。

image by iStockphoto / 75548537

小さめで温かみのあるメインストリート

小さめで温かみのあるメインストリート

image by iStockphoto / 72897453

小さめで温かみのあるメインストリート。
ローロスのメインストリートは車2台がすれ違えるほどの小さめの通りですが、両脇にはローロスで作られたサラミや手作りのパンやスープ、バターのお店、地元のアーティストが手作りしている雑貨屋などが軒を連ねています。

また、冬になると可愛いお店のあちこちでクリスマス飾りを売りはじめ、メインストリート全体もクリスマス仕様にライトアップされ、まるで自分がスノードームの中にいるかのような気持ちになります。







image by iStockphoto / 79613117

鉱山の歴史を伝えるローロス博物館

鉱山の歴史を伝えるローロス博物館

image by iStockphoto / 72042591

17世紀半ばから鉱山の街として発展したローロス。
1977年に鉱山が閉山してからも、街のいたるところに精錬所が残されています。
その中の町はずれにある旧鉱山施設の一つが、現在ではローロス博物館として開かれています。

中にローロスと鉱山の歴史についての展示があり、実際に手で触れてもいい模型が置かれています。
また、博物館となった現在でも施設からは煙を出しており、この古く美しいローロスの街が、かつては公害の街だった事を伝えています。

image by iStockphoto / 76775851

次のページでは『冬だけの伝統的なマーケット・レーロースマルトナン』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ノルウェーの記事を見る

ノルウェー観光なら次はここ!「リレハンメル」で見たい絶景10選
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ノルウェー観光なら次はここ!可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み
テーマパークのような可愛い町並み!北欧の街『ベルゲン』で行くべき観光スポット10選
フィヨルドと夏の白夜が人々を魅了するノルウェーはこんな歴史を持っていた
「アナと雪の女王」モデルになったノルウェーの海洋都市「ベルゲン」の歴史
国立大学やハイテク産業研究所が集まるノルウェーの大学都市・トロンハイムで見ておきたい歴史的スポット4選
北欧・ノルウェー王国に行くなら「ムンク美術館」は外せない!アクセスの他、入館料を無料にする方法も解説
ノルウェーの首都「オスロ」で訪れたいおすすめスポット10選
ノルウェー最北端の地へ ノールカップを目指す最果ての旅
白夜とフィヨルドだけじゃない!見所満載の”絶景国”ノルウェー
神々しくそしてファンタジーのよう!オーロラの国ノルウェーの絶景10選