国の歴史的重要地「ポーランド最古の都市」ポズナンで見たい観光スポット4選

ヨーロッパ中央部・ポーランド共和国の中西部・ヴィエルコポルスカ県に属する「ポズナン」。この街は8世紀ごろのスラブ人が城塞を築いた「ポーランド最古の都市」であり、ポーランド最初のカトリック司教座が置かれたことも。また1025年には建国された「ポーランド王国」最初の首都となり、その後のポーランド史において重要な役割を果たしてきました。今回はそんなポーランド「ポズナン」の観光スポット4選を紹介します。

色鮮やかな街並み「ポズナン旧市街広場」

色鮮やかな街並み「ポズナン旧市街広場」

image by iStockphoto

ポップでカラフルな建物が並ぶこの場所は、ポズナンの旧市街広場。
建物は中世時代に建築された民家が並んでおり、周辺にはヴィエルコポルスカ蜂起博物館や大ポーランド軍事博物館、国立美術館といった鑑賞スポットも建っています。
第二次世界大戦時に90%以上が破壊され壊滅状態になったこともありましたが、その後残存資料を基に復元。
現在は週末に野菜や果物のマーケット、おいしそうな屋台が並ぶマーケットが開かれるなど、地元客でにぎわっています。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

週末だからか、広場にはたくさんの出店が並んでいます。
売られているのは野菜、パン、お菓子、アクセサリーなど、いろいろ。
地元の市場のような、ファーマーズ・マーケットのような感じでしょうか。
アットホームな雰囲気で、出店を眺めながら歩いているだけでとても楽しい(*^^*)ポーランド語なので読めませんが、おそらく地産ビールの試飲かな?おばちゃんは渋い顔つきですね。

(笑)こちらはソーセージやステーキを焼く屋台。
香ばしい匂いが周囲に漂って食欲を誘われます・・・ 海外旅行記 女性ひとり旅のブログより

旧市街広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧市街広場
住所 Stare Miasto, Poznan, Polska
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Pozna%C5%84_Old_Town
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧市街広場のスポットページ

ヤギのからくり人形がお出迎え「市庁舎」

ヤギのからくり人形がお出迎え「市庁舎」

image by iStockphoto

旧市街広場の中心にあるルネサンス様式の建物。
これは13世紀に建設されたポズナンの市庁舎で、現在の建物は16世紀ごろにルガーノ出身の建築家・ジョバンニ・バッティスタ・ディ・クアドロによって再建されたもの。
この市庁舎の名物である子ヤギのからくり人形は料理されるはずの子ヤギがここまで逃げたことから造られたもので、毎日正午に出現する際は観光客が建物上部を見上げ歓声をあげます。
市庁舎自体は現在博物館として公開されており、ポズナンの歴史を学べるようになっています。







image by iStockphoto

image by iStockphoto

第二次世界大戦で焼失し、16世紀ルネッサンス様式で再建された中欧を代表する建物です。
仕掛け時計があり毎日、正午になると子ヤギの人形が現れます。
1551年に市庁舎に大時計が取り付けられ、この時に料理に出すはずの2匹の子ヤギがからくり人形の場所に逃げたことに由来しているそうです。
旧市庁舎の内部は歴史博物館になっていて、聖書やギリシャ神話のモチーフによって飾られた天井があるルネッサンスの間はとても有名です。
4travel.jpより

ポズナン市歴史博物館(旧市庁舎)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポズナン市歴史博物館(旧市庁舎)
住所 Historical Museum of Poznan
営業時間・開場時間 6/16~9/15 11:00-17:00 (火~木)、12:00-21:00 (金)、11:00-18:00 (土・日) 9/16~6/15 9:00-15:00 (火~木)、12:00-21:00 (金)、11:00-18:00 (土・日)
利用料金や入場料 大人 7zl、子供・学生 5zl、土曜日・無料
参考サイト http://www.mnp.art.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポズナン市歴史博物館(旧市庁舎)のスポットページ

ドイツ皇帝の巨大な城「インペリアルキャッスル」

ドイツ皇帝の巨大な城「インペリアルキャッスル」

image by iStockphoto

こちらは1905-1910年にかけて建設された巨大な城。
ドイツ皇帝(当時のポーランドはドイツ領であった)ヴィルヘルム二世時代に建設された建物で、ヴィルヘルム二世の住居やドイツ (1918 年までと第二次世界大戦中)、ポーランド (1918年-1939 年 1945年~現在) 政府のオフィスとしても使用されました。
現在は文化センターの施設になっており、無料で内部に入ることができます。
また建物前にあるスクエアは毎年11月11日にヨーロッパ初の聖人「トゥールのマルティヌス」のパレード、独立記念日の祝賀イベントのメイン会場でもあります。
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ポーランド
ヨーロッパ
建築
絶景
街・都市

関連記事を見る

ポーランドの記事を見る

【ポーランド観光の前に知りたい】戦災被害から再建を果たした国、ポーランドの歴史的スポット11選
ポーランド観光なら次はここ!「トルン」で見たい絶景10選
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史
ポーランドのカラフルな都市「グダンスク」で見られる魅力的な観光スポット8選
戦争が造ったポーランドの負の遺産「アウシュヴィッツ-ビルケナウ」の歴史
大貴族が愛したイタリア・ルネサンスの美しい町並みを誇るポーランドの理想都市ザモシチの歴史
偉大な天文学者コペルニクスの生まれ故郷!ポーランドトルンの歴史
行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、ポーランド「グダニスク」の魅力
ドイツ騎士団の息吹を感じる世界遺産の巨大な城!ポーランドマルボルク城の歴史
第一次世界大戦で消滅…ポーランド人の郷土愛で復元されたポーランド建国の地ポズナンの歴史