ポーランド観光なら次はここ! 「ワルシャワ」で見ておきたい博物館8選

観光スポットの1つに挙げられることも多い世界中の博物館。そんな博物館にはさまざまな歴史、貴重品などを見せてくれる場所は多いですが、最近では体験型展示を取り入れるなど、見て感じて楽しめる博物館も増えています。今回は世界の博物館から日本から約12時間の「ポーランド・ワルシャワ」にある博物館について見てみましょう。


第2次世界大戦中の歴史を振り返る「蜂起博物館」

第2次世界大戦中の歴史を振り返る「蜂起博物館」

image by iStockphoto / 69315327

こちらは第2次世界大戦中のワルシャワの歴史について取り上げた博物館。
大戦中の1944年8月1日、当時のナチス・ドイツ軍に占領されていたワルシャワ市民が軍を相手に蜂起して立ち向かい惨敗した出来事を紹介しており、館内には軍服、鉄砲・銃、国旗などの品を展示。
当時の映像が流れることもあり、小中高生が社会科見学で訪れることも。
ワルシャワ市民が困難に立ち向かった歴史を見ることのできる博物館ですが、展示の中には激しい描写があるとされているため、そうした場面があることは頭に入れておいた方が良いでしょう。
住所:Grzybowska 79, Warszawa

image by iStockphoto

蜂起博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 蜂起博物館
名称(英語) Muzeum Powstania Warszawskiego
住所 Grzybowska 79, Warszawa
営業時間・開場時間 [平日]8:00−18:00(木曜は20:00まで) [土日]10:00−18:00 火曜休館
利用料金や入場料 20ズウォティ
参考サイト http://www.1944.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

蜂起博物館のスポットページ

ショパンの生家「ショパン博物館」

17世紀初頭に貴族が建てたとされるワルシャワ郊外のこの宮殿は、ポーランドがが生んだ名作曲家フレデリック・フランソワ・ショパンの博物館。
彼は1810年にここで生まれ、現在は博物館として開放。
全15室の展示室には手紙や出生証明書、最後に使ったピアノなどの遺品や資料約7000点を展示しており、マルチメディアやタッチパネルなど現代的な手法で展示する場面も存在。
2010年にはショパン生誕200周年を迎えたことで約2年間の改装工事を行いリニューアル・オープンしています。
住所:Pałac Gnińskich, 00-368, Okólnik 1, 00-368 Warszawa

ショパン博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ショパン博物館
名称(英語) Muzeum Fryderyka Chopina
住所 Pałac Gnińskich, 00-368, Okólnik 1, 00-368 Warszawa
営業時間・開場時間 11:00−20:00 月曜休館
利用料金や入場料 一般22ズウォティ 減免13ズウォティ
参考サイト http://chopin.museum/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ショパン博物館のスポットページ

ユダヤの歴史文化を紹介「ユダヤ人博物館」

ユダヤの歴史文化を紹介「ユダヤ人博物館」

image by iStockphoto

第2次世界大戦中の「ワルシャワ蜂起」から70年を迎えた2013年にオープンした歴史博物館。
博物館があるのはかつてユダヤ人地区街であった「ムラヌフ地区」で、ユダヤ人の強制収容所が置かれたこともありました。
館内はユダヤ人の文化と背景など1000年の歴史を紹介しており、ユダヤ人街地区のレプリカ再現スペース、コンピューターグラフィックスによるかつての硬貨デザイン体験を展開。
また博物館は建物のデザインも特徴的で、ユダヤ地域の砂漠を表現した入り口の黄土色、曲線はモーゼの十戒の波を表現しています。
住所:Anielewicza 6, 00-157 Warszawa


ユダヤ人歴史博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ユダヤ人歴史博物館
名称(英語) Muzeum Historii Żydów Polskich
住所 Anielewicza 6, 00-157 Warszawa
営業時間・開場時間 10:00−18:00(水・土・日は20:00まで) 火曜休館
利用料金や入場料 一般25ズウォティ 減免15ズウォティ
参考サイト http://www.polin.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ユダヤ人歴史博物館のスポットページ

スターリンからの贈り物「文化科学宮殿」

スターリンからの贈り物「文化科学宮殿」

image by iStockphoto

文化科学宮殿は高さ237メートルの42階建て、総室数3288室を誇る超高層建築物。
1955年7月22日に完成したこの建物はソ連のスターリンによってポーランドへの贈り物として建設されたものて、建設もソ連から派遣された労働者が行ったことで「スターリン様式」のものに。
現在は企業のオフィスや3000人を収容できる映画館、劇場、博物館、書店などとして機能しており、FMラジオ・テレビ放送の送受信場にもなっています。
住所:plac Defilad 1, 00-901 Warszawa

image by iStockphoto

文化科学宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 文化科学宮殿
名称(英語) Pałac Kultury i Nauki
住所 plac Defilad 1, 00-901 Warszawa
営業時間・開場時間 展望テラス:10:00−20:00(夏期の金・土は23:30まで)
利用料金や入場料 一般20ズウォティ 子供15ズウォティ
参考サイト http://www.pkin.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

文化科学宮殿のスポットページ

歴史的な戦車などを展示「軍事博物館」

こちらの大きな博物館はワルシャワの軍事について紹介する博物館。
ワルシャワ国立美術館の隣にあり、中世のポーランド騎兵の甲冑、ヨーロッパ地図や拳銃を展示、前庭には第2次世界大戦時の戦車や戦闘機などを紹介しており、冷戦時代までソ連を中心に使用された「T-34-76」型などを展示。
館内入り口横には1978年にポーランド初・唯一の宇宙飛行士が乗った「ソユーズ30号帰還カプセル」が展示されています。
住所:Aleje Jerozolimskie 3, 00-495 Warszawa
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ポーランド
ヨーロッパ
絶景

関連記事を見る

ポーランドの記事を見る

【ポーランド観光の前に知りたい】戦災被害から再建を果たした国、ポーランドの歴史的スポット11選
【ポーランドの世界遺産】激動の歴史に翻弄された国の世界遺産一覧
ポーランド観光なら次はここ!「トルン」で見たい絶景10選
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史
中世の佇まい残す・緑豊かな地方都市「ポーランド・ルブリン」の観光スポット4選
ポーランドのカラフルな都市「グダンスク」で見られる魅力的な観光スポット8選
戦争が造ったポーランドの負の遺産「アウシュヴィッツ-ビルケナウ」の歴史
大貴族が愛したイタリア・ルネサンスの美しい町並みを誇るポーランドの理想都市ザモシチの歴史
偉大な天文学者コペルニクスの生まれ故郷!ポーランドトルンの歴史
行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、ポーランド「グダニスク」の魅力