激動の世界史を創りあげたポルトガルの古き良き港町、ポルト

ローマ帝国時代から港町として栄えていたポルトガル、ポルト。昔の趣を残した街並みに、青く広がる海は壮観です。今回はポルトの見どころスポットについてお話ししていきたいと思います。

天高くそびえるような港町

こちらはドウロ川越しに見たポルトの都市の全景。
空に伸びていくように立ち並ぶ赤い屋根に白い壁、橙色に照らし出された街並みに、水鏡に反射する光が幻想的です。
当時の色をそのまま残したような雰囲気が素敵ですよね。

カラフルに彩られたポルト市街の路地

目に鮮やかなエメラルドグリーン、オレンジの壁はとてもメルヘンチック。
歩いているだけで童話の世界に迷い込んだ気分にさせてくれます。
ポルトは特に歴史的建造物がそのまま残されていることでも有名なのです。

ロープウェイで空中散歩

上空に青い空、下には広がるドウロ川、見渡す限りの赤い屋根の都市の上を空中散歩!ロープウェイというと山にあるイメージなので、これには驚きです。
お天気の良い日にポルトの都市上空で空のお散歩はいかがでしょうか。

厳かな雰囲気のポルト市庁舎

こちらはポルトの市庁舎。
1920年からなんと50年という長い年月をかけて完成されたとのこと。
昔の宮殿のようなその佇まいは一見の価値ありです。







ポルト市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポルト市庁舎
住所 Praca da Liberdade, Porto.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.geocities.jp/spacesis_porto/html/cidade_do_porto/aliados.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポルト市庁舎のスポットページ

芸術的な装飾の数々が美しいカルモ教会

こちらはカルモ教会。
ポルトではアズレージョと呼ばれる、涼しげで、かつ趣のあるブルーの壁画が有名で、この教会の壁にも描かれています。
ですが、それだけではなく、この美しい正面玄関も見どころ。
透明感に溢れた佇まいに思わず足を止めてしまうことでしょう。

カルモ修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 カルモ修道院
住所 Largo do Carmo, 1200-092 Lisboa
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00
利用料金や入場料 3.5ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A2%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カルモ修道院のスポットページ

ワイン好きにはたまらない、ポートワイン

ポルトはワインが特産品。
18世紀頃にこのポルトの港からたくさんのワインが出荷されるようになったのだとか。
今でもワインが特産品として多くの人々に愛されています。
ワイン好きの方はz日ポルトのワイナリーにも足を運んでみてはいかがでしょう。

異世界への扉のように佇むクレゴリス教会

その昔、イタリア人の芸術家の手によって作られたとされるクレゴリス教会。
見る人の心を奪うこの教会の美しさは外観だけには止まりません。
また、教会にそびえ立つ塔の上からはポルトの街並みがよく見渡せ、観光スポットとしても人気があります。
次のページでは『青と白、二色の色が織り成す芸術』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ポルトガルの記事を見る

どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
リスボン観光なら絶対行きたい絶景・観光スポット12選
アズレージョを知らなければポルトガルの芸術は語れない!アズレージョの歴史を少しだけ見てみませんか?
日本はがっかりされた国だった!?初めて日本に来たヨーロッパ、ポルトガルと日本の歴史に迫る
ポルトガルを代表する祈りの街「ブラガ」で見ておきたいスポット10選
ポルトガル・リスボンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ
【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ
ポルトガル「城郭都市オビドス」に見とれてしまう絶景6選
ノスタルジックな風景がいっぱい!ベトナム・ホイアンの魅力5選
大自然の神秘…ポルトガルで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景