ポルトガルを代表する祈りの街「ブラガ」で見ておきたいスポット10選

ポルトガル北西部の都市・ブラガ県の県都ブラガ。この街は「リスボンは楽しみ、コインブラは学び、ポルトは働き、そしてブラガは祈りの町である」という言い伝えが存在するほど信仰の強い街として有名で、街には現在も12世紀から18世紀の教会が残り、ポルトガルの宗教中心地となっています。今回はポルトガルを代表する祈りの街・ブラガで見ておきたいスポットを紹介します。


歴史品を収めた博物館がある「ブラガ大聖堂」

歴史品を収めた博物館がある「ブラガ大聖堂」

image by iStockphoto / 94170607

12世紀に初代ポルトガル国王アルフォンソ1世の父と母テレーザが作った教会で、16世紀にディオゴ・デ・ソウサ大司教によって増改築が行われました。
外観は荘厳な雰囲気のルネッサンス様式、内部はマヌエル様式のもので、正面入り口には初代ブラガンサ公爵ドン・アフォンソの柩、中央にあるのはキリスト昇天をテーマにした大祭壇。
身廊左の回廊すぐの場所にある宗教芸術美術館は16 世紀から 18 世紀製の法衣、12 世紀ゴシック様式の聖杯など歴史的品が展示。
年中無休で入場料は無料。

ブラガ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブラガ大聖堂
名称(英語) Sé de Braga
住所 R. Dom Paio Mendes, 4700-424 Braga
営業時間・開場時間 9:30 -12:30, 14:30 – 17:30(夏期18:30)
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://se-braga.pt/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブラガ大聖堂のスポットページ

国の指定文化財となった「コインブラス礼拝堂」

国の指定文化財となった「コインブラス礼拝堂」

image by iStockphoto / 94171407

1528年にコインブラス家付属の礼拝堂として建設された礼拝堂は、ブラガ旧市街の中心に近い場所にあります。
建築様式は15世紀後半から16世紀のポルトガルで主流となったマヌエル様式で、現在は国の指定文化財として保管。
内部の公開時期は不定期とされていますが、側面に施された美しい薄紫のアズレージョ(青い絵や模様が描かれたタイル)、ロココ調の金装飾をぜひ見ておきたいところ。
礼拝堂の右隣の残るのはコインブラス家の邸宅跡で、こちらは内部公開されていないため外部からの鑑賞となります。


コインブラス礼拝堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 コインブラス礼拝堂
名称(英語) Capela dos Coimbras
住所 R. Dom Afonso Henriques 23, 4700-305 Braga
営業時間・開場時間 聖木曜日の9:00 – 19:00のみ公開
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Coimbras_Chapel
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コインブラス礼拝堂のスポットページ

精巧なアズレージョは必見「ポプロ教会」

精巧なアズレージョは必見「ポプロ教会」

image by iStockphoto / 95952095

16世紀の終わりに建設された新古典主義建築の教会で、旧市庁舎先の広場に面した場所にあります。
イエスの大司教アウグスティヌス兄弟が彼自身を埋葬する場所として建設したもので、その後18世紀後半に建築家カルロス・アマランテによって再建。
ファサードはもとのマヌエル様式からネオクラシック様式に姿を変えました。
内部は作家ポリカルポ・デ・オリヴェイラ・ベルナルデスによって製作された青と白のアズレージョ、バロック様式の祭壇装飾があり、その精巧な造りは大きな見所となっています。

ポプロ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポプロ教会
名称(英語) Igreja do Pópulo
住所 Praça Conselheiro Torres Almeida 22, 4700-313 Braga
営業時間・開場時間 月-金 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.feriasemportugal.com/igreja-do-populo-braga
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポプロ教会のスポットページ

街の「愛の象徴」市庁舎前・ペリカン噴水

街の「愛の象徴」市庁舎前・ペリカン噴水

image by iStockphoto / 95925643

ブラガ市庁舎はブラガ中心部の南東教区に建っている街のランドマーク的建物。
1754年に築家アンドレ・ソアレスの手で建築が始まった市庁舎は1865年に完成しました。
市庁舎前の広場には18世紀に作られたペリカンの形のバロック様式噴水があり、そのデザインは天使の像がペリカンを囲むというユニークなもの。
これはペリカンが中世ヨーロッパ時代に「愛の象徴」とされていた(餌がないときに親が自分の肉をえさとして子どもに与えた)ことから造られたとされ、この広場の象徴となっています。
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ポルトガル
ヨーロッパ
絶景

関連記事を見る

ポルトガルの記事を見る

どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
リスボン観光なら絶対行きたい絶景・観光スポット12選
アズレージョを知らなければポルトガルの芸術は語れない!アズレージョの歴史を少しだけ見てみませんか?
日本はがっかりされた国だった!?初めて日本に来たヨーロッパ、ポルトガルと日本の歴史に迫る
ポルトガル・リスボンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ
【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ
ポルトガル「城郭都市オビドス」に見とれてしまう絶景6選
ノスタルジックな風景がいっぱい!ベトナム・ホイアンの魅力5選
大自然の神秘…ポルトガルで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景
日本にも大きな影響を与えたポルトガル第二の都市、ポルト歴史地区