神はここにいたか…ルーマニアで見れる幻想的な絶景5選

今回は幻想的な絶景を探して、ルーマニアにまで足をのばしてみました。ルーマニアは南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアとあまり日本人には馴染みのない国々に囲まれています。中世の街並みや田園風景、山岳道路など絵画のような風景で名高いルーマニア。今回はそんなルーマニアで見ることのできる幻想的な絶景をお届けしたいと思います。






ドラキュラの住む城!?ブラン城

ドラキュラの住む城!?ブラン城

image by iStockphoto

ルーマニア南部・トランシルバニア地方には、あの吸血鬼のドラキュラが住んでいたとされるブラン城(ドラキュラ城)が建っています。
ヴラド・ツェペシュという人物がドラキュラのモデルになっているそうで、当時のワラキア公国を統治していた人物だとのこと。

ブラン城ことドラキュラ城は1388年から建っており、山の上に築かれているためとても目立ちます。
城内には執務室や地下牢・拷問道具までもが展示されていて、ホラーな雰囲気を漂わせています。
外から眺めても、中をのぞいてもまるでこの世のものとは思えない幻想的なお城です。

image by iStockphoto

ブラン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブラン城
住所 Str. General Traian Mosoiu, nr. 24 507025 Bran – Romania
営業時間・開場時間 [4月-9月]月曜日 12:00-18:00 火?日曜日 9:00-18:00 [10月-3月] 月曜日 12:00-16:00 火?日曜日 9:00-16:00
利用料金や入場料 大人:7.8ユーロ 65歳以上:5.6ユーロ 学生:4.5ユーロ 子供:1.5ユーロ
参考サイト http://www.bran-castle.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブラン城のスポットページ

ファンタジックなビガーの滝

ファンタジックなビガーの滝

image by iStockphoto

首都ブカレストから国内線でティミショアラまで行き、そこからさらに車で3時間程度にあるカラシュ=セヴェリン南西部の自然保護区ミニ川のアニナ山脈には、地元の人々が「ミニス渓谷の奇跡」と呼んでいる幻の滝があります。

高さ8メートルものコケのついた岩に放射状に滝が落ちる様子は、まるでファンタジー。
ここでしか見られない世界一美しい滝との呼び声が高く、山の中にもかかわらずたくさんの人が訪れるのだとか。
世界のユニークな滝にも選出され、SNSなどでもその美しさからこのビガー滝の写真がたくさんシェアされているようです。

image by iStockphoto







ビガーの滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビガーの滝
住所 Rom?nia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tweez.net/tbeautifulphoto/archive/1/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ビガーの滝のスポットページ

お墓に人生の軌跡を!マラムレシュ地方の陽気な墓(Merry Cemetery)

お墓に人生の軌跡を!マラムレシュ地方の陽気な墓(Merry Cemetery)

image by iStockphoto

北部ルーマニア・マラムレシュ地方にはサプンツァというウクライナとの国境にある村。
その村の墓地は世界一「陽気な墓」と呼ばれています。
木製の墓標に故人の生前の生活、死因などがユーモアあふれる絵柄で彫られていて、色彩も青を基調としながらもカラフルに彩られています。
確かに、名前の通り陽気な雰囲気が漂う、珍しい墓地風景といえるでしょう。

ひと目で故人の人柄がわかる絵が描かれているので、まったく縁のない人のお墓にもかかわらず、親近感を抱いてしまうほどです。
ルーマニアは東欧で唯一明るく楽天的なラテンの血が流れている国民なので、その国民性がにじみ出ているのでしょうか。

image by iStockphoto

Merry Cemetery Cimitirul Veselの住所・アクセスや営業時間など

名称 Merry Cemetery Cimitirul Vesel
住所 apanta-Maramures,Romania
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://kajipon.sakura.ne.jp/haka/youki.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Merry Cemetery Cimitirul Veselのスポットページ

生きている石!?トロヴァント

生きている石!?トロヴァント

image by iStockphoto

ルーマニアだけではなく、ロシア、カザフスタン、チェコにも点在するといわれる、トロヴァントという石。
ルーマニアのヴァルシア郡のコステスティ村の砂採取場かでは必ずトロヴァント、別名「生きている石」を間近で見ることができるそうです。

このトロヴァントは、石にもかかわらず増えたり、大きく成長したりするのだとか。
なんとも幻想的な石のある風景です。
では、なぜこの石は増える仕組みは少しづつ解明されているようで、炭酸カルシウムを多く含んだ水が重要な要素なんだとか。

炭酸カルシウムを多く含んだ雨が激しく降った後に、雨のミネラルを石が吸収し、石の中の化学物質と結びつき反応して内部に圧力が生まれます。
その圧力が石の中心から端に向かうことで石を成長させ、増やすそうです。

次のページでは『圧巻の地底遊園地サリーナ・トゥルダ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ウクライナの記事を見る

ウクライナ、民族と国の絡みあい、苦難の歴史
チェルノブイリ原発事故のシンボルとも言われる『プリピャチ遊園地』
ツアーも人気!キエフ観光で楽しむウクライナの魅力。治安は?絶景スポットは?
ウクライナ屈指のリゾート地「黒海の真珠」オデッサで見ておきたい観光スポット4選
廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真
ウクライナにある世界一ロマンチックなトンネル『恋のトンネル』