歴史的美術館が見どころの芸術の街「ロシア・サンクトペテルブルク」で見ておきたいスポット10選

サンクトペテルブルクはロシア連邦の北西部、ネバ川の河口に位置する港湾都市。1703年に港と要塞を築いたところから創建、その後のロシア首都時代を経た現在は文化芸術の街として知られ、観光客の数では首都モスクワを上回っているとの声も。今回はそんなサンクトペテルブルクの中でも特に見どころが集中する旧海軍省エリア、目抜き通りとなるネフスキー大通りのスポットを見ていきましょう。

世界最大規模の教会建築「聖イアサク大聖堂」

世界最大規模の教会建築「聖イアサク大聖堂」

image by iStockphoto

1858年に帝政ロシアのシンボルとして建設された大聖堂で、高さ101.5m、収容人数1万4000人は世界の教会建築で最大規模。
48本の円柱が立てられた入り口を入ると、モザイクによって描かれた壁画や大理石、孔雀石が使われた装飾が見えてたいへん豪華。
描かれた絵の中で最も有名なものが「聖母マリアの栄誉」で「ポンペイ最後の日」を生み出したカルル・ブリュロフ作。
ステンドグラス「キリストの復活」も大きな見どころとなっています。
ドームの部分は展望台になっていてらせん階段を登って行くことが可能なため、街並みをぜひ眺めてみては。
住所:St Isaac’s Square, 4, Sankt-Peterburg,

image by iStockphoto

image by iStockphoto

聖イサアク大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖イサアク大聖堂
名称(英語) Saint Isaac’s Cathedral
住所 St Isaac’s Square, 4, Sankt-Peterburg
営業時間・開場時間 10:30 – 18:00, 水曜休館
利用料金や入場料 250ルーブル, 学生50ルーブル
参考サイト http://cathedral.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖イサアク大聖堂のスポットページ

クリーム色の美しい建物「旧海軍省」

クリーム色の美しい建物「旧海軍省」

image by iStockphoto

アドミラルチェーイスカヤ駅・ネフスキー大通りからトロリーバスでネヴァ川沿いに向かった、エルミタージュ美術館とテカブリスト広場の間に建つクリーム色の建物。
1704年に造船所が建設されて以来の歴史を持つ海軍の本庁舎で、現在の建物は建築家アンドレヤン・ドミートリエヴィチ・ザハーロフ設計で1823年に完成。
建物となりに建っているピョートル大帝の「青銅の騎士」とともに観光名所・サンクトペテルブルクの象徴とされており、尖塔の頂上に風見鶏が特徴的。
内部に入ることはできませんが、外観からかつての海軍の姿を思い浮かべてみては。
住所:St.Admiralteiskaya, St.Peterburg







image by iStockphoto

旧海軍省の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧海軍省
名称(英語) Admiralteyskaya
住所 Kirpichnyy per., 3, Sankt-Peterburg, Leningrad Oblast
営業時間・開場時間 入場不可
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.saint-petersburg.com/buildings/admiralty/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧海軍省のスポットページ

サンクトペテルブルク随一の宮殿「エルミタージュ美術館」

サンクトペテルブルク随一の宮殿「エルミタージュ美術館」

image by iStockphoto

アドミラルチェーイスカヤ駅近くにある世界屈指の美術館であり、サンクトペテルブルク随一の宮殿でもあります。
1762年に完成したバロック様式の冬宮殿、小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュの4つで構成されており、1764年にエカテリーナ2世がベルリンの商人から225点の美術品を購入したことから歴史が始まりました。
現在の収蔵数はティツィアーノやレンブラントの作品など約300万点で、すべての部屋を回った総距離は20km以上とされる大きさ。
全ての作品を見るのであれば2日は予定を取っておいた方が良いでしょう。
住所: Dvortsovaya Square, 2, St. Petersburg 190000, Russia

image by iStockphoto

次のページでは『ロシア美術の歴史を一度に見られる「国立ロシア美術館」』を掲載!
次のページを読む >>