巨匠が生まれたリゾート地を尋ねる、スペイン「マラガ」の旅行

情熱の国として、毎年多くの観光客を魅力し続けているスペイン。マドリードやトレドといった多くの観光都市がありますが、今回は歴史上において常に重要な海であった地中海に面するマラガというリゾート地の魅力についてご紹介します。

歴史の長さはトップクラス

歴史の長さはトップクラス
このマラガという街は、紀元前1000年頃に生まれたとされており、スペイン国中もですが、世界中の街の中でもトップクラスの長い歴史を持つ街でもあります。

地中海のビーチを楽しもう

地中海のビーチを楽しもう
リゾート地と呼ばれるだけあって、1番大人気の場所はビーチです。
仲間や家族と楽しむのもいいですが、周辺には大砲といった歴史的なものが点在しており、それらも忘れず見ておきましょう。

巨匠の小さな美術館

マラガで生まれた有名人として代表されるのが、絵画の巨匠と言われるパブロ・ピカソです。
この街にあるピカソ美術館はこじんまりとしていますが、どの作品もここでしか見ることが出来ない貴重な絵画ばかりです。






賛否両論の伝統競技

賛否両論の伝統競技
スペインと伝統競技といわれて、1番思いつくのがやはり闘牛です。
このマラゲータ闘牛場では今でも巧みな技で観客を楽しませてくれます。
しかし、近年では動物愛護の視点から、廃止すべきという声があがっており、スペイン全土で闘牛自体が減少しています。

白い街で楽しく散策

白い街で楽しく散策
マラガの街並みは、主に白い外壁による洗練された伝統ある雰囲気を今でも残しています。
カメラを片手に散策して、自分なりの気になるスポットを沢山写真に収めましょう。

大聖堂を訪れるなら日曜日で

大聖堂を訪れるなら日曜日で
マラガ市内で非常に目立つ巨大な大聖堂を訪れる際は、日曜日を狙いましょう。
なぜなら、日曜日はキリスト教の儀式であるミサが行われる日であり、通常は有料である入場料もこの日だけは無料で見学することができるためです
次のページでは『渓谷にある絶景の橋』を掲載!
次のページを読む >>