スペイン観光なら次はここ!「グラナダ」で見たい絶景10選

8世紀、スペイン南部イベリア半島はイスラム王朝であるウマイヤ朝により占領されそれから約780年間イスラム支配下となりました。中でも現在のアンダルシア州にあるグラナダは最後のイスラム王朝として1492年に降伏するまでの250年間存続し、繁栄を極めてきました。その栄華はアルハンブラ宮殿に代表されるイスラム建築という形で残されており素晴らしい景観を作り出しています。そんなヨーロッパに残るイスラム文化が美しいグラナダで見られる絶景をご紹介していきます。

赤い城塞 アルハンブラ宮殿

赤い城塞 アルハンブラ宮殿

image by iStockphoto / 55683710

グラナダを語る上でアルハンブラ宮殿は欠かせない存在となっています。
スルタン(王)の住む宮殿であるとともに軍隊や厩舎など、またモスクや浴場を要する城塞としての機能も持ち合わせていました。
グラナダ南東部の丘の上にあり、宮殿として拡張される前は軍事要塞としてこの場所は使われていました。

イベリア半島最後のイスラム王朝であるナスル朝時代に様々な建物が増築されナスル朝の全盛期にほぼ現在の形に。
この増築の際、夜を徹して作業が進められそのかがり火の灯りが宮殿を赤く染めていたことからアラビア語で「赤い城塞」を意味するアル=ハムラーが転じてアルハンブラと名付けられました。

image by iStockphoto / 99900077

アルハンブラ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルハンブラ宮殿
名称(英語) Alhambra
住所 Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada
営業時間・開場時間 火曜-土曜 9:00-18:00 , 日曜 9:00-15:30
利用料金や入場料 一般チケット 14ユーロ ,12歳以下無料
参考サイト http://www.alhambra-patronato.es/index.php/Home/1472+M5d637b1e38d/0/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アルハンブラ宮殿のスポットページ

イスラム建築の至宝

イスラム建築の至宝

image by iStockphoto / 18087789

ナスル朝時代に拡大していったアルハンブラ宮殿は他のイスラム建築同様の建築様式で作られていきました。
石はほとんど使用されておらず、壁はレンガや練土で築かれた上にタイルや漆喰が施されています。
柱や屋根は木造となっており全体的にもろい建材で作られています。
多くの建物が並ぶ間にはパティオと呼ばれる中庭が設けられています。
イベリア半島におけるイスラム建築物がレコンキスタ後も破壊されず今にその姿を残していることは他に類を見ない大変貴重な存在となっています。

キリスト教文化の建築物

キリスト教文化の建築物

image by iStockphoto / 76942489

ナスル朝グラナダ王国は1492年、内乱に乗じたスペイン・カスティリア王国によって包囲されイベリア半島最後のイスラム王朝はその姿を消すことになります。
その後キリスト教文化圏となりその直後にはカルロス5世の避暑の別荘として自身の名を付けた宮殿をグラナダに建設することになりました。
ルネサンス様式の宮殿には円形の中庭が設けられるなど周囲のイスラム様式とは異なる様相を呈しています。
残念ながら建設途中でカルロス5世は亡くなり建設自体も途中で止まってしまったため現在でも未完のままとなっています。








スルタンの別荘 ヘネラリフェ離宮

スルタンの別荘 ヘネラリフェ離宮

image by iStockphoto / 62682332

アルハンブラ宮殿のある丘の北側、谷をはさんで向かい側の太陽の丘にあるヘネラリフェ離宮。
14世紀初頭、ムハンマド3世の治世期に作られた夏の別荘でした。
1931年から始まった改修工事により現在の姿となりましたが、この地域におけるイスラム建築物の中で最も保存状態の良いものの一つとなっています。
アルハンブラ宮殿同様、内部にはパティオ(中庭)が設けられており、特にこの離宮内にあるアセキアのパティオでは縦長の池を花壇や柱が囲み、アーチ状に吹き出る噴水が特徴となっており美しい景観を楽しむことができます。

貴婦人の庭園 パルタル庭園

貴婦人の庭園 パルタル庭園

image by iStockphoto / 10494331

アルハンブラ宮殿の一画に池を中心に緑と花で飾られたパルタル庭園が広がっています。
この場所は元々優雅な住居や宮殿が集まっていたエリアで、今でもその名残として街路や貯水槽の跡を見ることができます。
アラビア語で「屋根のある柱廊」を意味するパルタルという名前は元は宮殿だった貴婦人の塔を差していましたが、次第にこの庭園の名になっていったそうです。
またパルタルには出産という意味もあり女性の為に作られた庭園とも考えられています。
美しく計算され配置された池や花壇はアルハンブラ宮殿内で最も美しいと称される庭園となっています。

アルハンブラのハーレム ライオン宮

アルハンブラのハーレム ライオン宮

image by iStockphoto / 85238047

12頭のライオン像の口から水が流れる噴水が特徴のパティオを中心にした邸宅跡は称してライオン宮と呼ばれています。
この場所はスルタン(王)の居住エリアとなっており、当時はスルタン以外の男性が入ることを許されていなかったハーレムでした。
中庭を囲む建物には124本もの細い大理石の柱が並び、上部のアーチ部分にはとても繊細な漆喰装飾が施されています。
偶像崇拝が禁止されているイスラムにおいて発展した幾何学模様の漆喰装飾はムカルナスと呼ばれています。
また天井に描かれた10人の王も見所の一つとなっています。
次のページでは『難攻不落の要塞 アルカサバ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

スペインの記事を見る

スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
新大陸発見以前のスペインを知っていますか?レコンキスタの足跡を巡るスペイン7つの街
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
スペイン観光なら次はここ!「マヨルカ島」で見たい絶景10選
コスタリカ観光なら次はここ!「サンホセ」で見たい絶景10選
スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選
地中海を望む美しい街並み。スペイン「ネルハ」で見たい絶景10選
西へ西へと航海し世界一周を達成!世界周航初の達成者マゼラン艦隊の軌跡を追う
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ