スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選

スペイン北西部にあるレオン州の県都です。古くはローマ軍団第6軍団によって建設され、第7軍団が長くキャンプを張り、後にレオン王国の歴史をたどります。1983年カスティーリャと合併しカスティーリャ・イ・レオン州となり、その中でレオン県の自治が行われています。13万人を超える人口があり、キリスト教会関連の建築記念物が多いのです。レオンでの絶景10選を紹介します。

青い空にそびえる威厳あるレオン大聖堂

青い空にそびえる威厳あるレオン大聖堂

image by iStockphoto

カトリック教会のレオン大聖堂です。
フランス古典的ゴシック様式を伝えていてサンタ・マリア・デ・レグラとも呼ばれます。
19世紀に行われた修復工事中に基礎にはローマ軍団第7軍団の大規模な浴場の遺構が発見されているのです。
最初にオルドーニョ2世が王宮を建てたのですが、死後そこに葬られベネディクト会派によって教会が維持されるようになりました。
フェルナンド1世は聖母マリアに捧げられるロマネスク様式を用いて再建をしています。

レオン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称レオン大聖堂
名称(英語)Catedral de León
住所Plaza Regla, s/n, 24003 León
営業時間・開場時間9:30−13:30, 16:00−19:00(冬期) 9:30−13:30, 16:00−20:00(夏期)
利用料金や入場料大聖堂6ユーロ 博物館5ユーロ
参考サイトhttp://www.catedraldeleon.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レオン大聖堂のスポットページ

美しいサンタマリアデゼゴビア大聖堂

美しいサンタマリアデゼゴビア大聖堂

image by iStockphoto / 87667961

カスティーヤレオンのゼゴビアにあるサンタマリアゼゴビア大聖堂です。
ゴシック建築様式を伝えていて1985年にゼゴビア旧市街とローマ水道橋の名のもとに世界遺産に登録されています。
薄い橙色のレンガでできていて夜間に照明を浴びると金色に輝いて見えます。
大聖堂の貴婦人とも呼ばれるこの教会内部はステンドグラスや彫刻がすばらしいですね。
1525年から250年の歳月をかけて建設されているのです。

サンタマリア・デ・ゼゴビア大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称サンタマリア・デ・ゼゴビア大聖堂
名称(英語)Catedral de Segovia
住所Plaza Mayor, s/n, 40001 Segovia
営業時間・開場時間9:30−18:30(日曜は13:15から,冬期は17:30まで)
利用料金や入場料3ユーロ, 塔5ユーロ
参考サイトhttp://www.turismodesegovia.com/que-ver/monumentos/catedral/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンタマリア・デ・ゼゴビア大聖堂のスポットページ

レオン王家の代々の王が眠るサンイシドロ教会

レオン王家の代々の王が眠るサンイシドロ教会

image by iStockphoto

レオンのセント・ドミンゴ広場から北方面に伸びる道を行くと出てきますよ。
この教会は代々のレオン王家の霊廟があります。
入り口が一般向けのものと、ライオンの贖罪用の入り口があります。
この巡礼を最後にする人はその入り口から入るのですね。
ロマネスク様式の傑作と言われて内部の造りが素晴らしいですが、霊廟の天井画は最も人気のあるところです。
王の石棺が並ぶ部屋もあり、歴史の重厚さを実感します。

サン・イシドロ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称サン・イシドロ教会
名称(英語)Basílica de San Isidoro
住所Plaza San Isidoro, 4, 24003 León
営業時間・開場時間10:00−14:00, 16:00−19:00(季節により異なる)
利用料金や入場料5ユーロ
参考サイトhttp://www.museosanisidorodeleon.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サン・イシドロ教会のスポットページ

夜間の照明が映えて趣のあるマヨ―ル広場

夜間の照明が映えて趣のあるマヨ―ル広場

image by iStockphoto

スペインのどの街にもあるマヨ―ル広場、大広場という意味ですね。
旧市街の東側にあって旧市庁舎の3階建ての建物がとても美しいです。
夜の照明を受けるとなおさらに静寂さとムードがありますね。
レストランのテラスでは昼間の喧騒もどこへやら、パラソルの下でテーブルと椅子たちが夜の帳を静かに過ごしています。
どこかの貴婦人がお1人でワインを注文しているのでしょうか。


マヨ―ル広場の住所・アクセスや営業時間など

名称マヨ―ル広場
名称(英語)Plaza Mayor
住所Plaza Mayor, 24003 León
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.visitaleon.com/plaza-mayor
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マヨ―ル広場のスポットページ

マヨ―ル広場にあるテアトロ・フアン・ブラボー劇場

カスティーリャレオンのセゴビアにあるマヨ―ル広場に面したテアトロ・フアン・ブラボー劇場です。
1918年10月から営業されている劇場ですね。
1階にカフェがあり、とても人気のあるお店ですよ。
パエリヤやローストチキン、軽食もパスタやドリンク類が安く飲食できますよ。
何といっても静かで落ち着ける場所です。
昼間は広場に訪れる人が多いので店内の座席がいいかもしれませんね。

フアン・ブラボー劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称フアン・ブラボー劇場
名称(英語)Teatro Juan Bravo
住所Plaza Mayor, 6, 40001 Segovia
営業時間・開場時間公演による
利用料金や入場料公演による
参考サイトhttp://www.teatrojuanbravo.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フアン・ブラボー劇場のスポットページ

白い屋根のアスンシオン大聖堂

白い屋根のアスンシオン大聖堂

image by iStockphoto

とても美しい大聖堂です。
荘厳なイメージの礼拝堂はもちろんのこと建物内部にはニカラグアの芸術家の作品やアンディ・ウォーホールなど現代美術と宗教芸術をふんだん見ることができます。
さらに屋根に登って見る景色が素晴らしいのですよ。
屋根の構造物がすべて白亜の漆喰で整備されていて、まるでそらの雲の上から地上を見下ろしているかのような錯覚に陥ります。

ゴシック建築様式の大聖堂内のアトリウム

ゴシック建築様式の大聖堂内のアトリウム

image by iStockphoto

カスティーヤレオンにあるゴシック建築様式のカトリック信仰を勧める大聖堂のアトリウムです。
高い天井から真っすぐに垂れ下がっているかのような花崗岩の柱はとても繊細で、側面から太陽光を浴びることで光り輝き、まるで天から降り注ぐ雨かシルクのカーテンのようにさえ感じます。
聖母マリア像を正面にして廊下を歩くと厳かな雰囲気がじんわりと感じられて気持ちも不思議に落ち着いてくるものですよ。

関連記事を見る

スペインの記事を見る

スペイン観光なら次はここ!「マヨルカ島」で見たい絶景10選
コスタリカ観光なら次はここ!「サンホセ」で見たい絶景10選
地中海を望む美しい街並み。スペイン「ネルハ」で見たい絶景10選
西へ西へと航海し世界一周を達成!世界周航初の達成者マゼラン艦隊の軌跡を追う
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
スペイン観光なら次はここ!「ビルバオ」で見ておきたい博物館・美術スポット7選
スペイン第3の都市「バレンシア」で見たい博物館・美術スポット8選
芸術作品多く残る「マドリード」で見たい博物館・美術スポット8選
F.C.バルセロナの伝説がここに。サッカーファンなら「カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー」は必見!
激闘が見れる!スペインにあるサッカースタジアム「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」
歴史的情景の中で思い出のひとときを。スペイン・マラガ観光の見どころ