中世の世界へタイムスリップ出来る街、イギリス「カンタベリー」

ヨーロッパのリーダー的存在として名高いイギリス。ロンドンといった発展した都市が多くあるといったイメージがあるかもしれませんが、イギリスにも他のヨーロッパ諸国と同様に、中世の雰囲気が残る街があります。今回はイギリスにおける古都カンタベリーを紹介します。

閑静な物語の街

閑静な物語の街
カンタベリーは首都ロンドンから電車で1時間弱で行ける閑静な街です。
中世の頃に書かれたカンタベリー物語は、非常に有名な古書であり、今でも多くの方が愛読しています。

イギリス最古の大聖堂

イギリス最古の大聖堂
カンタベリーを代表する観光スポットとして、第一に挙げられるのが世界遺産のカンタベリー大聖堂です。
イギリス最古の大聖堂といわれており、イギリス国教会というキリスト教の一派の総本山でもあります。

長い歴史を感じられる内部

長い歴史を感じられる内部
カンタベリー大聖堂の内部は非常に広く、荘厳な空間となっています。
また、細部の装飾はどれも長い歴史を感じられるものとなっており、心と身体が落ち着かせる場所でもあります。

大聖堂を訪れる前に

大聖堂を訪れる前に
カンタベリー大聖堂を訪れる前に立ち止まって欲しい場所として、「天国への門」があります。
この門は大聖堂の入り口にあり、訪れる観光客を暖かく歓迎してくれています。






元々は城壁に囲まれていた

元々は城壁に囲まれていた
昔のカンタベリーは城壁に囲まれていた街であり、今でも街周辺は当時の城壁の一部が残っています。
数百年経っていますが、非常に重厚で当時のおいては鉄壁の城壁だったのではと思えますね。

イギリスにおけるキリスト教の出発点

イギリスにおけるキリスト教の出発点
城壁の外にある聖アウグスティヌス修道院跡は、イギリスへキリスト教を広めた出発点ともいえる重要な遺跡です。
現在では一部しか残っていませんが、当時の大きな修道院の面影を感じることが出来ます。

のんびりとした川下り

のんびりとした川下り
カンタベリーの街中を散策するのに忘れてはならないのが川下りです。
手漕ぎのボートに乗ってのんびりと川沿いの街並みを見ることができ、夫婦やカップルにはおすすめです。
次のページでは『カフェで素敵なブレイクタイム』を掲載!
次のページを読む >>