天空の城ラピュタの舞台になった”ウェールズ地方”

スタジオジブリ  宮崎駿監督が製作した『天空の城ラピュタ』映画の内容はもちろんですが、描かれている“青い海”“荒涼な大地”に“石造りの街並み”が実際に存在するということなので、ご紹介いたします。

ウェールズ地方はこんなところ

ウェールズ地方はイギリスの首都ロンドンから西に約200km、ウェールズの大きな都市 カーディフまでは電車で2時間程の場所にあります。
この地方は、国土の大部分が山地で、海に囲まれています。
のどかで癒されますね。
牛を飼っていたシータの家らしき風景が広がり、主人公たちが走っている姿が目に浮かびます。
この地域にはケルト人によって伝えられた“ウェールズ語”という言語があり、英語と並んで公用語として、現在でも使われているようです。
シータの家に伝わる言葉も、このようなところからインスピレーションされたのでしょうか?






ラピュタを彷彿とさせるお城

ラピュタに出てきたお城はポウィス・カッスル&ガーデンをモデルにしているそうです。

緑、石造り、色合い…目の前にロボット兵が出てきても おかしくないラピュタの世界が目の前に広がります。
この庭園は、イタリアン・ガーデン・テラスのスタイルでウェールズで最も美しいとされています。
しかも、なんと東京ドーム2個以上の広さがあります!ガーデニングの本場としても有名なイギリスですので、花を愛でるイギリス人たちの文化も見ることが出来ますね。
雨が多い地域ですので、晴れの日を狙って行きましょう。

世界遺産にも登録されているブレナヴォン

素敵な庭園を見学した後は、南東部に位置するブレナヴォンへ向かいましょう。
この街は鉄産業で繁栄し、世界遺産にも登録されています。
次のページでは『世界遺産 カーナーヴォン城』を掲載!
次のページを読む >>