イングランド西部の温泉街、バースに今すぐ行きたい9の理由

バースはイングランドの西部にある、古くから温泉で親しまれている街です。街そのものが世界遺産にも登録されています。イギリスで「温泉」とはなんとも珍しいですが、日本人からみると親しみが持てる街ですね。

歴史を感じるバースの大浴場

バースにある温泉は、紀元前から利用されていたともいわれているほど、歴史があるものです。
さらにバースという名前は、お風呂のbathからとられたという説もあるほど、温泉にゆかりのある街なのです。
イギリスでは、ロンドンの次に有名な観光地でもあります。

THE ROMAN BATHSの住所・アクセスや営業時間など

名称 THE ROMAN BATHS
住所 Roman Baths,Abbey Church Yard,Bath BA1 1LZ
営業時間・開場時間 現地時間 1月-2月9:30-17:00 3月-6月9:00-17:00 7月-8月9:00-21:00 9月-10月9:00-17:00 11月-12月9:30-17:00
利用料金や入場料 大人15.00ポンド 6歳-16歳9.50ポンド
参考サイト http://www.romanbaths.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

THE ROMAN BATHSのスポットページ

見てビックリ、これは何?不思議な堰

パラディアン橋とよばれる3径間のアーチ橋の下に流れるエイボン川には、ユニークなデザインの堰があります。
堰を落水していく水の美しい様子が、芸術的ですね。
絵葉書になりそうな景色は、思わず見とれてしまいそうです。

まるでテルマエロマエ、ローマンバス博物館

ローマ式の大浴場が圧巻のローマンバス博物館。
今も温泉がわき出している姿を目の当たりにすることができます。
博物館では、温泉のほかに展示品もあり、当時の建物のつくりや歴史なども学べるため見ごたえは十分です。

The Roman Bathsの住所・アクセスや営業時間など

名称 The Roman Baths
住所 Stall Street, Bath BA1 1LZ, England
営業時間・開場時間 9:30-18:00(1-2月・11-12月) 9:00-18:00(6-3月・9-10月) 9:00-22:00(7-8月) 
利用料金や入場料 大人 15.00ポンド 子供(6-16歳)9.50ポンド 高齢者(65歳以上)13.25ポンド  
参考サイト http://www.romanbaths.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

The Roman Bathsのスポットページ

そびえ立つ塔が目印のバス寺院

ローマンバス博物館からも見える塔を持つこの建物が、バス寺院です。
ゴシック様式の建物は、“天井までのはしごをのぼっている”という、天使の装飾が目につきます。
中に入ると扇状の天井が広がり、美しいステンドグラスも楽しめる博物館です。







Bath Abbey (バス寺院)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Bath Abbey (バス寺院)
住所 12 Kingston Buildings Bath BA1 1LT
営業時間・開場時間 月曜日:9:30~17:30 火曜日~金曜日:9:00~17:30 土曜日:9:00~18:00 日曜日:13:00~14:30/16:30~17:30
利用料金や入場料 入場料の指定はないが寄付として大人:£2.50 子供:£1.00 が必要
参考サイト http://www.bathabbey.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bath Abbey (バス寺院)のスポットページ

半楕円形のテラスハウス、ロイヤル・クレセント

ロイヤル・クレセントは、左右対称の三日月形をした建物です。
この建物は住居で、30戸の住宅の連なりで作られています。
現在、一部が高級ホテルとして使用され、残りは一般住居として使われているというから、驚きですね。

ロイヤル・クレセント1番地の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロイヤル・クレセント1番地
住所 No. 1 Royal Crescent, Bath, BA1 2LR, UK
営業時間・開場時間 Monday – 12.00 – 17.30pm Tuesday to Sunday (and Bank Holidays) – 10.30am and 17.30pm Last entry is 16.30pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://no1royalcrescent.org.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロイヤル・クレセント1番地のスポットページ

楽しめるのは名所だけではない

この街の建物は、バース・ストーンとよばれる乳白色の石灰岩でつくられているので、まるでおとぎ話の世界のような光景です。
裏通りの小道を通ってみたり、ストリートカフェでお茶をしてみたりと自由に街をブラブラとお散歩してみるのもおすすめです。

昼だけじゃない、夜の景色もロマンティック

日が落ちて薄暗くなってきたころ、建物に備え付けられた街燈から放たれる光が灯されます。
温かみのあるオレンジ色の光が白い壁を照らす光景は、とてもロマンティック。
有名な名所もライトアップされるので、昼とは違う夜街の景色を楽しんでください。
次のページでは『ステキな街でストリートカフェ体験』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで