あ、これRPGゲームで見たやつ!イギリスの城「コーンウィー城」

ヨーロッパの古城といえば、おとぎ話にでてくるようなロマンチックなものから、厳めしく荘厳な印象のものまでさまざま。まるで映画の世界から飛び出してきたかのような古城は、多くの旅人を惹きつけるものです。そこで今回は、数あるヨーロッパの古城のなかからイギリスの「コーンウィー城」にフォーカスを当てていきます。石造りの荘厳なお城をみれば、きっと心の中の「旅欲」が疼くはず。

まるでRPGの世界! 難攻不落の要塞

まるでRPGの世界! 難攻不落の要塞

image by iStockphoto / 26819503

コーンウィー城は、イギリスのウェールズ地方北部に位置する石造りのお城です。
13世紀にウェールズ地方を侵略したイングランド王・エドワード1世によって建てられました。
一説によると、ウェールズ地方は世界でも多くの古城が密集している土地とされているそう。
そんな「古城のメッカ」にあるお城らしく、コーンウィー城のたたずまいも荘厳で歴史を感じさせます。
1986年には、「グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁」として世界遺産にも登録されました。

image by iStockphoto / 84830563

中世ヨーロッパ伝統の建築物

中世ヨーロッパ伝統の建築物

image by iStockphoto / 25961173

コーンウィー城は、中世ヨーロッパの伝統的なお城の形式を残しています。
城壁の範囲は約3キロに及び、その高さは9メートル前後。
この堅牢な城壁に加え、21もの半円形の塔も有しています。
この堅牢さから、コーンウィー城は戦いの舞台となることも度々だったそうです。
お城の周囲には、ボートが行き来し巨大な橋もかかるコーンウィー川や深い緑をたたえた山々などが要塞を見守るようにして残っています。
塔に登ればお城を囲む雄大な自然を一望でき、爽やかな気分になれること間違いなしです。

image by iStockphoto / 70291509







2つの国の歴史が深く絡み合う

2つの国の歴史が深く絡み合う

image by iStockphoto / 37003984

前述したように、コーンウィー城は13世紀のイングランド王、エドワード1世によって建てられたお城です。
エドワード1世は、「ウェールズ地方における拠点」という意図を持ってこのコーンウィー城を建築したとされています。
つまり、ウェールズ地方侵略のためにこの荘厳で堅牢なお城を築いたと考えられているんですね。
こうしたいきさつがあるため、コーンウィー城はウェールズとイングランドという、2つの国の複雑な歴史が深く関わるお城でもあるのです。
歴史好き・世界史好きの方であれば、ぜひとも訪れてほしいスポットです。
 

image by iStockphoto / 25967377

中世の城壁は、今でも街をぐるりと囲む

中世の城壁は、今でも街をぐるりと囲む

image by iStockphoto / 47259488

コーンウィー城は、その歴史上ウェールズ人とイングランド人、2つのコミュニティーを隔てていた城壁だとも考えられます。
城壁で囲まれた街には、エドワード1世がイングランドから呼び寄せたイングランド人の商人や技術者、職人が多く住んでいたといわれています。
この形状は現在でもみることができるため、コーンウィー城とその城壁に囲まれた街はいわゆる「城郭都市」としての顔も持っているのです。
お城自体を見学し終えたら、かつての城郭都市をぶらりと歩いてみるのもいいかもしれませんね。

次のページでは『歩いて登って、絶景を楽しむ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで