シェイクスピアゆかりの名所を厳選!ストラトフォード・アポン・エイヴォンの観光情報まとめ

イングランド中部・ウォリックシャーの美しい田園の中にたたずむ街ストラトフォード・アポン・エイヴォンは、イギリスの誇る劇作家・詩人で没後ちょうど400年を迎えたウィリアム・シェイクスピアの故郷として世界中にその名を知られています。今回はその偉大な文学者ゆかりの主なスポットを取り上げ、その素晴らしい才能を育んだ風光明媚な街の魅力の一端を紹介します。

中世のマーケット・タウン、ストラトフォード

中世のマーケット・タウン、ストラトフォード

image by iStockphoto

ストラトフォード・アポン・エイヴォンは現在は人口約25,000人の小さな町ながらその起源を7世紀にまでさかのぼる歴史を持ち、中世には商業都市として栄えていました。
シェイクスピアは誕生から20代初めにロンドンに出るまでと、50歳ごろに引退して亡くなるまでの数年間とをこの町で暮らしました。

image by iStockphoto

ストラトフォードの街はウォリックシャーの豊かな自然の中にあり、その名のとおりエイヴォン川のほとりに面し古代ローマ時代の街道も通るなどイングランド中部の交通、流通の中心でした。
この街からはオックスフォードやマンチェスター、グロスターなどの都市やコッツウォルズの村々など近郊の見どころにも簡単に足を伸ばすことができます。

image by iStockphoto

ストラトフォードの街には年間約500,000人もの観光客が訪れにぎわっていますが、中心部を少し離れるとエイヴォン川にボートが浮かび緑の木々が生い茂るのどかなひと時を味わうことができます。

ストラドフォード・アポン・エイヴォンの住所・アクセスや営業時間など

名称ストラドフォード・アポン・エイヴォン
名称(英語)Stratford-upon-Avon
住所Stratford-upon-Avon CV37, United Kingdom
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.stratford-upon-avon.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ストラドフォード・アポン・エイヴォンのスポットページ

故郷の街を見守るシェイクスピアの像

故郷の街を見守るシェイクスピアの像

image by iStockphoto

エイヴォン川沿いにある公園、バンクロフト・ガーデンに建つシェイクスピアの銅像。
政治家としても活躍した彫刻家ロナルド・ガウアーによって1888年に造られ、彼の代表作の一つです。


image by iStockphoto

シェイクスピアを取り囲むようにハムレット、マクベス夫人などシェイクスピアの作品に登場する代表的なキャラクターの像が置かれています。

シェイクスピア像の住所・アクセスや営業時間など

名称シェイクスピア像
名称(英語)Gower Memorial
住所69 National Cycle Rte 41, Stratford-upon-Avon CV37
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.pmsa.org.uk/pmsa-database/5553/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シェイクスピア像のスポットページ

シェイクスピアが生まれ育った家

シェイクスピアが生まれ育った家

image by iStockphoto

ストラトフォードのヘンリ・ストリート沿いにあるシェイクスピアの生家(バースプレイス)は19世紀に復元されたものですが、家具や小物にいたるまでシェイクスピアとその家族が過ごしていた当時の雰囲気を再現しています。
内部ではシェークスピアの父が手掛けていたという革手袋作りの実演なども行われています。

image by iStockphoto

庭の花壇にはシェイクスピアの時代に栽培されていた草花が植えられています。
見学時間によっては、この庭や家の2階で当時の衣装に身を包んだ俳優たちによって『ロミオとジュリエット』などのシェイクスピアの戯曲の一場面が即興で演じられているのを見ることができます。

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
元住民が解説!ロンドン観光完璧ガイド
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで
アメリカが大勝利した独立戦争って、近代ヨーロッパにも大きく貢献した世界的な歴史なんです
イギリスの現代美術館「アルバート・ドック」の行き方、料金や営業時間は?
世界遺産の中にある!イギリスの近代美術館「テート・リヴァプール」の行き方、料金や営業時間は?
イギリス旅行なら「リヴァプール博物館」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史