活気あふれるショッピング街や歴史建築「イングランド・リーズ」で訪れたいスポット8選

イングランド・ウェスト・ヨークシャー地方にあるシティ・オブ・リーズの中心地である街リーズ。14世紀以降に毛織物、綿織物産業で発展したこの街は産業革命の進展により運河、鉄道も開通。現在は金融経済の発展によりショッピング街や家族連れに人気の公園が充実、ヨーロッパで注目度の高い観光都市とされています。今回はそんなイングランド・リーズので見るスポット8選を見ていきましょう。

ヴィクトリア朝建築の傑作・リーズ市庁舎

ヴィクトリア朝建築の傑作・リーズ市庁舎

image by iStockphoto / 25266112

リーズ駅から徒歩10分の場所にある市庁舎で、1853年から1858年にかけてハル出身の建築家カスバート・ブロドリックが建設、ヴィクトリア女王によって落成されました。
黄色みを帯びた灰色が特徴的なゴシック・バロック融合型の外観はヴィクトリア朝建築物の中でも傑作との評価も。
また市庁舎開館を祝って行われた音楽祭は1985年まで行われたリーズ音楽祭へと発展、世界的音楽団である「リーズ音楽祭合唱団」もここから誕生していることでも有名です。

image by iStockphoto / 42781164

リーズ市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 リーズ市庁舎
名称(英語) Leeds Town Hall
住所 Town Hall The Headrow, Leeds LS1 3AD, England
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.leeds.gov.uk/townhall/Pages/default.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リーズ市庁舎のスポットページ

高級なショッピング街・ヴィクトリアリーズ

高級なショッピング街・ヴィクトリアリーズ

image by iStockphoto / 62350556

リーズ駅から徒歩10分の場所にあるショッピングストリートで、カウンティアーケード、クロスアーケード、クイーンビクトリア·ストリート&キングエドワードストリートの3ブロックに渡るエリア。
アーケードは「イングランドで最も美しい」ガラス張りの高級感あふれる雰囲気で、エリア内はポールスミスなどのファッションブランド、ハーヴェイニコルズ(イギリスを拠点に展開する百貨店)やチョコレートのお店がズラリ。
ストリートは普通の人でも出入り可能で、何かを買う予定が無くても歩くだけで楽しい気分を味わえます。







ヴィクトリアリーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィクトリアリーズ
名称(英語) Victoria Leeds
住所 George Street | 44 Victoria Gate, Leeds LS2 7AU, England
営業時間・開場時間 9:30-20:00
利用料金や入場料 店による
参考サイト https://www.victorialeeds.co.uk
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヴィクトリアリーズのスポットページ

活気あふれる庶民の市場・カークゲートマーケット

活気あふれる庶民の市場・カークゲートマーケット

image by iStockphoto / 20873312

リーズ駅から徒歩10分、中心部のヴィカー・レーンにある有名なマーケット。
エドワード朝時代の1822年に建設された庶民の市場で、通りには新鮮な野菜や肉、生活用品などが並び、いつも活発な声が飛んでいます。
1884年にマイケル・マークスが開いた「ペニーバザール」という小さな店が後に世界的有名チェーン店「マークス&スペンサー」に発展したことでも知られ、現在はマークス&スペンサーの「ヘリテージショップ」で発展までの歴史を知ることができます。

次のページでは『赤レンガのレトロなキャンパス・リーズ大学』を掲載!
次のページを読む >>