ビートルズファンならぜひ訪れたい!イングランド・リヴァプールにあるビートルズゆかりのスポット8選

ビートルズファンならぜひ訪れたい!イングランド・リヴァプールにあるビートルズゆかりのスポット8選

イングランドの首都ロンドンから電車で約2時間20分、北西部・マージーサイド州の中心都市リヴァプール。ここは誰もが知る世界的ビッグバンド・ビートルズを生んだ都市であり、街の中に「リヴァプール・ジョン・レノン空港」が存在するなど現在も人々の心に刻まれています。今回はそんなイングランド・リヴァプールで見ておきたいビートルズゆかりのスポットを見ていきましょう。

デビュー前の活動拠点「キャヴァーン・クラブ」

デビュー前の活動拠点「キャヴァーン・クラブ」

image by iStockphoto

マシューストリートにあるナイトクラブ。
デビュー前にビートルズがここを拠点にライブ活動を行なっていたことで知られ、後のマネージャーとなるブライアン・エプスタインと出会ったのもこの場所、ファンの間では聖地とされている。
ビートルズが出演していた当時のクラブは1973年に取り壊され、現在のクラブは2代目の建物。
入り口や内装はビートルズ出演当時の様子を再現しており、バンドの生演奏が楽を楽しむことができます。
クラブの反対側にはビートルズゆかりのパブであるキャヴァーン・パブがあり、レンガの壁にはもたれるジョンの像が。
ビールを楽しみながら伝説始まりの地を堪能してみては。

image by iStockphoto / 43149154

いわずとしれたビートルズがデビュー前に、拠点にしていたライブハウス。もちろん今でもバンドの生演奏が楽しめます。中は熱気がむんむんとしていますが、ビール片手にビートルズの演奏を聴くと、この場所だからこそ特別な気持ちになれます。
引用元:片手にビールを – ザ キャバーンクラブの口コミ – トリップアドバイザー

キャヴァーン・クラブの住所・アクセスや営業時間など

名称キャヴァーン・クラブ
住所10 Mathew St, Liverpool L2 6RE
時間10:00 – 深夜
料金無料 – 5ポンド(曜日・時間により異なる)
URLhttps://www.cavernclub.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キャヴァーン・クラブのスポットページ

名曲の元ネタになった「ペニー・レイン」

名曲の元ネタになった「ペニー・レイン」

image by iStockphoto

ノーザン鉄道リバプールライムストリート(Liverpool Lime Street)駅から車で15分ほどの場所にある通りは、1967年2月に発表した「ペニー・レイン」の元ネタになっている場所。
かつてジョンが住んでいた場所であり、この言葉の響きを気に入ったポールが過ぎ去りし日々を思い出し作ったとされています。
曲中にはこの場所近くにある床屋や銀行が登場しており、小さい通りながら曲の世界観を感じにくるファンが後を絶ちません。
通りには数枚の看板が存在しますが、そのうちの1枚はファンが残した落書きでいっぱいになっているもの。
ファンの曲に対する思い入れの強さが感じられるでしょう。
住所:Penny Lane, Liverpool

image by iStockphoto


image by iStockphoto

続いて車で5分ほどの場所にあるのが、このペニーレイン。通りの名前です。実際に立ってみると、なんとも感慨深い。場所はこちら。小さな通りです。看板は何枚もあるのですが、うち1枚は手書き。落書きだらけですが、それでもペニーレインは健在です。それにしても、彼らの歌は本当に身近なことを歌っていたんだなあと。
引用元:ホープストリートからペニーレイン。あの日のビートルズに出合うリバプール街歩き その1 #cx2britain | [イギリス/英国] のエアロプレイン

ペニー・レインの住所・アクセスや営業時間など

名称ペニー・レイン
住所Penny Lane, Liverpool
時間24時間
料金無料
URLhttp://www.visitliverpool.com/explore-the-city/top-spots/penny-lane
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペニー・レインのスポットページ

ジョンが幼少期を過ごした「メンディップス」

ジョンが幼少期を過ごした「メンディップス」

image by iStockphoto

リヴァプール郊外メンローブ・アべニューにあるこの家はジョンが幼少期を過ごした「メンディップス」という家で、家の正面に「ジョンレノンの家」というプラークが飾られています。
ジョンの母ジュリアの姉メリー(ミミ伯母さん)夫妻の家であり、1946年に両親が離婚したことからジョンはここで引き取られることに。
ここでポールと曲作りや練習を続け、ロンドンに移り住んだ1963年まで過ごしました。
現在はナショナルトラストの管理で公開されており、見学にはツアー予約が必要。
数々のヒット曲が生み出された雰囲気を感じてみましょう。
住所: 251 Menlove Ave, Liverpool L25 7SA

image by iStockphoto

1946年ジョンの両親が離婚した後、ミミ伯母さん夫妻のこの家で暮らしました。幼少時代から音楽に目覚めてビートルズを結成し、最初の妻シンシアと結婚、ジュリアンを出産して、1963年にロンドンに移るまで過ごしました。この家で初期の楽曲ができたのかと思うと感激します。今はナショナルトラストが管理しているので、こちらに申し込んだら見学できるのでしょうか?家の正面に青い銘板ブルー・プラーク「ジョンレノンの家」が飾られているのでお見逃しなく。
引用元:ペニー・レイン通り