ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂「王立裁判所」


王立裁判所の住所・アクセスや営業時間など

名称王立裁判所
名称(英語)Royal Courts of Justice
住所Strand, London WC2A 2LL England
営業時間・開場時間平日 9:30-16:30
利用料金や入場料無料 / 見学ツアー(要予約):12ポンド
参考サイトhttps://www.gov.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

王立裁判所のスポットページ

法学の伝統が息づくテンプル地区

法学の伝統が息づくテンプル地区

image by iStockphoto

王立裁判所からフリートストリートを渡ってほど近くにあるテンプル教会は、テンプル騎士団のイングランド本部として1185年に創建された貴重な円形教会です。
この教会をはじめテンプル騎士団がさまざまな団の関連施設を建設したことにちなんで、周辺の地域はテンプルと呼ばれるようになりました。

image by iStockphoto

教会の堂内には騎士たちの像がかたどられた墓が並びます。
ここの礼拝堂は大ヒット小説そして映画『ダ・ヴィンチ・コード』にも登場することで世界にも知れ渡りました。
現在のテンプル教会はミドル・テンプルとインナー・テンプルの2つの法曹院(イギリスの法廷弁護士の育成・認定を行う組織)によって運営維持されています。

image by iStockphoto

現在のテンプル地区はイギリスの中世からの伝統を持つ法曹院などが存在する法曹養成の地として名高く、その法曹院の1つであるミドル・テンプルには1574年に建てられたミドル・テンプル・ホールがあります。
映画の撮影によく使われるほか、シェイクスピアの作品の舞台にもなった歴史ある建物として愛されてきました。



ミドル・テンプルに隣接するインナー・テンプルはセント・ポール大聖堂などを手がけたクリストファー・レンによって設計され1680年頃に建てられた「キングズ・ベンチウォーク」と呼ばれる建物などで有名です。
このインナー・テンプルも数々の小説や映画の舞台になっています。

テンプル教会の住所・アクセスや営業時間など

名称テンプル教会
名称(英語)Temple Church
住所Temple, London EC4Y 7BB England
営業時間・開場時間10:00-16:00 (日により異なります)
利用料金や入場料5ポンド(高齢者・学生 3ポンド),16歳以下 無料
参考サイトhttp://www.templechurch.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テンプル教会のスポットページ

王立裁判所の背後に控える由緒ある法の学び舎

王立裁判所の背後に控える由緒ある法の学び舎

image by iStockphoto

王室裁判所の北側、カムデン区ホルボーンにあるリンカーンズ・インは記録によれば1442年にはすでにこの地に存在する施設です。
ほかの法曹院と同じく誰でも無料で自由に出入りができ、おもに15世紀後半から17世紀にかけての貴重な建築や美しい庭園を見学できます。

image by iStockphoto

リンカーンズ・インなどの法曹院の敷地内や周囲には15世紀ごろから相次いで造られた荘厳な建物が並び、ロンドンの真ん中とは思えない落ち着いた静かな雰囲気が漂います。

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
古代ミステリーから近代建築まで!イギリス世界遺産を全部解説
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
元住民が解説!ロンドン観光完璧ガイド
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで