ビートルズファンならぜひ訪れたい!ロンドンにあるビートルズゆかりの観光地

1962年のデビューから半世紀以上を経た現在でも世界的な人気を誇るイギリスのロックグループ、ザ・ビートルズ。そのビートルズは8年ほどの活動期間に日本の東京も含めた世界の各地を飛び回りましたが、やはり公私ともに主な活動の場所はイギリスの首都ロンドンでした。今回の記事ではそのロンドンに残るビートルズゆかりのスポットを紹介します。

世界一有名なスタジオと横断歩道、アビー・ロード・スタジオ

世界一有名なスタジオと横断歩道、アビー・ロード・スタジオ

image by iStockphoto

ビートルズの曲のほとんどが創り上げられた、まさにビートルズの聖地とも言うべき場所。
建物は1831年に住宅として造られましたが1931年にEMIの前身であるグラモフォン社によって購入されスタジオに改築されて以来、ビートルズをはじめイギリスの名だたるオーケストラやミュージシャンの録音場所となり、現在でも現役のスタジオとして使用されています。

image by iStockphoto

スタジオはセント・ジョンズ・ウッドの閑静な住宅街の中にあり、ジョージ王朝風建築のタウンハウスとして造られた瀟洒な外観はロックミュージックとは一見相容れないような印象もありますが、生粋のイギリスらしい雰囲気が漂います。
ビートルズは主にこのアビー・ロード・スタジオの第2スタジオを使用し、数々の名曲の録音を行いました。

image by iStockphoto

ビートルズの最後のレコーディングアルバムとなった『アビー・ロード』のジャケット撮影場所として世界的な名所となった、アビー・ロード・スタジオ前の横断歩道。
アルバムジャケット撮影から41年後の2010年12月にイギリスの文化遺産として指定されました。

image by iStockphoto

この横断歩道には常に世界中から訪れたファンが『アビー・ロード』のジャケットのビートルズを真似て横断する姿を撮影する様子が見られます。
道路の両脇の黄色いランプの付いたポールは「歩行者優先」の印で、歩行者が合図すれば必ず車が止まってくれます。






image by iStockphoto

スタジオの前の門や壁はファンのメッセージや落書きで埋め尽くされています。
これらは3ヶ月おきに一度塗りつぶされるそうです。

アビー・ロード・スタジオから5分ほど、最寄りのセント・ジョンズ・ウッド駅の構内にある「ビートルズ・コーヒーショップ」はビートルズ関連のグッズを豊富に販売しているカフェ。
アビー・ロード・スタジオ前を訪問の際にはこちらに立ち寄って一服がおすすめです。

ビートルズ主演映画の舞台、メリルボーン駅 

ナショナル・レールとロンドン地下鉄が交差、バーミンガムへの始発列車が運行し多くの利用客でにぎわうメリルボーン駅。
1964年公開のビートルズ主演映画『ハード・デイズ・ナイト(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)』のロケ地として有名です。
次のページでは『伝説のライブの舞台、ロンドン・パラディウム・シアター』を掲載!
次のページを読む >>