ウクライナ屈指のリゾート地「黒海の真珠」オデッサで見ておきたい観光スポット4選

ウクライナ南部・オデッサ州にある街・オデッサ。黒海に面したこの街はロシア帝国時代に要塞として築かれたあと、経済・文化の交流拠点として発展。その後1917年にはロシア革命の舞台にもなり、現在は温暖な気候の保養地として有名な街になりました。今回は黒海に面する「黒海の真珠」ウクライナ・オデッサの観光スポットを紹介します。

東欧屈指の名門劇場「オデッサオペラ劇場」

東欧屈指の名門劇場「オデッサオペラ劇場」

image by iStockphoto

オデッサ国立歌劇場は1887年に建設された東欧屈指の名門劇場で、文化都市・オデッサのシンボル的存在とされています。
外観はウィーンの建築家であるフェルディナンド・フェルナーとヘルマン・ ヘルマーが設計を手がけたもので、曲線と彫刻が組み合わさった造りは圧倒的な存在感。
イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニの「トゥーランドット」はこの劇場の代表的演劇であり、ぜひチェックしておきたいところです。

image by iStockphoto

キエフにある国立オペラ・バレエ劇場にも負けないくらいの立派な建物です。
観光地が近くにたくさんあるので、歩いて回れますが、ここだけに行くなら駅からトロリーバスで近くまで行くことができます。
正面が道路なので、歩道からでもきれいな写真を撮れます。
4travel.jpより

image by iStockphoto

さすが,旧ソ連ではオペラ・バレエ劇場が立派で,ここも外観も内装もひじょうに立派でした.外観は,曲線をうまく使い,彫刻なども施された堂々とした雰囲気です.遠くからでも結構目立ちます.内部は見学ツアーがあります.4travel.jpより

Odessa State Academical Opera and Ballet Theatreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Odessa State Academical Opera and Ballet Theatre
住所 Tchaikovsry str, 1, Odessa 65000
営業時間・開場時間 11:00~14:00、15:00~19:00
利用料金や入場料 公演内容による
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/ukraine/odessa/kankospot/10421684/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Odessa State Academical Opera and Ballet Theatreのスポットページ

黒海の古代史を知る「オデッサ考古学博物館」

黒海の古代史を知る「オデッサ考古学博物館」

image by iStockphoto

古代ギリシャ風の外観が特徴的なこの建物は、1825年に設立されたオデッサ考古学博物館。
ウクライナ科学アカデミー所有の考古学博物館で、オペラ劇場の近く・ランジェロン通りにあります。
館内は古代ギリシャ時代の陶器やガラス器など、16万点にも及ぶコレクションが収められており、黒海北岸の古代史を学ぶには最適と言える内容。
ちなみに館内は撮影することは可能ですが、その際に撮影料が必要となる点は注意が必要です。







image by iStockphoto

image by iStockphoto

それに対し、素晴らしかったのが「オデッサ考古学博物館」でした。
こちらはウクライナ科学アカデミーの傘下であり、おそらくウクライナの考古学関連施設としては屈指の存在ではないかと思われます。
何しろ、このあたりは、遊牧民のスキタイ人が暴れ回り、またギリシャ人が黒海沿岸に植民都市を築いたところですので。
その関連の展示が、圧巻でした。
もっとゆっくり見たかったんですが、入館した時には閉館時間の5時まで1時間ちょっとしかなく、あせって駆け足で見ました。
服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪より

オデッサ考古学博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 オデッサ考古学博物館
住所 Lanzheronovskaya St, 4, Odessa, Ukraine
営業時間・開場時間 現地時間 10:00-17:00 月曜店休日
利用料金や入場料 50グリブナまたは30グリブナ
参考サイト http://archaeology.odessa.ua/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オデッサ考古学博物館のスポットページ

オデッサ最初の建築物「救世主顕栄教会」

オデッサ最初の建築物「救世主顕栄教会」

image by iStockphoto

オデッサ発祥の地とされている「大聖堂広場」に建っている教会。
1794年のオデッサ建設時に初めて建てられた建築物で、 完成当初は木製の「ロシア正教会の聖ニコラス教会」という名前でした。
現在の名前になったのは1808年の改築時で、その後1936年にスターリンによって跡形もなく破壊されてしまいます。
その後1999年から再建を開始し、2003年にかつての形に完全修復されました。
現在大聖堂内にはオデッサの建設者ミハイル・ヴォロンツォフ伯爵の遺体が収められており、大聖堂近くには2006年に再建された彼の銅像もあります。
次のページでは『不思議な感覚を味わおう「ポチョムキンの階段」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ウクライナ
ヨーロッパ
建築
絶景

関連記事を見る

ウクライナの記事を見る

ウクライナ、民族と国の絡みあい、苦難の歴史
チェルノブイリ原発事故のシンボルとも言われる『プリピャチ遊園地』
ツアーも人気!キエフ観光で楽しむウクライナの魅力。治安は?絶景スポットは?
神はここにいたか…ルーマニアで見れる幻想的な絶景5選
廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真
ウクライナにある世界一ロマンチックなトンネル『恋のトンネル』