ツアーも人気!キエフ観光で楽しむウクライナの魅力。治安は?絶景スポットは?

キリスト教聖地の一つであり、東ヨーロッパで最も古い都市であるウクライナ・キエフ。10世紀に始めてキリスト教の聖堂が建設され12世紀半ば頃には東ローマ帝国の協力もあり教会数は400を超えるようになっていました。その後数々の政治闘争や戦争により聖堂や教会を含めた都市の多くが破壊されてしまいましたが様々な援助により現在の姿まで復興を遂げてきました。そんな中世ビザンツ文化を色濃く残したキエフの街で出会える絶景をご紹介していきます。

キエフの象徴

キエフの象徴

image by iStockphoto / 85863337

ウクライナを含めた東ヨーロッパ諸国にとって最も重要なキリスト教聖堂の一つである聖ソフィア大聖堂は11世紀始め頃建設されたと言われています。
13世紀半ばまでこの地の支配者の儀式や結婚式、諸外国要人の迎賓としても使用され、キリスト教と権力の象徴とされてきました。
また聖堂内には大学もあり歴史編纂事業も行われていたそうです。

13世紀に入ると戦災により大きな損害を受けたものの15世紀後半から始まった大規模な修復工事により今の姿となりました。
元々ビザンツ様式で建設されていましたが補修工事の際外装のみウクライナ・バロック様式となっています。

image by iStockphoto / 26947314

聖ソフィア大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ソフィア大聖堂
名称(英語) Saint Sophia\’s Cathedral, Kiev
住所 Volodymyrska St, 24, Kyiv
営業時間・開場時間 9:00 – 19:00
利用料金や入場料 60ウクライナ・フリヴニャ
参考サイト http://n.sophiakievska.org/en/home/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ソフィア大聖堂のスポットページ

悲運の大聖堂

悲運の大聖堂

image by iStockphoto / 100043861

1990年、聖ソフィア大聖堂とともに世界遺産リストに選出されたキエフ・ペチェールシク大修道院は1051年に建設されました。
この修道院内で最も大きい聖堂であるウスペンシキイ大聖堂は第二時大戦時、爆破されてしまいます。
ソビエト連邦崩壊後、現在の姿に修復されましたがこの事件の真相は長い間伏せられてきました。
爆破はソ連のスパイによって行われましたが当時この地を制圧していたナチスドイツによるものと報じられ、ソ連のドイツに対するプロパガンダに利用されました。

image by iStockphoto / 92352655








ペチェールシク大修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペチェールシク大修道院
名称(英語) Pechersk Lavra Monestry
住所 Lavrska St, 15, Kyiv
営業時間・開場時間 8:00 – 19:00(Apr-Oct), 9:00 – 18:00(Nov-Mar)
利用料金や入場料 60ウクライナ・フリヴニャ
参考サイト http://www.lavra.ua/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペチェールシク大修道院のスポットページ

破壊と復元の歴史

破壊と復元の歴史

image by iStockphoto / 88753713

黄金のドームを持つ建築物が多いキエフにおいて聖ミハイール修道院はそのシンボルとなっています。
12世紀初頭にビザンツ様式の聖堂として建設され中世のキエフの中で最も大きい教会の一つでした。
14世紀に至るまで幾度となく損害を受けましたが17世紀に入るとキエフ主教庁の中心として拡大していくことになります。
ロシア革命後の1934年以降、ボリシェビキの政策により内部の文化財はロシアに移り、建物も共産党施設建設のため破壊されてしまいました。
70年の時を経て、2004年までには修道院の再建とロシアに持ち出されていた文化財の返還が終わり現在では教会と合わせて博物館としても利用されています。

聖ミハイール修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ミハイール修道院
名称(英語) St. Michael\’s Golden-Domed Monastery
住所 Triokhsviatytelska St, 8, Kyiv
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00, 月曜休館
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.archangel.kiev.ua/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ミハイール修道院のスポットページ

ウクライナ・キリスト教伝来を称えた教会

ウクライナ・キリスト教伝来を称えた教会

image by iStockphoto / 103722693

キエフの丘陵地帯上部に位置する聖アンドリーイ教会は1754年、イタリア人建築家の設計により建設されました。
この場所はキエフ大公国時代、キリスト教を国教としたウラジーミル1世の街があった場所であり、その名も初めてウクライナにキリスト教を伝えたと言われている使徒アンドリーイから取られています。
20世紀初頭、ソ連支配下時には宗教弾圧により閉鎖され無神論博物館として使用されていました。
ウクライナの独立後は徐々に教会としての機能が復活し2008年には正式にウクライナ独立正教会の所有となりました。

聖アンドリーイ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖アンドリーイ教会
名称(英語) St. Andrew\’s Church
住所 Andriivs\’kyi descent, 23, Kyiv
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://andriyivska-tserkva.kiev.ua/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖アンドリーイ教会のスポットページ

キエフの礎

キエフの礎

image by iStockphoto / 58984734

988年、キエフ大公国の王ウラジーミル1世はキリスト教を国教に定め、東ローマ帝国との協力関係の下ビザンツ文化を取り入れるなど自国の繁栄に大きく貢献しました。
この地にキリスト教が伝来して900年後、1896年に記念として完成した大聖堂にはその功績を称え聖ヴォロディーミル大聖堂(ウラジーミルのウクライナ語読み)と名付けられました。
一流の建築家が集められ新ビザンツ様式で建設され内部は豪華な壁画やモザイク画で彩られています。
聖アンドリーイ教会同様、一時的には無神論博物館となった時期がありましたが今ではウクライナ正教会の中心的な役割を担っています。
次のページでは『キエフの入口』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ウクライナの記事を見る

ウクライナ、民族と国の絡みあい、苦難の歴史
チェルノブイリ原発事故のシンボルとも言われる『プリピャチ遊園地』
神はここにいたか…ルーマニアで見れる幻想的な絶景5選
ウクライナ屈指のリゾート地「黒海の真珠」オデッサで見ておきたい観光スポット4選
廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真
ウクライナにある世界一ロマンチックなトンネル『恋のトンネル』