ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選

ニューヨークのお土産ならこれ!という事で、数ある商品の中から、お土産として喜ばれるであろう様々な人気商品をご紹介。せっかくだから、NYっぽい物を!人とは違ったお土産がいい!お土産選びも人それぞれ…今回ご紹介する商品の中に、きっとぴったりのお土産がありますよ!






ニューヨークってどんなところ?

ニューヨークってどんなところ?

image by PIXTA / 24709823

アメリカ国内で最大の都市、ニューヨーク。
太平洋に面しており、広大なニューヨーク港を持つ都市で、常に時代の最先端を行く、オシャレな都市。
エンパイアステートビルをはじめ、自由の女神、メトロポリタン美術館、ロックフェラーセンターなど、世界的に有名な観光地がある事でも知られています。
多くの移民、様々な人種が住んでいるNYでは、様々な志向の商品が多く、お土産選びは至難の業!どれが流行り?売れ筋?そんなあなた必見です!

#1 最先端好きのニューヨーカーの間でも大人気!「アボカドマヨネーズ」

アボカドのオイルから作られた、サーケンジントンの「アボカドマヨネーズ」は、ヘルシー&オーガニック大好きのニューヨーカーも認める、新しいマヨネーズ。
元々、日本のマヨネーズよりもあっさりとしたアメリカのマヨネーズですが、アボカド独特のまろやかさもあり、様々な料理にぴったり!商品が、我が国日本に来日するなり、雑誌などにも取り上げられ大人気となっている一品。

ホール・フーズ・マーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホール・フーズ・マーケット
名称(英語) Whole Foods Market Union Square
住所 4 Union Square South, New York, NY 10003
営業時間・開場時間 7:00−23:00
利用料金や入場料 Sir Kensington\’s Avocado Oil Mayonnaise, 16 oz 10.29ドル
参考サイト https://sirkensingtons.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホール・フーズ・マーケットのスポットページ

#2 ニューヨークで一番美味しい!食べるのが勿体ないほど綺麗なチョコレート!

スティック・ウィズ・ミー・スイーツのチョコレートは、食べるのが勿体ない!飾っておきたい!そんな声も多く聞かれる、その見た目の美しさは、期待を裏切らない美味しさ!種類がとても多いので、選ぶのも楽しい!

スティック・ウィズ・ミー・スイーツの住所・アクセスや営業時間など

名称 スティック・ウィズ・ミー・スイーツ
名称(英語) Stick With Me
住所 202 Mott St, New York, NY 10012
営業時間・開場時間 10:30−20:00
利用料金や入場料 6 PIECE BOX 25ドル-
参考サイト https://www.swmsweets.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スティック・ウィズ・ミー・スイーツのスポットページ

#3 可愛い魔女が目印「ファットウィッチベーカリー」

ファットウィッチベーカリー ブラウニーニューヨーク限定12個入り | ケーキ・洋菓子 通販

ファットウィッチベーカリー ブラウニーニューヨーク限定12個入り | ケーキ・洋菓子 通販

魔女のアイコンが特徴的なFat Witchブラウニー。 NY店で人気のオリジナル・ブロンド・ダブルチョコ・レッド・ウォルナッツ・スノーの6種が2個ずつセットになった商品です。

image & description by Amazon

Amazonで見る

濃厚なブラウニーが特に人気の「ファットウィッチベーカリー」は、ニューヨーカーの間で大人気。
パッケージに描かれた、ちょっとぽっちゃりな魔女が可愛く、お土産に最適なデザイン。
甘いもの好きにはたまらない一品。

ファットウィッチ・ベーカリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ファットウィッチ・ベーカリー
名称(英語) Fat Witch Bakery
住所 Chelsea Market, 75 9th Ave, New York, NY 10011
営業時間・開場時間 9:00−21:00(日曜は20:00まで)
利用料金や入場料 8 Big Witch Sampler Tin 39ドル
参考サイト http://www.fatwitch.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ファットウィッチ・ベーカリーのスポットページ

#4 日本には無いお洒落なデザインが嬉しい!「エコバッグ」

ニューヨーク土産の中で、人気が高いのが「エコバッグ」だってご存知ですか?お洒落な街ニューヨークならではの色鮮やかで可愛いデザインが多いのが魅力。
エコバッグと侮るなかれ、デザイン性の高さから、日常持ち歩いても違和感のなく、むしろオシャレ度アップ!特に女性に喜ばれる一品。







PIQの住所・アクセスや営業時間など

名称 PIQ
名称(英語) PIQ Rockefeller Center
住所 74 West 50th Street, New York, NY 10112
営業時間・開場時間 9:00−22:00(Sun-Wed), 9:00−23:00(Thu), 9:00−24:00(Fri,Sat),
利用料金や入場料 LOQI Tote Bag 10.95ドル
参考サイト https://www.loqistore.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

PIQのスポットページ

#5 オーガニックコスメを格安で!「ホール・フーズ・マーケット」

日本では、まだまだグルテンフリー、オガーニックの食品、コスメが少ないのですが、NYにある「ホール・フーズ・マーケット」では、簡単に、そして手軽に手に入ります。
食品を土産物として選ぶには、その多くが、乾物や瓶詰に絞られてしまいますが、コスメならどうでしょう?子供から大人まで安心して使えるオーガニックコスメは、お土産として高い人気を誇ります。
実用的でもあり、喜ばれること間違いなしのオーガニックコスメをお土産として選ばない手はありません!

ホール・フーズ・マーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホール・フーズ・マーケット
名称(英語) Whole Foods Market Union Square
住所 4 Union Square South, New York, NY 10003
営業時間・開場時間 7:00−23:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.wholefoodsmarket.com/stores/unionsquare
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホール・フーズ・マーケットのスポットページ

#6 可愛くて低価格!まとめ買いにおすすめ「マークバイマークジェイコブス」

マークバイマークジェイコブスの魅力は、高いデザイン性にも関わらず、低価格であること。
男女問わず、ブレスレットや、キーチェーンがお土産として人気。
女性向けの商品で特に人気なのは、ブレスレットとして使えるヘアゴムで、見た目も可愛く、ばらまきのお土産として買われています。
お洒落にうるさいニューヨーカーが認める、高いデザイン性、買わなきゃ損?!

マークバイマークジェイコブスの住所・アクセスや営業時間など

名称 マークバイマークジェイコブス
名称(英語) Marc Jacobs New York
住所 113 Prince St, New York, NY 10012
営業時間・開場時間 11:00−20:00, 12:00−19:00(Sun)
利用料金や入場料 Poodle Pearl Cluster Ponys 35ドル
参考サイト https://www.marcjacobs.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マークバイマークジェイコブスのスポットページ

#7 女性におすすめ!ニューヨークで長年愛される「キールズ」

ニューヨークで調剤薬局として創業した「キールズ」は、160年以上続く、スキンケア・ヘアケア・ボディケア商品を扱う超人気店。
日本国内でも人気が高い為、お土産として贈れば喜ばれること間違いなし!女性へのお土産で迷ったら、絶対おすすめ!

キールズの住所・アクセスや営業時間など

名称 キールズ
名称(英語) KIEHL’S – FLAGSHIP
住所 109 3rd Avenue, New York, NY 10003
営業時間・開場時間 10:00−21:00(Mon-Fri), 10:00−18:00(Sat), 11:00−19:00(Sun)
利用料金や入場料 Healthy Skin Starter Kit 52ドル-
参考サイト http://www.kiehls.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キールズのスポットページ

#8 あの有名人が愛用!?どんな香りか気になる「クリグラー」

「クリグラー」は、モナコとニューヨーク、世界に2店舗しかないという店。
グレース・ケリーやオードリー・ヘプバーンも愛用したと言われるクリグラーの香水、どんな香りなのか気になりませんか?ニューヨークのクリグラーには、日本人の店員さんもいるので安心してお買い物ができます。
香水の他にも、石鹸やアルマキャンドルなども売られているので、自分好みの香りを見つけてみては?
次のページでは『忘れちゃいけない!NYと言えばこれ!「M&M’s」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

お土産
アメリカ
北米

関連記事を見る

お土産の記事を見る

おいしい熱海お土産はこれ!全部食べて決めた熱海温泉のお土産ランキングTOP10
おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15
伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
【表参道のお土産・手土産】おしゃれな街ならではのスイーツ目白押し。おすすめお土産10選