原宿のお土産ならこれ!絶対外れないスイーツ&雑貨のお土産10選

東京観光で「原宿」を選ぶ方も多いはず。若者文化の代表格である原宿には、地元に持って帰って自慢したいお土産もたくさんありますよ。スイーツや雑貨から、おすすめのお土産を10点ご紹介します。

原宿ってどんなところ?

原宿ってどんなところ?

image by PIXTA / 31325420

東京都渋谷区にある原宿の街。
主に原宿と呼ばれるのは、駅周辺から表参道周辺までの事。
ポップでキュート!個性的で可愛いお店が多く並び、若者の街として知られていますね!若者が多く、ちょっと遊びに行きにくい…なんて感じてしまう大人も多いかもしれませんが、可愛いだけではなく、お洒落なカフェなども多いので、大人でも意外に楽しめるはず!

#1 微熱山丘 SunnyHills「パイナップルケーキ」

表参道駅から少し行ったところにある「微熱山丘SunnyHills」で売られているパイナップルケーキは、お土産に大人気!完熟したパイナップルを使用したパイナップルケーキは、素朴ながらも美味だと好評です。
パッケージもシンプルながらもオシャレなので、お土産にぴったり! 

微熱山丘SunnyHillsの住所・アクセスや営業時間など

名称 微熱山丘SunnyHills
住所 東京都港区南青山3丁目10−20
営業時間・開場時間 11:00−19:00
利用料金や入場料 パイナップルケーキ(5個入) 1,500円〜
参考サイト http://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

微熱山丘SunnyHillsのスポットページ

#2 DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN「日替わりスイーツ」

ドミニクアンセルベーカリーは、表参道にあるスイーツ店。
若い人を中心に人気で、原宿土産としても定番。
中でも「クロナッツ」という商品のフレーバーは、1種類のみ。
毎月変わるフレーバーですが「同じフレーバーは二度と作らない!」というのがこちらのお店の特徴!そのため、何度行っても飽きが来ないのでおすすめ!








DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDOの住所・アクセスや営業時間など

名称 DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDO
住所 東京都渋谷区神宮前5丁目7−14
営業時間・開場時間 10:00−19:00
利用料金や入場料 クロナッツ 1個648円
参考サイト http://dominiqueanseljapan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDOのスポットページ

#3 日本初の新感覚スイーツ!anovan「生ブッセ」

メレンゲを使用したふんわりブッセが大人気な生ブッセ専門店「anovan」は、日本で初めての生ブッセ専門店。
1つ1つ手作業で作られた生ブッセは、優しい甘さ、口どけの良さは抜群!お土産にすると喜ばれる一品です!

anovanの住所・アクセスや営業時間など

名称 anovan
住所 東京都渋谷区神宮前4-26-22
営業時間・開場時間 11:00−20:00
利用料金や入場料 生ブッセ 1個300円〜
参考サイト http://anovan.tokyo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

anovanのスポットページ

#4 焼きたてが食べられる!PABLO表参道「チーズケーキタルト」

カフェが併設されている、チーズケーキタルト専門店「PABLO表参道店」では、季節ごとに食べられる限定のタルトもあり、お土産としても大人気!見た目もオシャレなので主に女性を中心として人気なようですね!センスの良いお土産を探しているならおすすめの一品です。
次のページでは『トッティキャンディファクトリー原宿店「綿菓子」』を掲載!
次のページを読む >>