歴史|おすすめおでかけ&観光スポット

歴史の記事一覧です。おすすめ観光スポットやおでかけスポット、絶景・世界遺産の情報が集まる旅行情報サイトwondertrip[ワンダートリップ]。
wondertripでは様々な世界遺産や絶景を紹介していますが、世界各国の「歴史地区」も、人気の世界遺産として認知されています。歴史カテゴリでは、世界各地の歴史地区のもつ「歴史」についてクローズアップします。

国宝の数々を生み出した水墨画の巨匠!雪舟っていったいどんな人物なの?

国宝の数々を生み出した水墨画の巨匠!雪舟っていったいどんな人物なの?

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は日本が世界に誇る水墨画家「雪舟の歴史」をご紹介します。世界から高い評価を受けている雪舟image by PIXTA / 3296586現在の山口県には世界に誇る水墨画の巨匠がいました。この人が...

観光ガイド概要

  • 世界から高い評価を受けている雪舟
  • 雪舟は武家に生まれたエリート?
  • 涙で描いた鼠
  • 山口へと移り住む雪舟
  • 中国へ渡り本格的な水墨画を学ぶ雪舟
  • 中国から帰国した雪舟
  • 神格化された雪舟
  • 日本が世界に誇る雪舟は今でも日本人の心のどこかに息づいています

「国宝の数々を生み出した水墨画の巨匠!雪舟っていったいどんな人物なの?」の続きを読む

日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史

日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史

ロシア中南部にある三日月形の湖、バイカル湖をご存じでしょうか? その景色の美しさと、ありのままに残っている自然の貴重さが認められて世界遺産に登録された湖なのですが、日本人の起源はバイカル湖周辺から来たもの、という説もあるそうです。一言、「ロシアにある湖です」と言うと一見われわれ日本人とは関係なさそうに思えますが、もしかしたら起源がそこにあるかも…なんて、なんだか親しみをおぼえませんか? そんなバ...

観光ガイド概要

  • バイカル湖が持つさまざまな記録 
  • 数値から見ても壮大さがわかるバイカル湖
  • バイカル湖、特筆すべき三つの世界一
  • バイカル湖周辺の自然や生物
  • バイカル湖の成立と自然
  • バイカル湖は悪魔の湖? 危険な水域の存在
  • モンゴルの文化と歴史が深いバイカル湖
  • モンゴル皇帝チンギス・カンのルーツ
  • バイカル湖畔に住むブリヤート人と日本人の関係
  • バイカル湖のほとりに育ったブリヤート共和国
  • ロシア・ブリヤート共和国の歴史
  • バイカル湖に面している町
  • バイカル湖東のウラン・ウデ
  • ウラン・ウデとロシアのチベット仏教
  • ソ連により迫害されていた全ての宗教文化
  • 歴史的出来事とともに歌われたバイカル湖
  • バイカル湖のほとりに若い革命家の悲劇が歌われた
  • 革命運動の火付け役となった反乱
  • バイカル湖に最も近い大都市、イルクーツク
  • シベリアのパリ、イルクーツク
  • 漂流した日本人たちがたどりついた街
  • バイカル湖にまつわる恐ろしい伝説
  • 25万人の人々が亡くなった悲劇の歴史
  • シベリアの旅路の果てに
  • 広大なロシアを横断するシベリア鉄道
  • シベリア鉄道の楽しみ
  • シベリア鉄道の建設とバイカル湖
  • バイカルからアムール川流域をつなぐ路線、バム鉄道
  • 日本列島よりも長いバム鉄道
  • ソビエト連邦の動向を反映した鉄道建設
  • ロシアを代表する湖、バイカル湖をおとずれてみませんか?

「日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史」の続きを読む

リオ五輪の開会式はここ!ブラジルで日々激闘が繰り広げられるサッカースタジアム「マラカナン・スタジアム」

リオ五輪の開会式はここ!ブラジルで日々激闘が繰り広げられるサッカースタジアム「マラカナン・スタジアム」

世界中で圧倒的な人気を誇り多数のファンを抱えるスポーツ・サッカー。日本にも各地にサッカースタジアムが存在し熱い戦いが繰り広げられていますが、世界には長い歴史を歩んできたサッカースタジアムが存在し、その地の観光地になっていることもあります。今回はそんな世界のサッカースタジアムから、ブラジルにある「マラカナン・スタジアム」を見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • マラカナン・スタジアムとは
  • 最大の事件・マラカナンの悲劇とは
  • 2014年のワールドカップでも会場に
  • 大規模コンサートの会場にもなる
  • 選手の足形が残る「カウサーダ・ダ・ファーマ」
  • ブラジルサッカーの歴史を知るミュージアム
  • ブラジルサッカーの歴史を目で確かめる

おすすめ観光スポット

マラカナン・スタジアム(外部サイト)
住所:Av. Pres. Castelo Branco, Portão 3 - Maracanã, Rio de Janeiro - RJ, 20271-130

「リオ五輪の開会式はここ!ブラジルで日々激闘が繰り広げられるサッカースタジアム「マラカナン・スタジアム」」の続きを読む

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

中国の四川省北部の山中にある九寨溝(きゅうさいこう)。その神秘的な景観から、世界自然遺産に登録され、また近年では中国西部随一の観光スポットとしておおくの観光客がおとずれています。「こんな景色は見たことがない」「生きているうちに見れてよかった」と、満足度もたかい景勝地です。今回はこの九寨溝の成り立ちと見どころ、そしてそこに暮らすチベットの人々の歴史を紹介しましょう。...

観光ガイド概要

  • 九寨溝ってどんなところ?
  • 九寨溝ってなに?どこにあるの?
  • 九寨溝の見どころは?
  • 九寨溝の自然はどうやってつくられた?
  • かつて九寨溝は海の底だった
  • 透明度が高いのは炭酸カルシウムのおかげ
  • 九寨溝の歴史はチベットと中国のまざりあい
  • 九寨溝周辺のチベット部族、羌と氐
  • 古代中国の歴史に深くかかわった羌と氐
  • 中世・近代の九寨溝の歴史は……
  • チベット仏教がおこり、浸透していく
  • 中国の「内地」となった九寨溝
  • 現代になってやっと九寨溝が「発見」される
  • 中国のチベット支配と九寨溝の「発見」
  • 九寨溝の自然保護と観光地化
  • 世界でここだけ?トリプルスリーの栄冠をもつ九寨溝
  • 「世界自然遺産」と「生物圏保全区域」に登録される
  • 「グリーングローブ21」にも認定される
  • 九寨溝のおススメの見どころ
  • 撮影スポット「諾日朗瀑布」、九寨溝一絶の「五花海」
  • 広大な「長海」、あざやかな「五彩池」、盆栽のような「盆景灘」
  • 九寨溝に行くなら動植物や近くの見どころも堪能しよう
  • 九寨溝のめずらしい動植物
  • 黄龍や松州古城にも足をのばそう
  • 九寨溝へのアクセスと宿泊
  • 九寨溝へのアクセスは成都経由がおススメ
  • 九寨溝にはホテルがいっぱい
  • 九寨溝を観光するときに気をつけること
  • いちばん混雑するのは10月初め
  • 気になる高山病は……
  • 一生にいちどは九寨溝の絶景を見なくっちゃ!

「一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ」の続きを読む

鎌倉観光の前に読みたい!なぜ「源頼朝」は鎌倉幕府を開いたのか?

鎌倉観光の前に読みたい!なぜ「源頼朝」は鎌倉幕府を開いたのか?

年号を語呂合わせで覚えた記憶がある方は多いのでは。1192年(いい国作ろう)に鎌倉幕府は源頼朝によって開かれた、というのが長らく小中学校で習う日本史の常識でしたね。最近では、この年号に少し動揺があるのです。平安時代と鎌倉時代をはっきり線引きすることなど、そもそも不可能なこと。ただ、清和源氏の嫡流である源頼朝が朝廷から征夷大将軍に任命され、鎌倉に幕府を開いた事実は、間違いありませんね。頼朝の先祖で征...

観光ガイド概要

  • 保元の乱で勝利し、平治の乱で敗北しました
  • 保元の乱のあと頼朝は任官しました
  • 平治の乱で負けて頼朝は伊豆国に流されました
  • 伊豆国で将来への地盤をかためました
  • 伊豆国で北条政子と結婚しました
  • 以仁王が平清盛追討の令旨を出しました
  • 富士川の戦いで平維盛の軍を追い返しました
  • 関東の武士たちが頼朝のもとに集結しました
  • 平維盛の軍が関東に攻めてきました
  • 関東はすべて頼朝の支配下になりました
  • 侍所をつくり、鎌倉幕府への第一歩を歩み出しました
  • 頼朝に長男が誕生しました
  • 同じ源氏の木曽義仲と戦いました
  • 木曽義仲が京から平氏を追い出しました
  • 木曽義仲を源義経が破りました
  • 壇ノ浦でついに平氏も滅びてしまいました
  • 鎌倉に公文所と問注所ができました
  • 壇ノ浦の戦いで平氏は滅びました
  • 義経探索のため全国に守護と地頭が置かれました
  • 義経と頼朝の争いが起こってしまいました
  • 身を隠した義経を探し出すため守護・地頭が置かれました
  • 奥州藤原氏も滅ぼされました
  • 義経は衣川館で自害しました
  • 奥州合戦で奥州藤原氏は滅ぼされました
  • 頼朝はようやく征夷大将軍になりました
  • なかなか征夷大将軍にはなれませんでした
  • 後白河法皇が崩御してやっと征夷大将軍になれました
  • 1198(建久9)年に頼朝は死にました
  • 流鏑馬が行われました
  • 東大寺を再建しました
  • 1192年以前にすでに鎌倉幕府はありましたね

「鎌倉観光の前に読みたい!なぜ「源頼朝」は鎌倉幕府を開いたのか?」の続きを読む

観光の前に知りたい!徳川家の栄枯盛衰を今に伝える「二条城」の歴史と見どころ

観光の前に知りたい!徳川家の栄枯盛衰を今に伝える「二条城」の歴史と見どころ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「二条城の歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 二条城ってこんなところ
  • 二条城の始まりは二の丸御殿
  • 徳川第三代将軍家光による城の拡張
  • 栄華を誇った二条城の陰り
  • 大政奉還後の二条城
  • 観光化された二条城
  • 徳川家の栄枯盛衰を語る豪華絢爛な二条城へ訪れてみませんか?

「観光の前に知りたい!徳川家の栄枯盛衰を今に伝える「二条城」の歴史と見どころ」の続きを読む

中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史

中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史

ポーランド!世界史でも奇跡的な「根性」を持ちあわせた国です。ロシアとドイツ、オーストリアによる5度に渡る分割にもめげず、不死鳥のように復活を成し遂げ、その「ド根性」は他に類を見ません。しかし疑問に思ったことはありませんか?「どうして何度も国として復活してきたの?」ソレには秘密があるんです。かつてポーランドがヨーロッパでも最強の大国だったことをご存知でしたか?なぜユダヤ人が多かったの?そして度重なる...

観光ガイド概要

  • 〈平原の国〉ポーランドという国の、原型
  • 「平原の国」ポーランドは一大交流地
  • 966年、キリスト教化!西洋の仲間入りへ
  • ふしぎなふしぎな、中世のポーランド
  • 「モンゴルからポーランドを守れ!」〈ドイツ騎士団〉がやってきた!
  • ポーランドはユダヤ人にやさしい国だった!
  • 西洋の大国!〈ヤギェヴォ朝〉と〈ポーランド・リトアニア連合〉
  • リトアニアとポーランド、結婚して同盟!〈クレヴォの合同〉
  • 〈ドイツ騎士団〉と宿命の激突〈タンネンベルクの戦い〉
  • 16世紀、ポーランド栄光の時代へ
  • ヨーロッパの文化の一大中心地へ!
  • 度重なる戦乱、20年に渡る〈大洪水時代〉……
  • 分割の時代――苦難のはじまり
  • カリスマ指導者による3分割
  • 3度目の分割でポーランドは「滅亡」
  • マリー・キュリー夫人という奇跡の女性
  • インテリ一家に生まれたマリー
  • 放射線元素〈ポロニウム〉の発見
  • ふたたび独立!
  • 国家主席・ビウスツキの活躍
  • しかし、すぐに第二次世界大戦が……
  • 第二次世界大戦、戦争犯罪の惨劇の舞台
  • 死の門――ポーランド国内11ヶ所の〈強制収容所〉
  • 〈カティンの森事件〉で、〈ワルシャワ蜂起〉で……
  • 第二次世界大戦後のポーランド
  • 〈ポーランド人民共和国〉
  • 1989年ついに民主化!真の独立〈ポーランド第三共和国〉へ
  • 不屈の国・ポーランド復活の秘密

「中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史」の続きを読む

古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ

古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はフランス「アルルの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 南仏プロヴァンス地方にある小さな村アルルってどんな町?
  • ローマ都市アルルの始まり
  • ローマによって大きくなるアルル
  • 中世時代のアルル
  • 近代におけるアルルの歴史
  • ファン・ゴッホとアルルの歴史
  • 人気観光地となったアルル
  • ローマ時代の遺跡から中世、近世まで見どころたくさんの南仏プロヴァンス地方のアルルを旅してみませんか?

「古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ」の続きを読む

観光の前に知りたい!日本三大水城である「高松城」の歴史と見どころ

観光の前に知りたい!日本三大水城である「高松城」の歴史と見どころ

日本三大海城の一つであり海がすぐそばにある高松城。海城ならではの城の作りや伝統があるのですが、それはどんなものでしょうか?さらに高松城と藩を統治していた人々はどんな人達でどんな風に藩を治め、また藩を治めるに当たって騒動も起こりましたがそれはどんなものだったでしょうか?また高松藩にゆかりのある人としてエレキテルを発明したあの人や時代劇でお馴染みのあの人なんかも出てきます。それでは高松城がどんな城か、...

観光ガイド概要

  • 高松城はどんな城?
  • 玉藻城と呼ばれる高松城はどんな城?
  • 東入り口から入った所にある旭橋・旭門・艮櫓はどんな建物?
  • 東入口から入城し艮櫓から披雲閣へ
  • 桜の馬場から桜御門跡を抜けて陳列館へ
  • 披雲閣と披雲閣庭園はどの様なものか?
  • 水城としての高松城はどの様なものか?
  • 海を眺められた月見櫓
  • 堀に囲まれた天守閣跡と、水城ならではの泳法とは?
  • 高松城の歴史、初代藩主生駒親正はどんな人物?
  • 高松藩の初代藩主生駒親正はどんな人物?
  • 生駒親正と一正はどんな武功を立てた?
  • 生駒騒動の勃発
  • 生駒騒動はどのようにして起こったのか?
  • 前野・石崎と生駒家譜代家臣の衝突
  • 生駒騒動が終わり、両者はどの様に成敗され、生駒家はどうなった?
  • 生駒騒動に藩主高次はどう関わり、その結果争った両者はどうなった?
  • 生駒騒動の結末は高松藩にどんな影響を与えた?
  • 松平頼重はどんな人?高松に何を残した?
  • 松平頼重とはどんな人?
  • 頼重は高松で何をした?
  • 頼重から頼桓に至るまでの高松松平家
  • 頼重から頼常、頼豊へ
  • 養子を出したりもらったりで家を繋いだ高松松平家
  • 頼恭から頼起までの時代で高松藩はどう変わった?
  • 平賀源内などを起用して生産をさかんにし、将軍からの使者としても出世した頼恭
  • 財政の好転と糖業の発展を起こした頼恭から頼起の治政
  • 江戸から明治に変わるにつれて高松藩はどうだった?
  • 頼儀、頼恕の治政と「讃岐のエジソン」久米通賢
  • 頼恕、頼胤と戊辰戦争の中の頼聰
  • 騒動や水戸徳川家とのかかわりの深い歴史

「観光の前に知りたい!日本三大水城である「高松城」の歴史と見どころ」の続きを読む

メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった

メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はイタリア「アルベロベッロの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • アルベロベッロってどんな町?
  • アルベロベッロはこんな感じで始まった
  • なぜ、接着剤を使ってはいけないの?
  • ユニークな家並みには農民の苦労が
  • 先史時代には既にあった伝統的な建物
  • 封建農奴制から解放されたアルベロベッロ
  • 段々少なくなってゆくトゥルッリ
  • 尖がり帽子をかぶった真っ白な家が建ち並ぶ、アルベロベッロに訪れてみませんか?

「メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった」の続きを読む

「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語

「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語

フランスの花の都・パリの真ん中を優雅に流れるセーヌ川。その流れの中に大きな中州、シテ島とサン=ルイ島があります。 今回ご案内するノートルダム大聖堂はそのシテ島にはるか昔からたたずむ教会です。その源流はさかのぼれば大変古く、古代ローマの時代の前から見ることができます。 ノートルダム大聖堂は「ノートルダムの鐘(邦題)」として、現在ではミュージカルやディズニー映画の題材としてもつかわれているため...

観光ガイド概要

  • フランスのパリになる前のパリ
  • パリシィ人の漁村
  • 古代ローマとガリア戦争
  • パリの誕生―ルテティアと呼ばれた時代
  • ルテティアからパリ
  • ルテティアの信仰事情
  • キリスト教が中心の中世時代
  • 迫害から国教へ
  • キリスト教徒の王たち
  • ゴシック建築の特徴
  • もっと神を感じる教会を建てよう
  • ノートルダム大聖堂をひと周り
  • 我らがノートルダム大聖堂のエッセンス
  • ガーゴイルとシメール
  • 「エマニュエル」「マリー」って誰?
  • 大受難に襲われるパリ、宗教改革
  • 宗教改革の波がやってくる
  • サン・バルテルミの虐殺
  • フラン革命前夜:その背景
  • 国民の怒りという名の風船
  • ついにはじける怒りの風船
  • フランス革命とノートルダム大聖堂
  • 王家のパリ帰還
  • 逃亡、処刑、そして破壊
  • ノートルダム大聖堂の復興
  • 救世主ナポレオンと復興運動
  • パリの大改造
  • 現在のノートルダム大聖堂
  • 一筋縄ではいかない世界遺産登録
  • パリの中心で平和を祈る
  • 長い時間旅行を終えて

「「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語」の続きを読む

作った頃のままの姿が残っている-国宝・彦根城-の歴史と魅力

作った頃のままの姿が残っている-国宝・彦根城-の歴史と魅力

「彦根城」は、滋賀県彦根市金亀町にある日本の城です。このお城を作ったのは「徳川四天王」のひとりといわれる「井伊直政(いいなおまさ)」の息子である「井伊直継(いいなおつぐ・後の直勝)」です。その創建された時の天守閣がそのままの姿で残っています。そういうお城は有名な「姫路城」をいれて全国でも少数しかありません。それだけ聞いただけでも凄いことだと思いますよね。 このお城を作った井伊氏ってどんな一族...

観光ガイド概要

  • 井伊家の徳川四天王となるまでの道
  • 初代は捨て子?
  • 南北朝時代からはじまる試練
  • 女性領主・直虎の誕生
  • 徳川家康との運命の出逢い
  • 家康の小姓になるまでの道
  • 井伊の赤揃えってなに?
  • 徳川武将としての活躍
  • 関ヶ原
  • 彦根へ
  • 彦根城築城
  • 彦根城の構造
  • 美しい天守閣
  • 時代劇などでおなじみの天秤櫓
  • 西の丸三重櫓
  • 築城以降の井伊家
  • 井伊直継の悲劇
  • 井伊直孝の大坂の陣での活躍
  • 大老・井伊直弼
  • 青春時代の埋木舎
  • 藩主から大老へ
  • 安政の大獄から桜田門外の変
  • 明治以降の彦根城
  • 現在までの彦根城
  • 「1度は見ておくべき城」と言われている彦根城

「作った頃のままの姿が残っている-国宝・彦根城-の歴史と魅力」の続きを読む

「承久の乱」それは鎌倉時代の初期にあった、朝廷の権威を取り戻す戦い

「承久の乱」それは鎌倉時代の初期にあった、朝廷の権威を取り戻す戦い

平安時代末期、「後白河上皇(ごしらかわじょうこう)」により、上手く朝廷と武士の力のバランスが取れていましたが、その均衡を崩したのが「源頼朝(みなもとのよりとも)」でした。彼により、鎌倉時代が始められたのです。権力を強める鎌倉幕府に対し、衰退していく朝廷に嘆いていた「後白河上皇」の孫にあたる「後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)」。源頼朝率いる鎌倉幕府に対し、この人物がどのようなことをおこない、またどのよ...

観光ガイド概要

  • 武士の棟梁による政権の誕生~鎌倉幕府成立
  • 源頼朝、義経兄弟の仲たがい
  • 守護・地頭の設置と源義経の滅亡
  • 源頼朝による支配
  • 鎌倉幕府内の混乱~源頼家
  • 2代将軍頼家と父・頼朝お抱えの武士との対立
  • 暗君であった、2代将軍頼家
  • 遊びにうつつを抜かす、2代将軍頼家
  • 3代将軍はどちらに、比企氏と北条氏との権力争い
  • 3代将軍実朝の誕生と、2代将軍頼家の死
  • 将軍を上回る力を持つ、北条一族
  • 北条氏の操り人形であった将軍~源実朝
  • 穏やかな人であった、3代将軍源実朝
  • 3代将軍実朝の死
  • 武士に奪われた実権を取り戻す~承久の乱
  • 「治天の君」と言われた、後鳥羽上皇
  • 後鳥羽上皇の挙兵
  • 挙兵を呼びかける、北条政子の演説
  • 後鳥羽上皇の誤算と敗北
  • 大ばくちに失敗してしまった、後鳥羽上皇

「「承久の乱」それは鎌倉時代の初期にあった、朝廷の権威を取り戻す戦い」の続きを読む

戦国時代や幕末に匹敵するほど興味深い「応仁の乱」の話

戦国時代や幕末に匹敵するほど興味深い「応仁の乱」の話

15世紀、室町時代後期。諸大名が東西両軍に分かれて戦い、京都が焼け野原になったと伝わる「応仁の乱」。戦国時代の幕開けとも言われるこの出来事の名前を、知らない人はいないでしょう。しかし、その原因や、誰と誰が戦って、誰が勝利したのか?など、実態を詳しく知る人が少ないのも事実です。応仁の乱とは何だったのか。時代背景なども含めて詳しく見ていきたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 応仁の乱とは?
  • どういう出来事なのか?
  • 東西真っ二つに
  • 何のための戦いなのかわかりにくい
  • 登場人物が多くてわかりにくい
  • 応仁の乱が起きる前
  • 南北朝時代と室町幕府
  • 守護大名
  • 室町幕府の将軍たち
  • 八代将軍足利義政と日野家
  • 応仁の乱はこうして始まった
  • 怠惰な将軍と後継者争い
  • 畠山氏の内紛
  • 上御霊神社の戦い
  • 本格化する戦乱
  • 応仁の乱が残したもの
  • 戦乱終息へ
  • 和睦の後
  • その後の室町幕府
  • 戦国の世へ
  • 知れば知るほど面白い!

「戦国時代や幕末に匹敵するほど興味深い「応仁の乱」の話」の続きを読む

日本で最も古い歌集『万葉集』の成り立ちと楽しみ方とは

日本で最も古い歌集『万葉集』の成り立ちと楽しみ方とは

『万葉集』をご存知ですか?名前だけは知っている方も多いはず。今から約1200年前につくられた日本最古の和歌集です。『万葉集』には、天皇から一般庶民にいたるまで様々な階級の人々の歌が4536首が集められており、古代日本人の心の原点を垣間見ることができる、とても貴重な書物です。今回は、『万葉集』の成り立ちや構成、代表歌人などを一緒に見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 『万葉集』とは
  • いつ頃、誰が編集したの?
  • 中身はどのようなもの?
  • 『万葉集』の歌風
  • 第一期
  • 第二期
  • 第三期
  • 第四期
  • 万葉集の人々
  • 額田王(ぬかたのおおきみ)
  • 天武天皇(天武天皇)
  • 持統天皇(じとうてんのう)
  • 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)
  • 山上憶良(やまのうえのおくら)
  • 山部赤人(やまべのあかひと)
  • 大伴家持(おおとものやかもち)
  • 古代の人々の美しい心に触れる歌集をぜひ詠んでみて下さい!

「日本で最も古い歌集『万葉集』の成り立ちと楽しみ方とは」の続きを読む

天国にいちばん近い場所!ヨセミテ国立公園の歴史と見どころ

天国にいちばん近い場所!ヨセミテ国立公園の歴史と見どころ

雄大な自然、多様な動植物、絶景の数々……。カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園はアメリカでもっとも有名な国立公園のひとつで、年間400万人の観光客がおとずれます。日本からもグランドキャニオンとならんで人気が高く、いろんなツアーも組まれています。今回はそんなヨセミテ国立公園の見どころと、その歴史をご紹介しましょう。じつは「ヨセミテ」とは現地のことばで「殺し屋」を意味するのです……。...

観光ガイド概要

  • ヨセミテ国立公園ってどんなところ?
  • ヨセミテの魅力は美しい大自然
  • かわいい動物もいっぱい
  • 観光地になる前のヨセミテの成り立ちと歴史
  • ヨセミテの自然はこうして作られた
  • 「ヨセミテ」の名前はかんちがいから?
  • ヨセミテの発展と保護に貢献したガレン=クラーク
  • あらたな観光スポットの発見
  • ヨセミテの保護にも活躍したクラーク
  • 「自然保護の父」ジョン=ミューア
  • ヨセミテを国立公園にしたミューア
  • 二人きりでキャンプして大統領の心を変える
  • それから現代にいたるまでのヨセミテの歴史は……
  • ミューアの創設した「シエラクラブ」
  • 世界自然遺産に登録される
  • ヨセミテ渓谷の見どころ(岩山)
  • ヨセミテ随一の絶景ポイント、トンネルビュー
  • エル=キャピタン、ハーフドーム、グレイシャーポイント
  • ヨセミテ渓谷の見どころ(川と滝)
  • 初春の「フラジールアイス」と、ヨセミテ滝
  • ほかにも魅力的な滝がいっぱい
  • ヨセミテ渓谷以外の見どころ
  • マリポサ=グローブ、タイオガロード
  • トゥオルミ=メドウス、ライエル山、ヘッチ=ヘッチー渓谷
  • ヨセミテの楽しみ方
  • いろんなトレイルを歩こう
  • たくさんのレクリエーションと施設
  • ヨセミテの宿泊と、気をつけること
  • ヨセミテ国立公園に泊まろう
  • ヨセミテを訪れるときに気をつけること
  • そうだ、ヨセミテの自然に会いにいこう

「天国にいちばん近い場所!ヨセミテ国立公園の歴史と見どころ」の続きを読む

豊臣秀吉はなぜ天下統一できたのか?その人生を追う

豊臣秀吉はなぜ天下統一できたのか?その人生を追う

ブリを出世魚というのは、知っていますか。地方によって呼び方はいろいろですが、稚魚のモジャコから始まって、ワカシ、イナダ、ワラサと名前を変えて大きくなっていきますね。豊臣秀吉も、日吉丸から始まって、木下藤吉郎、木下藤吉郎秀吉、羽柴秀吉と名前を変えて、ついに文字通り「位人臣を極め」て関白太政大臣の豊臣秀吉になりましたね。いくら下剋上の戦国時代とはいえ、武将の家に生まれたのではない秀吉に、どうしてそんな...

観光ガイド概要

  • 秀吉の出生についていくつもの伝説が残されています
  • 生まれたのは現在の名古屋市中村区です
  • 遠江で足軽になり木下藤吉郎と名乗りました
  • 清洲城の織田信長に仕え、結婚もしました
  • 織田信長に仕えることになりました
  • 「サル」も人並みに結婚しました
  • 織田信長の勢力拡大の先兵となりました
  • 美濃攻めで功績をあげました
  • 墨俣一夜城は本当に一夜にして築城されたのでしょうか
  • 浅井長政・朝倉義景との戦いでも活躍しました
  • 浅井長政は妻の兄の織田信長を裏切りました
  • 木下藤吉郎秀吉から羽柴秀吉になりました
  • 長篠の戦いから中国地方遠征への道
  • 長篠の戦いのあと柴田勝家の支援に駆り出されました
  • 鳥取城の兵糧攻めに備中高松城の水攻め
  • 秀吉は山崎の戦いで明智光秀に勝利しました
  • 明智光秀が謀反を起こしました
  • 清洲城で信長の息子たちや家臣たちの会議が行われました
  • 織田家の家臣たちを秀吉が従えました
  • 織田信孝を制圧し、柴田勝家との戦いに向かいました
  • 柴田勝家を滅ぼし、織田の家臣団を手中に収めました
  • 朝廷から豊臣の姓を許されました
  • 徳川家康とはにらみ合ったままの戦いをしました
  • 関白豊臣秀吉になりました
  • 絶頂に上り詰めたあとは、落ちていくしかないのでしょうか
  • 聚楽第を築き、栄華の絶頂にのぼり詰めました
  • 弟の秀長も跡継ぎの鶴松も死んでしまいました
  • 秀吉の死はしばらく秘密にされました
  • 関白秀次を死に追いやり、ふたたび朝鮮に出兵しました
  • 秀吉は涙ながらに秀頼のことを頼みました
  • 東からのぼった太陽は西に沈むのが宿命なのでしょうか

「豊臣秀吉はなぜ天下統一できたのか?その人生を追う」の続きを読む

おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史

おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史

古代ローマ帝国は史上はじめて、そして史上唯一、地中海世界を統一した大帝国です。その遺跡は地中海各地にいまでも残り、そして現代のわたしたちも、法律やインフラ、政治体制から暦にいたるまで、おおくの遺産をローマ帝国から引き継いでいます。とくに地中海の国々を旅するなら、ローマの歴史ははずせません。ということで、千年以上にわたるその歴史を、教科書よりわかりやすく、参考書よりもおもしろく伝えたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 神さまも登場、ローマ建国の物語
  • ローマ人のルーツはトロイにあった?
  • オオカミに育てられた双子
  • 発展と、滅亡の危機、そして再起するローマ
  • 王政から共和政へ
  • どん底から立ち上がる、前よりも強くなって
  • イタリアから地中海へ、勢力をひろげるローマ
  • ローマ人は土木工事の天才?
  • 二人の名将、ハンニバルとスキピオの対決
  • 社会が変わり、そしてあらたなリーダーが現れる
  • 属州が増えて、変わっていくローマ社会
  • 「賽は投げられた!」
  • 英雄カエサルがローマを帝政へみちびいた
  • カエサルの大改革
  • カエサルの意志を継ぐ男
  • カエサルとアウグストゥスってどんな人?
  • ハゲの女たらし、カエサル
  • 我慢づよさは一流だったアウグストゥス
  • ローマの絶頂期、そして終わりのはじまり
  • ローマの絶頂をつくりあげた5人の皇帝たち
  • 衰退と分裂、ローマは外から攻めこまれる
  • 衰えつづけるローマにキリスト教が浸透する
  • 東西に分裂するローマ帝国
  • キリスト教の誕生、迫害、そして発展
  • ローマ帝国の終わり
  • 西ローマ帝国の滅亡
  • 東ローマ帝国のその後
  • 地中海にのこる遺跡たち、それはローマ栄光の軌跡
  • イタリア、北アフリカ、スペイン、フランスのローマ遺跡
  • イギリス、東欧、中近東、エジプトのローマ遺跡
  • 古代ローマの息吹にふれよう

「おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史」の続きを読む

海と陸の豊かな生態系を育む日本最後の秘境!知床半島が人気の観光地となった歴史

海と陸の豊かな生態系を育む日本最後の秘境!知床半島が人気の観光地となった歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「知床の歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 世界自然遺産の知床ってどんなところ?
  • 知床半島の始まり
  • 漁猟権を巡る戦いから戦争へ
  • 漁業で栄えた知床の歴史
  • 北海道の名付けの親、松浦武四朗とアイヌの人々
  • 農業開拓の失敗から自然保護運動へとつながる知床
  • 自然遺産に登録されビックな観光地となった知床
  • 日本最後の秘境と呼ばれる知床半島に訪れてみませんか?

おすすめ観光スポット

知床半島(外部サイト)
住所:北海道斜里郡斜里町 / 北海道目梨郡羅臼町

「海と陸の豊かな生態系を育む日本最後の秘境!知床半島が人気の観光地となった歴史」の続きを読む

清水寺の歴史は波瀾万丈!仏教会の勢力争いと9回焼失の苦難を乗り越えて

清水寺の歴史は波瀾万丈!仏教会の勢力争いと9回焼失の苦難を乗り越えて

「清水寺」と言えば、「清水の舞台から飛び降りる」という慣用句もあるほどで、日本の中でも十本の指に入るほどの知名度を誇る京都のお寺です。京都の観光ツアーには必ず組み込まれていますし、いつ行っても修学旅行生が必ずいるような感覚があります。この清水寺ですが、どのような歴史を持っているかご存じの方は(行ったことがあっても)あまり多くないかもしれません。実は1200年の歴史で、少なくとも9回は焼失を経験して...

観光ガイド概要

  • モンスター観光地清水寺の概要
  • 清水寺の位置はどこ?
  • 年間一千万人!?京都一の観光地として
  • 清水寺は日本を代表する寺院
  • 「今年の漢字」の発表は清水寺で
  • 文学・芸能にも登場!
  • 清水寺の魅力あれこれ
  • 賑やかな参道で食べ歩き!
  • 「清水の舞台」は本堂に
  • 絶対行っておきたい!清水寺の人気スポット
  • 「音羽の滝」で清めの水をゲット!
  • 見逃すな!縁結びスポット「地主神社」
  • 清水寺は世界遺産!
  • 「古都京都の文化財」として世界遺産に登録
  • 世界遺産登録された他の文化財について
  • 清水寺の成り立ちに「将軍」が絡んでいた?
  • 僧侶と観音様の出会いが清水寺の始まり
  • 観音様に帰依した坂上田村麻呂
  • 平安初期から天皇公認の寺院として発展
  • 天皇に認められた清水寺
  • 平安中期には多くの参拝者が訪れる
  • 古典文学と清水寺
  • 『義経記』牛若丸と弁慶の決闘は実は清水寺が舞台だった!
  • 『物くさ太郎』清水寺で嫁探し?
  • 繰り返す焼失と再建
  • 9回も焼失している清水寺
  • 江戸時代初期からの建物が残存
  • 波乱の歴史を超えて繁栄し続ける清水寺
  • 京都を代表する観光地へ
  • 世界に広がる清水寺の影響力に敬意を
  • 歴史が清水寺観光を10倍面白くする!

「清水寺の歴史は波瀾万丈!仏教会の勢力争いと9回焼失の苦難を乗り越えて」の続きを読む

日本史最大の事件!本能寺の変のナゾをまとめて総検証

日本史最大の事件!本能寺の変のナゾをまとめて総検証

今回のテーマは、日本史最大の謀反(家臣が主人に逆らうこと)である「本能寺の変」です。吉本所属のダンサーがYouTubeにアップしたネタでも分かるとおり、本能寺の変という名前は日本人であれば誰でも(歴史の嫌いな人でも)知っていますよね。しかし、本能寺の変やその前後のキーパーソンの動きにはナゾが多く、未だに多くの歴史家がああでもないこうでもないと議論を続けています。今回は、本能寺の変を巡るナゾに迫って...

観光ガイド概要

  • 本能寺の変の舞台と関係者を改めて紹介!
  • 舞台本能寺は京都の町中にあった
  • 事件の主人公織田信長・明智光秀・羽柴秀吉
  • 本能寺の変はどんな事件だった?おさらいします
  • 手薄な本能寺で織田信長を滅ぼした明智光秀
  • 猛スピードで京都へ引き返し光秀を破った羽柴秀吉
  • 怪しすぎる…調べれば調べるほどナゾの多い本能寺の変
  • なぜ信長はほとんど無防備な状態で本能寺へ?
  • なぜ重臣は京都近辺に光秀以外いなかった?
  • ナゾばかり…光秀の裏切った理由とは?
  • 本当に「いじめられた」からなのか?
  • 衝動的に「天下取ってやる!」と思ったからなのか?
  • 秀吉の運がよすぎるという疑惑
  • 都合よく講和を結べた秀吉
  • いくら何でも早すぎる!一週間で帰還
  • 情報戦の天才?秀吉という男
  • 「中国大返し」は秀吉の情報収集力のたまもの?
  • 緊急事態に器の違いを見せつけた秀吉
  • 戦う前から勝敗は見えていた!「天下分け目の天王山」
  • 主君を裏切った光秀は仲間に裏切られていた
  • 「天王山」の由来!秀吉が光秀に圧勝
  • 黒幕はいたのか?
  • 改めて「ナゾ」を挙げてみよう
  • 「ナゾ」を説明する答えとしての「黒幕」
  • ブラック企業経営者信長の最期
  • 残虐!信長の恐ろしさ
  • みな常にチャンスをうかがっていたのかも…?
  • 本能寺の変で最も得をしたのは秀吉…
  • 見えない戦!清洲会議
  • かくして秀吉が天下人へ
  • ぜひ本能寺で歴史に思いをはせてみて!

「日本史最大の事件!本能寺の変のナゾをまとめて総検証」の続きを読む

今の日本の礎は、富岡製糸場が築き上げた!?そのドラマをご紹介

今の日本の礎は、富岡製糸場が築き上げた!?そのドラマをご紹介

平成26(2014)年6月、世界遺産に新たに登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。一時期は観光客が殺到しましたよね。そんな富岡製糸場ですが、現在の私たちの豊かな暮らしがあるのは、こうした工場のおかげだということをご存知でしょうか。日本の近代化を語る上で絶対に欠かせない存在である富岡製糸場のことは、ぜひ知っていただきたいなと思います。そこで働いた...

観光ガイド概要

  • 富岡製糸場とは?
  • 日本での生糸産業の発展
  • 官営工場をつくる目的
  • 工場建設プランのスタート
  • 富岡が工場建設地に選ばれた理由
  • 富岡製糸場の完成
  • 工女たちの生活は意外と良かった?
  • ブリュナ去る
  • 富岡製糸場を語る上で欠かせない人たち:ポール・ブリュナ
  • 富岡製糸場を語る上で欠かせない人たち:尾高惇忠
  • 民営化の道へ
  • 「片倉」との出会い
  • 世界遺産登録と片倉工業の貢献
  • 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」について
  • 富岡製糸場の建物
  • 富岡製糸場にあった建造物群
  • 富岡製糸場が生んだ富岡シルク
  • 群馬はシルクの国!
  • 富岡製糸場があったからこそ今の私たちがある!

「今の日本の礎は、富岡製糸場が築き上げた!?そのドラマをご紹介」の続きを読む

島根県観光なら「出雲大社」は必見!行き方や予算、営業時間は?

島根県観光なら「出雲大社」は必見!行き方や予算、営業時間は?

日本全国に存在するパワースポットは、現在旅行の定番観光地に挙げられるほど有名な存在になりつつあるスポット。自然の絶景、歴史的建築物と場所によって形は違うものの様々なご利益を受けることができ、訪れた者の気持ちを前向きにさせてくれます。今回はそんな日本全国に存在するパワースポットから、島根県出雲市にある「出雲大社」について見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 縁結びの神を祀る出雲大社
  • 鉄道・自動車などのアクセスについて
  • 本殿は皇室関係者も立ち入れない場所
  • 出雲に伝わる伝説のウサギたち
  • 平成の大遷宮が進み生まれ変わる
  • 大社前のスターバックスも注目
  • 参拝したらそばも楽しもう
  • 参拝と周辺の名物を一緒に楽しもう

おすすめ観光スポット

出雲大社(外部サイト)
住所:島根県出雲市大社町杵築東195

スターバックス出雲大社店(外部サイト)
住所:島根県 出雲市 大社町杵築南841

荒木屋(外部サイト)
住所:出雲市大社町杵築東409-2

「島根県観光なら「出雲大社」は必見!行き方や予算、営業時間は?」の続きを読む

観光の前に知りたい!丸亀城の歴史。成り立ちから今日まで

観光の前に知りたい!丸亀城の歴史。成り立ちから今日まで

丸亀城はどの様な場所にあり、江戸時代から現存する数少ない天守はどの様なもので、さらにはどの様な石垣を持ち、どの様な造りを持っていたのでしょうか?そして、丸亀はどんな人物が治め、安定して治められていたのか、さらにどの様に城主が変わっていったか説明していきたいと思います。さらに丸亀から近くにある金比羅山は江戸時代の庶民にとってどんな存在だったのでしょうか?それについても見ていきたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 丸亀城はどんな城でどの様にしてできたか?
  • 丸亀城はどこにあるか?どんな城か?
  • 丸亀城とその城下町はどのようにしてできたか?
  • 丸亀城はどんな建物や石垣で構成されているか?
  • 本丸と二の丸はどの様にできていて、二の丸井戸の伝説とは何か?
  • 三の丸・山下曲輪・見返り坂はどうできているか?
  • 生駒親正とその後の藩主はどんな人物だったか?丸亀城とどの様に関わったか?
  • 丸亀城を建てた生駒親正とはどんな人物か?
  • 親正とそれ以後の藩主はどんな人物だったか?
  • 生駒騒動とはどの様なものだったか?
  • 生駒騒動はどの様にして起こったか?
  • 藤堂家臣の前野助左衛門・石崎若狭と生駒帯刀を始めとする生駒家臣はなぜ対立したか?
  • 生駒騒動はどんな人々がどう争い、どういう結末が下されたか?
  • 生駒騒動でどの様な人がどの様に動いたか?
  • 生駒騒動の結末はどの様なものだったか?
  • 山崎家は丸亀で何をしたか?
  • 新しく丸亀に入った山崎家治とはどんな人物か?丸亀城の築城にどう関わったか?
  • 山崎家の断絶から京極家の入封までどのような経緯だったか?
  • 京極高豊と高或はどの様な人物だったか?
  • 芸術に秀でた高豊は丸亀に何を残したか?
  • 高或は何をしたか?その周りにはどんな人がいたか?
  • 18世紀の丸亀はどの様に治められ、どの様な人が訪れたか?
  • 高矩・高中の時期には何が作られ、何が起こったか?
  • 与謝蕪村はなぜ讃岐を訪れ、どんな人々と交流したか?
  • 幕末から明治、現代まで丸亀城はどの様に変わっていったか?
  • 高朗と朗徹はどんな人物だったか?
  • 明治維新後の丸亀城と現代に至るまで
  • 丸亀城の近くにある金比羅山はどの様な場所で、どのような人が訪れたか?
  • 金比羅参りとはどの様なものだったか?
  • 十返舎一九や滝沢馬琴は金比羅山をどの様に描いたのか?
  • 丸亀城を回るならうどんの名店と一緒に車でまわりましょう

「観光の前に知りたい!丸亀城の歴史。成り立ちから今日まで」の続きを読む

ここが邪馬台国なの?佐賀県「吉野ヶ里遺跡」の歴史

ここが邪馬台国なの?佐賀県「吉野ヶ里遺跡」の歴史

吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は佐賀県の東側にある弥生時代の代表的な遺跡。広大な敷地の中に様々な遺構が保存・復元され、歴史ファンのみならず多くの観光客で賑わっています。のどかな丘陵地帯に建つ遺跡群は現代人に何を伝えようとしているのでしょうか。...

観光ガイド概要

  • 吉野ヶ里遺跡とは
  • 吉野ヶ里遺跡はどこにある?
  • 吉野ヶ里遺跡はなぜ有名になったの?
  • 工業団地計画のはざまで
  • 巨大環濠集落
  • 吉野ヶ里の歴史
  • 旧石器時代・縄文時代
  • 弥生時代・前期~中期
  • 弥生時代:後期
  • 環壕や柵の役割
  • 弥生時代と邪馬台国
  • 魏志倭人伝の中の邪馬台国
  • 吉野ヶ里遺跡は「邪馬台国」なのか?
  • ”国”と”クニ”
  • 吉野ヶ里の今
  • 古墳時代から古代・中世・近代へ
  • 歴史公園へ
  • 古代を感じられる場所として
  • とにかく広い!

「ここが邪馬台国なの?佐賀県「吉野ヶ里遺跡」の歴史」の続きを読む

中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史

中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はドイツ「ケルン大聖堂の歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ケルンが誇る人気No.1の観光地!ケルン大聖堂
  • ケルン大聖堂とは?
  • ケルン大聖堂の始まり
  • ゴシック建築の傑作!ケルン大聖堂
  • 壮麗な装飾が見事なケルン大聖堂
  • 美術品の宝庫のケルン大聖堂
  • 世界遺産ケルン大聖堂の苦悩
  • 危機遺産から脱出したケルン大聖堂
  • ヨーロッパの中心に聳え立つゴシック様式の傑作!ケルン大聖堂に訪れてみませんか?

おすすめ観光スポット

ケルン大聖堂(外部サイト)
住所:Domkloster 4, 50667 Köln

「中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史」の続きを読む

織田信長は戦国時代のカリスマ?ブラック企業経営者?その本性に迫る

織田信長は戦国時代のカリスマ?ブラック企業経営者?その本性に迫る

日本の歴史上、最も人気があるのは誰だと思いますか?間違いなく、それは戦国時代を終わらせた武将・織田信長です。30年以上の歴史を誇るシミュレーションゲームの舞台にもなっていることからも分かるとおり、戦国時代と織田信長のブランド力は圧倒的なものがあります。歴史好きな男性って、たいがい戦国時代か幕末が好きですよね。でも、なぜ織田信長はそこまで人気なのでしょうか?調べてみる限り、残虐なところもあるようです...

観光ガイド概要

  • 織田信長とはこういう男!
  • 田舎大名から日本の最高権力者へ!カリスマ武将信長
  • 天下統一目前で家来に裏切られる悲劇の最期
  • ヤンキーのリーダーから一家の長へ
  • 信長の代名詞「うつけ者」
  • 父親の葬式で…「うつけ者」の面目躍如
  • 血みどろのお家争いと桶狭間の戦い
  • 弟を手にかけ尾張国統一
  • 桶狭間の戦いで名を上げる
  • 美濃国から京都へ進出!
  • 斉藤氏を破って美濃国占領
  • 足利義昭を伴って「上洛」
  • 最大のピンチ!信長包囲網結成へ
  • あっちもこっちも敵だらけ…
  • 恐怖の比叡山焼き討ち
  • 敵を次々と撃破!近畿地方制覇へ
  • 足利将軍追放!幕府滅亡
  • 長篠の戦いで武田家をこてんぱんに
  • 近畿から各地方へ勢力を伸ばす
  • いざ天下統一へ!中国地方へ進出
  • 宿敵武田家を倒す!
  • 天下統一目前で…本能寺に死す
  • 明智光秀という男
  • 手薄な本能寺を襲われあっけない最期
  • 信長の性格って?長所を調べてみた
  • 自ら先頭に立って突撃!リーダーシップ抜群
  • 女性に優しい?秀吉の奥さんに手紙で諭す
  • 時代を変えた男織田信長の魅力!
  • 権力者なのに庶民派でお祭り好き
  • 新しくて派手なモノが大好き!斬新な改革
  • 信長が愛される理由を知れば男心が分かる…かも?

「織田信長は戦国時代のカリスマ?ブラック企業経営者?その本性に迫る」の続きを読む

シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち

シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち

パチパチとはじける炭酸がおいしいシャンパンの産地として知られる、フランス北東部に広がったシャンパーニュ地方。他では味わえない特別な味をかもしだしているワインの産地として伝統があるシャンパーニュのワイン畑は、2015年に世界遺産として認定されました。シャンパーニュの丘陵風景ははいかにも牧歌的で味わいのあるフランスの田舎といった風情です。そんなシャンパーニュの歴史について調べてみましたので、ぜひごらん...

観光ガイド概要

  • 「ドンペリ」の名前となった修道士
  • 修道士ドン・ペリニヨンが作ったシャンパン
  • よいワインを修道院で研究していた!
  • 失敗作から生まれてきたシャンパン
  • 白ワインの研究をかさねたドン・ペリニヨン
  • シャンパンができるのは丈夫なガラスビンのおかげ
  • シャンパーニュの成立は中世の時代
  • 牧歌的な風景をうかがわせるシャンパーニュの命名
  • イタリア王の血を引いたシャンパーニュの領主
  • ヴェルマンドワ家からブロワ家へ
  • 伯爵の位を掛け持ちしたブロワ伯
  • シャンパーニュ伯ティボー2世の闘争
  • シャンパーニュ伯ティボー4世の生い立ち
  • 伯爵の位と引き換えにいとこの借金を肩代わり
  • 借金苦から一転、ナバラ国王へ
  • ロマンスに生きたティボー4世
  • 詩人王と呼ばれたティボー4世
  • ティボー4世が持ち帰ったブドウ、シャルドネ
  • アーサー王物語をまとめあげた作家クレティアン・ド・トロワ
  • フランス王女に寵愛された詩人
  • ミステリアスな作家、クレティアン・ド・トロワ
  • 好立地から発展したシャンパーニュの大市
  • 3つの川にかこまれたシャンパーニュ
  • ブドウ市場から一大国際市場への発展
  • 国際色豊かににぎわったシャンパーニュの経済
  • 交通の便がいい! 流通の中心に
  • シャンパーニュ伯からフランス国王へ
  • シャンパーニュの大市の衰退
  • シャンパーニュと十字軍の関係
  • 状況の変化にとりのこされてしまった大市
  • シャンパーニュの牧歌的な風景に隠れた歴史を感じてみましょう

おすすめ観光スポット

シャンパーニュ(外部サイト)
住所:Champagne, France

「シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち」の続きを読む

フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!

フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ニューカレドニアの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ニューカレドニアってこんな国
  • ニューカレドニアの始まり
  • ヨーロッパ入植以前のニューカレドニア
  • ヨーロッパ人による発見と名前の由来
  • ヨーロッパ人の来島
  • フランスに吸収されたニューカレドニア
  • ニッケル鉱山の発見により一転するニューカレドニア
  • ニューカレドニアの独立戦争
  • フランスの香りが漂う南太平洋に浮かぶ島、ニューカレドニアに訪れてみませんか?

「フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!」の続きを読む

観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史

観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史

「アルゼンチン」と言われて、何を思い浮かべますか?インカ帝国、タンゴ、サッカー、あんまり治安のよろしくないお国柄……いえいえアルゼンチンには非常に魅力的で、そして歴史もとってもワンダフル!さまざまな人種が行きかい、カリスマ独裁者がそれぞれの時代を治めた、とても独特の歴史を持つ国です。さらには20世紀になって開花したラテンアメリカ文学のあれやこれや!ラテンアメリカ文学大好きの筆者があんな作家、こんな...

観光ガイド概要

  • 案外のどかな〈インカ帝国〉時代――コロンブス以前
  • 〈インカ帝国〉ってどんなところだったんだろう?
  • 征服者の到来、そして、おそるべき破壊
  • 新しくスペイン人の到来、新しい国の形
  • 7つの人種で躍動する、大規模農園や鉱山
  • キリスト教の夢の楽園?グアラニーの〈イエズス会〉伝道所
  • アルゼンチン史をいろどる3つの「人」
  • 馬に生き、馬とともに…南米版カウボーイ「ガウチョ」
  • 南米史の影のボス〈クリオーリョ〉〈カウディーリョ〉
  • 独立運動、二人の英雄の物語
  • 寡黙なサン・マルティン、栄光の時代と独立運動の成功
  • 雄弁なカリスマ、迷宮の将軍・シモン・ボリーバル
  • 〈ロサス〉という男の時代――独裁と発展と弾圧の日々
  • 政治家として、独裁者として、恐怖として
  • 本当の恐怖政治のはじまり、そしてみじめな最期
  • ふたたび独裁者――〈ペロン〉とその妻〈エビータ〉の登場
  • 三度までもよみがえった独裁者・ペロン
  • 〈エビータ〉、聖母と呼ばれたファーストレディ
  • ホルヘ・ルイス・ボルヘス、ラテンアメリカ文学の黎明(れいめい)
  • 貧しい図書館事務員から、国立図書館長へ
  • 盲目の作家として、ラテンアメリカ文学の巨人として
  • 第二次世界大戦後、20世紀後半のアルゼンチンは
  • 第二次世界大戦、外貨獲得でガッポリ!?
  • 〈マルビーナス戦争〉あるいは〈フォークランド紛争〉
  • 〈カウディーリョ〉たちの国、アルゼンチン

おすすめ観光スポット

グアラニーのイエズス会伝道所群(外部サイト)
住所:República Federativa do Brasil / República Argentina

「観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史」の続きを読む

美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった

美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ニュージーランドの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ニュージーランドってこんな国
  • ニュージーランドの始まり
  • ヨーロッパ人の入植
  • イギリスの入植とワイタンギ条約
  • イギリスからの独立と近代
  • 現在のニュージーランドの魅力
  • 世界屈指のアクティビティ大国ニュージーランドで快活な観光をしてみませんか?

「美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった」の続きを読む

チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語

チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語

チェコの町の美しさは、ヨーロッパで最も美しい町を語るとき、必ずその名が挙がるほど。チェコに一歩足を踏み入れれば、中世から時が止まったかのような錯覚を覚えることでしょう。とりわけ「宝石箱のような町」と称されるプラハには見どころが多く存在します。今回ご紹介するカレル橋は、歴史の変遷を見守る生き証人として古くからこの地に存在します。見どころとその歴史を見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • プラハ最古の橋「カレル橋」
  • 建築家は若き天才
  • 圧巻の聖人像
  • 幸運の「聖ヤン・ネポムツキー像」
  • 教科書でおなじみのあの人も!?
  • プラハ城から見る「カレル橋」
  • 映画のシーンに登場
  • 夜の散歩も楽しい
  • 橋上は歩行者天国
  • 名物料理「クネドリーキ」
  • 何度でも訪れたいカレル橋

おすすめ観光スポット

カレル橋(外部サイト)
住所:Karlův most, 110 00 Praha 1, Česko

プラハ城(外部サイト)
住所:Prague Castle 119 08 Praha 1

「チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語」の続きを読む

16世紀の海賊時代を彷彿するカリブ海に浮かぶ島!プエルト・リコの歴史

16世紀の海賊時代を彷彿するカリブ海に浮かぶ島!プエルト・リコの歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はカリブ海に浮かぶ島「プエルト・リコの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • プエルト・リコってどんなところ?
  • プエルト・リコの始まりと名前の由来
  • 本格的なスペイン征服時代
  • 無人島から脱出したプエルト・リコ
  • 発展と共に他国や海賊たちに攻撃されるプエルト・リコ
  • やっと訪れた独立運動の始まり
  • スペインから勝ち取った独立もアメリカに占領されたプエルト・リコ
  • アメリカ、スペイン、カリブ文化が色濃く残るプエルト・リコを旅してみませんか?

「16世紀の海賊時代を彷彿するカリブ海に浮かぶ島!プエルト・リコの歴史」の続きを読む

誰がなぜ建てた?世界最大級のブロンズ像「東大寺大仏」の歴史を紐解こう

誰がなぜ建てた?世界最大級のブロンズ像「東大寺大仏」の歴史を紐解こう

日本で一番有名な大仏さまと言えば「東大寺大仏」。「奈良の大仏さま」の愛称でも親しまれている奈良県奈良市にある世界最大級のブロンズ像です。今からおよそ1300年も前に造られ、国宝に指定されています。一体、誰がどのような目的でこのような巨大な大仏を完成させたのでしょうか?今回は、東大寺の大仏さまの謎を一緒に紐解いていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 東大寺大仏ってなに?
  • 正式名称「毘盧遮那仏」(びるしゃなぶつ)
  • 実際の大きさはどのくらい?
  • 東大寺大仏が造られた背景とは?
  • 東大寺大仏を造らせたのは、誰?
  • 東大寺大仏をつくった目的は?
  • 東大寺大仏の歴史
  • 建立から2度の開眼供養まで
  • 2度の焼失と現代に至るまで
  • 東大寺大仏 どうやって造られたの?
  • 現代の費用で約4657億円!
  • 東大寺大仏はこのように造られた!
  • 東大寺大仏の特徴 其の1
  • 東大寺大仏 手の形
  • 東大寺大仏 手に水かきがある?
  • 東大寺大仏 特徴其の2
  • 東大寺大仏 頭
  • 東大寺大仏 おでこ
  • 仏の特徴 三十二相八十種好とは
  • あなたはいくつ見付けられる?三十二相
  • ここに締め文の見出しを記入してください(目安:20文字)

「誰がなぜ建てた?世界最大級のブロンズ像「東大寺大仏」の歴史を紐解こう」の続きを読む

中世にタイムスリップできる、愛し守られてきたシャルトル大聖堂

中世にタイムスリップできる、愛し守られてきたシャルトル大聖堂

パリからほど近い街・シャルトルにある大聖堂は美しいのステンドグラスとゴシック建築の巡礼の中心地として、800年前の昔から人々に愛され守られてきました。 前半ではいかにこの大聖堂が愛されてきたのかをご紹介し、後半では世界遺産として認められたその特色についてご案内していきます。 ご一緒に中世の時代にタイムスリップいたしましょう!...

観光ガイド概要

  • 聖母マリアのための教会
  • シャルトル大聖堂の名前を知っていますか?
  • 農民たちの信仰心
  • マリア信仰が大盛り上がり
  • 王家からの聖遺物の贈り物
  • ステンドグラスに込めた戦勝祈願
  • 中世フランス巡礼の聖地へ
  • パリから最も近い巡礼地
  • ここでエルサレムへ巡礼したことに?
  • 地元民に愛された大聖堂
  • 何度も火事にみまわれては再建
  • 愛しすぎて奇跡のオンパレード
  • ロマネスクからゴシックへ
  • あるものは残して最新の建築で
  • 梁の技術革新で明るい教会に
  • 多彩な表情の聖人たち
  • 装飾から宗教芸術へ
  • 聖書を知らなくても楽しめる彫刻たち
  • 誰にも真似できない「シャルトル・ブルー」
  • シャルトル・ブルーの奇跡
  • ステンドグラスの役割
  • シャルトル大聖堂の聖母マリア
  • 絵ガラスの聖母
  • 黒い聖母
  • 歴史を見てきた大聖堂
  • フランスの宗教戦争とシャルトル大聖堂
  • フランス革命と世界大戦
  • シャルトルの発展と世界遺産へ
  • シャルトルの街の発展
  • 世界遺産登録へ
  • 愛され守られてきた大聖堂

「中世にタイムスリップできる、愛し守られてきたシャルトル大聖堂」の続きを読む

今なお混沌とする聖地…三大宗教の聖地「エルサレム」とパレスチナの歴史

今なお混沌とする聖地…三大宗教の聖地「エルサレム」とパレスチナの歴史

キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の三つの宗教で聖地とされるエルサレムを中心としたパレスチナ。20世紀中盤以降この地域は混乱を極め、中東問題、特に「パレスチナ問題」といわれる対立を繰り返してきました。このパレスチナの問題の原点はどこにあるのでしょうか?どうしてこの地域がこれほど混乱してしまったのでしょう? パレスチナの歴史を振り返り、今もなお混沌としているパレスチナ問題のルーツを探ってみたいと思い...

観光ガイド概要

  • 「カナン」と呼ばれた土地
  • イスラエル人の登場以前のパレスチナ
  • 神がユダヤ人に与えた「約束の地」
  • イスラエル王国の建国と興亡
  • イスラエル王国 成立と分裂
  • バビロン捕囚とローマ帝国による支配
  • 三大宗教の聖地「エルサレム」
  • ユダヤ教とキリスト教の聖地
  • イスラム教の勃興とエルサレム
  • イスラム帝国の時代と十字軍
  • イスラム帝国の勃興
  • 十字軍の時代
  • オスマン帝国の時代
  • 十字軍後のパレスチナ
  • オスマン帝国の進出
  • 帝国主義時代のパレスチナ
  • オスマン帝国の弱体化と民族主義
  • エジプトをめぐる情勢とパレスチナ
  • 第一次世界大戦とパレスチナ
  • 第一次世界大戦とイギリスの「三重外交」
  • 「三重外交」の実態とシリア・パレスチナ作戦
  • 戦後と「イギリス委任統治領パレスチナ」
  • 第二次世界大戦とパレスチナ
  • 大戦下のパレスチナとホロコースト
  • イギリス統治の終了とパレスチナ分割決議
  • 中東戦争とイスラエルの拡大
  • 中東戦争の勃発
  • イスラエルの拡大と対立の変化
  • 中東和平から現在
  • 国際的なイスラエル批判とパレスチナ側の変容
  • 中東和平への道のり
  • 今なお混沌とする聖地…

「今なお混沌とする聖地…三大宗教の聖地「エルサレム」とパレスチナの歴史」の続きを読む

天下を我が物にした平清盛が、わずか20年ほどで滅び去る「源平合戦」

天下を我が物にした平清盛が、わずか20年ほどで滅び去る「源平合戦」

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。この一文から始まる、「平家物語」。おごり高ぶる人の栄華も長く続くものではないと続きます。平安時代後期、権勢を得た平清盛(たいらのきよもり)と平氏一族。天下を我が物にした平氏が、わずか20年ほどで滅び去っていくのです。その彼たちの栄枯盛衰はどのようなものだったのでしょうか。ぜひご覧ください。...

観光ガイド概要

  • 武士の棟梁が表舞台に~保元・平治の乱
  • 源氏の棟梁源義朝と平氏の棟梁平清盛
  • 源義朝と藤原信頼の不満が爆発した、平治の乱
  • 「平氏にあらずんば 人にあらず」~平氏のおごり
  • 前権力者と同じやり方で手中に収める、平清盛ら平氏一族
  • 黒幕は後白河上皇、鹿ケ谷の陰謀
  • 後白河上皇との権力争いに勝利、治承三年の政変
  • 各地で広がる、反平氏の火
  • 次の天皇にはこの私が、以仁王の挙兵
  • 父の仇を討つ時ぞ、富士川の戦い
  • 清盛の死と源義仲の挙兵
  • 後白河上皇や京都の民に受け入れられなかった~源義仲の上洛
  • 火牛の策、倶利伽羅峠の戦い
  • 後白河上皇と源義仲の対立
  • 源義仲の滅亡
  • おごれる人も久しからず~平氏の滅亡
  • ひよどり越えの逆落とし、一ノ谷の戦い
  • 那須与一と扇の的、屋島の戦い
  • 平氏の滅亡、壇ノ浦の戦い
  • たけき者も遂にはほろびぬ

「天下を我が物にした平清盛が、わずか20年ほどで滅び去る「源平合戦」」の続きを読む

「聖徳太子」は存在しなかった?謎多きその生涯について

「聖徳太子」は存在しなかった?謎多きその生涯について

「聖徳太子」という人物を知らない人はいないのではないでしょうか?今から1400年以上前の飛鳥時代、数々の偉業を成し遂げた皇子です。特に『憲法十七条』は現代でも通用する素晴らしい教えが書かれています。しかし聖徳太子の出生から死因までは数々の謎に包まれています。最近では、「聖徳太子は存在しなかったのではないか?」とまで言われています。謎多き聖徳太子の生涯を一緒に紐解いていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 「聖徳太子」の数々の伝説とは?
  • 聖徳太子の出生と伝説
  • 聖徳太子の別名と伝説
  • 聖徳太子の死因と伝説
  • 聖徳太子の偉業 其の一
  • 官位十二階の制定
  • 憲法十七条を作成
  • 聖徳太子の偉業 其の二
  • 遣隋使を派遣
  • 法隆寺の建立
  • 聖徳太子は存在しなかった?
  • 謎多き聖徳太子、縁の地をぜひ訪れてみましょう!

「「聖徳太子」は存在しなかった?謎多きその生涯について」の続きを読む

広島観光の前に知りたい「福山城」の歴史。成り立ちから今日まで

広島観光の前に知りたい「福山城」の歴史。成り立ちから今日まで

福山城はどの様に作られ、どの様な建物で構成されているのでしょうか?また福山城と福山の街はいつ作られ、どの様な人に治められ、そのために藩主は領民の生活のために何を作ったのでしょうか?ペリーらの襲来による鎖国の終わりや幕府の長州征伐など日本の歴史とも関わっていますので見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 福山城と福山の街はどのようにあり、成り立っていったのか?
  • 福山城はどこから見られるか?
  • なぜ「福山」という地名になったのか?
  • 福山水道と福山城のつくり
  • 福山の旧上水道
  • 天守閣と伏見櫓はどの様にできているか?
  • 福山城はどのような建物で構成されているか?
  • 筋鉄御門と鏡櫓はどんな建物か?
  • 月見櫓と湯殿はどんな建物か?
  • 水野氏の藩政はどの様なものだったか?
  • 水野勝成は福山で何を作ったか?
  • 勝成以後の水野氏の藩政とその終わり
  • 松平氏と、そして阿部氏はどの様な政治をおこなったか?
  • 松平忠雅と阿部正邦の政治はどのようなものだったか?
  • 阿部正福(まさよし)は農民に対してどのような政策をおこなったか?
  • 正右(まさすけ)と正倫(まさとも)の時代になぜ財政の乱れがおきたか?
  • 正右(まさすけ)が藩主の時期、福山の藩政はどのように乱れたか?
  • 正倫(まさとも)の時代、福山藩政はどの様に荒れていったか?
  • 正倫から正精(まさきよ)に変わり、藩政はどの様に変化したか?
  • 正倫は財政を立て直すために何をやったか?
  • 文化の振興を図った正精(まさきよ)の時代
  • 老中となった正弘は日本と福山にとってどんな存在だったか?
  • 病弱な正寧(まさやす)と正弘の時代はどのようなものだったか?
  • 阿部正弘は幕府の政治でどのような影響を与えたか?
  • 幕末の動乱に福山藩主たちはどう対応したか?
  • 正弘は外国の脅威に対してどう対応したか?
  • 長州征伐のとき福山藩はどうしていたか?
  • 明治以後の福山城はどうなったか?
  • 明治維新で福山はどう変わったか?
  • 明治から昭和、そして現代にかけて福山城はどう変わっていったか?
  • 福山城がどんな歴史を持つかおわかりいただけましたか?

「広島観光の前に知りたい「福山城」の歴史。成り立ちから今日まで」の続きを読む

近代を切り開いた男達のドラマがここに!明治日本の産業革命遺産

近代を切り開いた男達のドラマがここに!明治日本の産業革命遺産

2015年、日本各地の23の遺跡が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として、世界文化遺産に登録されました。ここにはかつて、幕末から明治にかけて、日本の夜明けを夢見て奮闘した男たちのドラマがありました。伊豆、釜石、佐賀、薩摩、長州、長崎、三池、八幡と、各地に眠るかれらの物語を、歴史のおおきな流れと、そして各地の遺跡とともに、紹介していきましょう。...

観光ガイド概要

  • 国を守り欧米に追いつくため、日本の産業革命がはじまった
  • 欧米の産業革命と、大国・清の敗北
  • 日本の産業革命は大砲用の製鉄からはじまった
  • 伊豆代官江川英龍の「韮山反射炉」とかれの業績
  • 江川英龍の反射炉づくり
  • 英龍は近代日本の形にさまざまな分野でかかわった
  • 近代製鉄の父、大島高任の高炉(釜石と高野)
  • 鉄の大量生産をなしとげた高任
  • 高任の高炉が近代日本の産業をリードした
  • 近代化のトップをきった佐賀藩の鍋島直正と技術者たち
  • 「そろばん大名」直正の財政手腕
  • 反射炉と蒸気船ドックをはじめて建造する
  • 本格的な工場群をつくった薩摩藩とそのリーダー島津斉彬
  • はじめての本格的な工場群「集成館」
  • 斉彬の開明的な思想が明治政府にうけつがれる
  • 幕末の日本を動かした長州藩の志士たち
  • 萩城下町での松下村塾と、長州の産業革命遺産
  • 攘夷から倒幕へ、藩を統一する高杉晋作
  • 幕末の回天に力をあたえた長崎の2人の男
  • 武器商人グラバーの貢献
  • 薩摩と長州を同盟させた坂本龍馬
  • 明治日本の造船と炭鉱開発をリードした長崎
  • 東洋一の工場となった三菱長崎造船所
  • 高島炭鉱と端島炭鉱(軍艦島)の石炭
  • 三池炭鉱と八幡製鉄所、ついに日本は欧米に追いついた
  • 三井のキリフダ團琢磨がつくった三池炭鉱と三池港
  • 八幡製鉄所の建設によって日本の産業革命は完成した
  • すべてのリストと世界遺産になった経緯をまとめました
  • 世界遺産23リストのまとめ
  • 23リストが世界遺産になった経緯と歴史上の価値
  • 幕末から明治にかけて先人の残した足跡を見にいこう

「近代を切り開いた男達のドラマがここに!明治日本の産業革命遺産」の続きを読む

富士山はなぜ世界遺産になれたの?富士山の歴史11の小話

富士山はなぜ世界遺産になれたの?富士山の歴史11の小話

世界遺産に登録された富士山。世界遺産に登録されるには、美しさだけでなく歴史的なストーリーが欠かせないのですが、富士山は「信仰の対象と芸術の源泉」として登録されています。日頃から富士山を遠くに眺めることはあれど、富士山の歴史を知らなければ、なんだか仰々しい名前が付いたと思いませんか?しかし立派な根拠が数々のストーリーにあふれているのです。なぜ「信仰」「芸術」と言われているのかがわかるストーリーを、1...

観光ガイド概要

  • 現代に活きる富士山とゲン担ぎ
  • 日本誕生とともに始まった富士信仰
  • 富士信仰と関係のある「富士山噴火」
  • 「浅間神社」誕生の秘話
  • 「浅間神社」の総本宮はココ!!
  • あなたの住む街にも「浅間神社」
  • かぐや姫の正体は実は富士山だった?
  • 神仏習合としての富士信仰 富士山は大日如来でもあります
  • さらに修験道という日本独特の宗教も
  • 厳しい修行の場所でもあった富士山
  • 庶民にも広がった富士での修行 富士講の確立
  • 富士信仰は日本宗教そのものなのです
  • 富士山そのものが芸術作品
  • 富士山を詠み、描いた人々
  • 万葉集から古典文学への与えた多大な影響
  • 伊勢物語~貴族のアイドル
  • 不老不死の薬は富士山にある?
  • 近現代文学と富士山
  • 浮世絵と富士山
  • 富士山の歴史は続く…

「富士山はなぜ世界遺産になれたの?富士山の歴史11の小話」の続きを読む

フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと

フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと

フランスといえば日本でも旅行先として人気の高い国ですが、あなたはフランスにどういったイメージをお持ちですか?ルーブル美術館がある芸術の国、いろんな有名ブランド発祥のおしゃれな国、フランス料理やフランスワインなどの美食の国、といったように、人によって様々なイメージが浮かぶかと思いますが、私たちはフランスについてどれほどのことを知っているのでしょう?ここでは、豊かな文化と伝統の国フランスを知る上で絶対...

観光ガイド概要

  • フランスってどんな国?
  • これだけは知っておこう!フランスの9つの歴史的事実
  • 1.古代ローマ時代の呼び名は「ガリア」
  • 2.ゲルマン民族の大移動!フランク王国成立
  • 3.百年戦争勃発!カペー家による統治
  • 4.国民的ヒロイン!ジャンヌ・ダルクの軍隊指揮能力
  • 5.ブルボン朝成立、ルイの台頭
  • 6.フランス革命!バスチーユ牢獄襲撃やヴァレンヌ事件
  • 7.第一共和制の誕生!その後の王政復古まで
  • 8.ナポレオン3世の登場
  • 9.フランスから見た2つの世界戦争
  • 重厚な歴史に基づく伝統の国

「フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと」の続きを読む

宮城県・仙台に行ったら行きたい!パワースポット決定版28選

宮城県・仙台に行ったら行きたい!パワースポット決定版28選

日本全国・47都道府県に点在する「パワースポット」。自然が残した芸術的自然スポット、歴史上の人物が造り上げた寺院など様々な個性を放つスポットが多数あり、来る者の心身に新しい力を宿してくれます。今回はそんな全国のパワースポットから宮城県・仙台にあるパワースポットを見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 東北地方の最大都市・仙台
  • 伊勢神宮より下げ渡された「宮城県護国神社」
  • 伊達政宗を祀る「青葉神社」
  • 杜の都・仙台の象徴「定禅寺通りのケヤキ並木」
  • 徳川家康を祀る「仙台東照宮」
  • 仙台生まれの名詩人の旧居「晩翠草堂」
  • 伊達家の守護神社「大崎八幡宮」
  • 奈良時代に発見された古湯「作並温泉」
  • 鳳鳴のように聞こえる「鳳鳴四十八滝」
  • 一生に一度の大願を叶えてくれる「西方寺」
  • 伊達政宗が眠っている「瑞鳳殿」
  • 仙台市有数のサクラの名所「桜岡大神宮」
  • 商売繁盛の神と崇められる「三瀧山不動院」
  • 洪水・干ばつ・疫病などにご利益「三居沢不動尊」
  • 縁結びの隠れパワースポット「野中神社」
  • 自然あふれる造り「奥新川」
  • 日本の都市公園100選に選出「榴岡公園」
  • 学業での成功を祈る「榴岡天満宮」
  • 東北地方有数の縁結びパワースポット「二柱神社」
  • 巨大観音がシンボル「大観密寺」
  • 幻想的な空間広がる「光明の滝」
  • 日本3大名瀑の1つ「秋保大滝」
  • 願望成就の尊像として崇められる「秋保不動尊」
  • 1400年以上の歴史を誇る「秋保温泉」
  • 個性的岩が並ぶ「磊々峡」
  • 国の天然記念物となった瀑布「姉滝」
  • 自然が作り出した芸術作品「磐司岩」
  • 縄文時代の世界を体感「仙台市縄文の森広場」
  • 安産や幼児の無事を守る「満福寺」
  • 仙台最古の木造建築物「陸奥国分寺」
  • 杜の都・仙台でパワーをもらっていこう

おすすめ観光スポット

宮城県護国神社(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区川内1

青葉神社(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区青葉町7-1

定禅寺通り(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区国分町2丁目15 定禅寺通り

仙台東照宮(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1

晩翠草堂(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区大町1-2-2

大崎八幡宮(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1

作並温泉(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区作並

鳳鳴四十八滝(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区作並字棒目木

西方寺(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区大倉字上下1

瑞鳳殿(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2

桜岡大神宮(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園1-1

三瀧山不動院(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区中央2-5-7

三居沢不動尊(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区荒巻三居沢

野中神社(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区1-2-7

奥新川ライン(外部サイト)
住所:宮城県仙台市青葉区新川八森

榴岡公園(外部サイト)
住所:宮城県仙台市宮城野区五輪

榴岡天満宮(外部サイト)
住所:宮城県仙台市宮城野区榴ケ岡23

二柱神社(外部サイト)
住所:宮城県仙台市泉区市名坂西裏61

大観密寺(外部サイト)
住所:宮城県仙台市泉区実沢中山南31-36

光明の滝(外部サイト)
住所:宮城県仙台市泉区朴沢

秋保大滝(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝

秋保不動尊(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝11

秋保温泉(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元

磊々峡(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原地内

姉滝(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場中小屋

磐司岩(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場岳山

仙台市縄文の森広場(外部サイト)
住所:宮城県仙台市太白区山田上ノ台町10-1

満福寺(外部サイト)
住所:宮城県仙台市若林区荒町206

陸奥国分寺(外部サイト)
住所:宮城県仙台市若林区木ノ下3-8-1

「宮城県・仙台に行ったら行きたい!パワースポット決定版28選」の続きを読む

韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう

韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう

あなたは韓国・ソウルへ行ったら何をしようと考えますか。焼き肉をはじめとしたグルメや古代の歴史的スポット、ショッピングなど多数あり、どのような旅をしてどこを回るか迷う人も多いでしょう。今回は韓国・ソウルの数あるスポットの中から「ソウル・オリンピック公園」について見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • オリンピック公園・公園がある場所について
  • 公園のシンボル「世界平和の門」
  • オリンピック記念の橋「オリンピック大橋」
  • 指定史跡になった歴史的スポット「夢村土城」
  • 古代の韓国を知る「漢城百済博物館」
  • K-POPの聖地「オリンピック体操競技場」
  • 花を見ながらの散策にも最適

おすすめ観光スポット

オリンピック公園(外部サイト)
住所:大韓民国ソウル特別市松坡区芳荑洞

オリンピック大橋(外部サイト)
住所:大韓民国ソウル特別市漢江

夢村土城(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区芳荑洞 88-3

漢城百済博物館(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区慰礼城大路71

オリンピック体操競技場(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区オリンピック路 424

「韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう」の続きを読む

江戸幕府はどうやって誕生したの?これでわかる「徳川家康」の歴史

江戸幕府はどうやって誕生したの?これでわかる「徳川家康」の歴史

「狸親父」などとあだ名をつけられ、なにかと腹黒いイメージのある徳川家康ですが、「人生は重き荷を負ひて坂道を登るが如し」を座右の銘にしていた家康は、幼い頃から苦労の連続。一歩間違うと谷底に転落してしまう、そんな戦国時代を、小国の大名家に生まれながら、ついには天下を取り、江戸幕府を開きました。鎌倉幕府や室町幕府より、ずっと長く続いた江戸幕府。それには、徳川家康の長い人生のさまざまな苦労から得られた、素...

観光ガイド概要

  • 幼い頃の家康は織田氏と今川氏の人質に
  • 松平広忠の長男として岡崎城に誕生
  • 2つの戦国大名にはさまれることに…
  • 桶狭間の戦いで今川義元は戦死
  • 家康は今川義元と親戚に
  • 桶狭間の戦いに負けたのか、勝ったのか
  • 松平から徳川の姓に!
  • 清洲同盟で織田信長と手を組み「家康」になる
  • 三河の一向一揆を鎮圧し朝廷から徳川の姓を許される
  • 負け知らずの家康が武田信玄には敗北
  • 岡崎城から浜松城に本拠地を移す
  • 三方ヶ原の戦いで負け、家康は成長
  • 武田氏が滅亡して家康は駿府城を手中に
  • 長篠の戦いから武田氏の滅亡まで
  • 駿府城は家康にとって故郷のようなものでした
  • 本能寺の変で織田信長が死去
  • 「敵は本能寺にあり」と本当に叫んだのでしょうか
  • 羽柴秀吉に先を越されてしまいました
  • 小牧・長久手で羽柴秀吉と対決
  • 秀吉と家康がにらみ合った戦いでした
  • 秀吉が関白になりついに天下統一
  • 豊臣家の五大老のひとりに
  • 北条氏が滅亡して家康は江戸城に移動
  • 豊臣の五大老・五奉行の政治制度
  • 関ヶ原の戦いで勝利して江戸幕府を開く
  • 天下分け目の決戦はたった半日で終了
  • 江戸幕府が開かれる
  • 大坂の陣で豊臣氏を滅ぼす
  • 二条城で豊臣秀頼と会見して決心したのです
  • 大坂冬の陣と夏の陣、そしてその後の江戸幕府
  • 家康には学ぶことが多い!

「江戸幕府はどうやって誕生したの?これでわかる「徳川家康」の歴史」の続きを読む

マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」

マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」

長い歴史で美術の巨匠たちが残した作品が並ぶ美術館。現代に残る美術作品は作者の個性が残るものも多くあり、そこから人生のヒントを得たり芸術心を刺激されたりした方もいるのではないでしょうか。今回はそんな世界中に存在する美術館の中でスペイン・マドリードの「プラド博物館」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • 世界有数の美術館「プラド美術館」
  • 名作家の銅像「ベラスケス像」
  • 宮廷の一場面が見える・ベラスケス作「ラス・メニーナス」
  • シュールな世界観が広がる・ボス作「快楽の園」
  • フランシスコ・デ・ゴヤ作「裸のマハ」
  • 服を着せた「着衣のマハ」も存在する
  • 歴史的瞬間を描いた「マドリード、1808年5月3日」
  • 1日では見終わらないボリューム

おすすめ観光スポット

プラド美術館(外部サイト)
住所:Paseo del Prado, s/n, 28014 Madrid, Spain

「マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」」の続きを読む

和歌山に行ったら訪れたい!個性的なパワースポット決定版42選

和歌山に行ったら訪れたい!個性的なパワースポット決定版42選

全国47都道府県に点在するパワースポットは、現代の旅行における定番スポット。歴史的な建築物から土地の自然が生かされたスポットなど、様々な個性を持つスポットは訪れるだけで見えない力をくれるものです。今回はそんな全国にあるスポットの中から、和歌山県にある個性的パワースポットを見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 全国的に有名な有田みかんの産地
  • 和歌山県最大のパワースポット「高野山」
  • 空海が訪れた日本仏教の聖地「金剛峯寺」
  • 将軍家の菩提寺として信仰「金剛三昧院」
  • 高野明神と丹生明神を祀る「明神社」
  • 日本三大名滝の1つ「那智滝」
  • 朱塗りの社殿が特徴的な熊野三山の1つ「熊野那智大社」
  • ユネスコの世界遺産「青岸渡寺」
  • 干潮時のみ行ける貴重なスポット「白蛇弁天」
  • 朝日も美しい天然記念物「橋杭岩」
  • 熊野権現が最初に降臨した「潮御崎神社」
  • 日本最大級の一枚岩が残る「古座川」
  • カップルや夫婦で訪れよう「三段壁洞窟」
  • カップルで見たい個性的な展示物「白浜美術館」
  • 熊野権現が最初に降臨した霊石「神倉神社」
  • 生い茂る林を見ていこう「立神社」
  • 樹齢450年以上とされる大木「和歌山城の大楠」
  • 木材関係者が多く訪れる「伊太祁曽神社」
  • 縁結びの神様「竈山神社」
  • 女性のための神社「淡島神社」
  • 縁結びの強い力「日前神宮」
  • 縁を結ぶ名物坂「紀三井寺」
  • 矢宮神社は「やのみや」さんとして親しまれる
  • 乳岩伝説が残されている「滝尻王子」
  • 熊野本宮大社の旧社地「大斎原」
  • 樹齢800年以上の大杉でパワーアップ「継桜王子」
  • 個性的岩や季節の絶景を見よう「奇絶峡」
  • 源氏を勝利に導いた水軍の伝説が残る「闘鶏神社」
  • 日本三美人湯の地に建つ「皆瀬神社」
  • 日本最古の温泉「湯の峰温泉」
  • 最初に温泉が噴出した場所「東光寺」
  • 安産祈願や縁結びのご利益「高原熊野神社」
  • 3県を流れる峡谷「瀞峡(どろきょう)」
  • 熊野三山へ参拝する天皇が宿泊した「藤白神社」
  • 国宝に指定された貴重な建築物「長保寺」
  • 重要文化財が多く残る「粉河寺」
  • 那智の滝の次に大きい「次の滝」
  • 宝くじ当選祈願が有名「紀州宝来宝来神社」
  • 県内最大級の楠は樹齢約500年「田殿丹生神社」
  • 身代り不動さん「根来寺」
  • 山々の絶景を眺める「ごまさんスカイタワー」
  • 絵説き説法による伝説紹介が人気「道成寺」
  • 尺八発祥の地「鷲峰山興国寺」
  • 和歌山へ行った際はぜひ訪れよう

おすすめ観光スポット

金剛峯寺(外部サイト)
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132

金剛三昧院(外部サイト)
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山425

明神社(外部サイト)
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132

那智滝(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

熊野那智大社(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

青岸渡寺(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山8

白蛇弁天(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町弁天島

橋杭岩(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡串本町橋杭

潮御崎神社(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2881

古座川の一枚岩(外部サイト)
住所:和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬

三段壁洞窟(外部サイト)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52

白浜美術館(外部サイト)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町坂田1−1

神倉神社(外部サイト)
住所:和歌山県新宮市神倉1-13-8

立神社(外部サイト)
住所:和歌山県有田市野698

和歌山城の大楠(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市一番丁3

伊太祁曽神社(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市伊太祈曽558

竈山神社(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市和田438

淡島神社(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市加太118

日前神宮(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市秋月365

紀三井寺(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市紀三井寺1201

矢宮神社(外部サイト)
住所:和歌山県和歌山市関戸1-5-27

滝尻王子(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市中辺路町栗栖川859

大斎原(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮1

継桜王子(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市中辺路町野中615-1

奇絶峡(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市上秋津

闘鶏神社(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市湊655

皆瀬神社(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市龍神村龍神1346

湯の峰温泉(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市本宮町下湯川

東光寺(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市本宮町湯峯113

高原熊野神社(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市中辺路町高原1120

瀞峡(外部サイト)
住所:和歌山県新宮市熊野川町嶋津

藤白神社(外部サイト)
住所:和歌山県海南市藤白466

長保寺(外部サイト)
住所:和歌山県海南市下津町上689

粉河寺(外部サイト)
住所:和歌山県紀の川市粉河2787

次の滝(外部サイト)
住所:和歌山県有田郡有田川町延坂521

紀州宝来宝来神社(外部サイト)
住所:和歌山県有田郡有田川町田角502-1

田殿丹生神社(外部サイト)
住所:和歌山県有田郡有田川町出335

根来寺(外部サイト)
住所:和歌山県岩出市根来2286

ごまさんスカイタワー(外部サイト)
住所:和歌山県田辺市龍神村龍神1020−6

道成寺(外部サイト)
住所:和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738

鷲峰山興国寺(外部サイト)
住所:和歌山県日高郡由良町門前801

「和歌山に行ったら訪れたい!個性的なパワースポット決定版42選」の続きを読む

イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」

イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」

テオドシウスの城壁は、イスタンブール旧市街の西側をすっぽり覆うように造られた城壁です。鉄壁の防御を誇り、征服者と呼ばれたメフメット2世がこの町を陥落させたときも、この城壁は完全には崩すことができませんでした。現在でも保存状態は良く、かなりの部分が修復されています。テオドシウスの城壁とその周辺の見どころを紹介します。...

観光ガイド概要

  • 5世紀初頭につくられた頑強な城壁
  • 難攻不落の最強の城壁
  • 長さは約7kmにおよぶ
  • 世界遺産にも登録されている
  • テオドシウスの城壁の南端に位置する要塞イエディクレ
  • ミフリマフ・ジャミイの外観
  • 可憐なミフリマフ・ジャミイの内部
  • ステンドグラスが愛らしい
  • 見ごたえのあるカーリエ博物館
  • 色鮮やかなモザイク画が美しい
  • 登ることが出来る城壁

おすすめ観光スポット

テオドシウスの城壁 (外部サイト)
住所:Kariye Mh., 34050 Istanbul 

イエディクレ(外部サイト)
住所:Imrahor Mh 34107 Istanbul

ミフリマフ・ジャミイ(外部サイト)
住所:Karagümrük Mahallesi, Mihrimah Sultan Mosque, Fatih/İstanbul, Turkey

カーリエ博物館(外部サイト)
住所:Derviş Ali Mh., Kariye Cami Sk. No:8, 34087 Fatih/İstanbul

「イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」」の続きを読む

観光の前に知っておきたい、京都「東寺」の歴史

観光の前に知っておきたい、京都「東寺」の歴史

京都のシンボル「東寺の五重塔」。有名な空海こと弘法大師ゆかりのお寺です。東寺真言宗の総本山であり、日本で最初に建てられた密教寺院でもあります。昔から庶民の深い信仰を集めており、毎月21日に、弘法大師の縁日とされる「弘法市」が今でも開かれています。今回は、京都のお寺の代表格でもあり、1994年に世界遺産に登録された素晴らしい東寺の魅力をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 東寺?教王護国寺?名称が2つ存在するお寺!
  • 東寺なの!教王護国寺なの!どちらが正解?
  • それぞれ名称の由来とは?
  • 東寺の歴史
  • 建立から焼失まで
  • 復興と現代まで
  • 密教ってなに?
  • 真言密教とは
  • 弘法大師の教え
  • 東寺のみどころ 金堂・講堂
  • 金堂(こんどう)
  • 講堂(こうどう)
  • 立体曼荼羅とは
  • 五智如来・五菩薩
  • 五明王・天部
  • 東寺のみどころ 五重塔(ごじゅうのとう)
  • 五重塔はなぜ高い?
  • 五重塔の内部は?
  • 東寺のみどころ 御影堂・弘法市
  • 御影堂(みえいどう)
  • 弘法市(こうぼういち)
  • 東寺の七不思議
  • ここでしか見れない立体曼荼羅をぜひご自身の目で!

「観光の前に知っておきたい、京都「東寺」の歴史」の続きを読む

ガラパゴス諸島はなぜ世界遺産になったのか?その成り立ちと歴史

ガラパゴス諸島はなぜ世界遺産になったのか?その成り立ちと歴史

孤立した環境の中で独自の進化をとげたことを「ガラパゴス化」と表現することがあります。ガラパゴスとはもちろん、ダーウィンの進化論で有名な『ガラパゴス諸島』のこと。独自の進化とは?世界遺産(自然遺産)第一号に認定された理由は?数奇な運命をたどった不思議なこの島の歴史と魅力に迫ります。...

観光ガイド概要

  • 世界自然遺産・ガラパゴス諸島
  • ユネスコ自然遺産
  • ガラケー
  • ガラパゴスはどこにある?
  • 絶海の孤島
  • 16~18世紀のガラパゴス諸島
  • ガラパゴス諸島の発見
  • 海賊と捕鯨時代
  • エクアドルの領土へ
  • ダーウィンの登場
  • 人物像と時代背景
  • ビーグル号乗船
  • ダーウィンが見たガラパゴス
  • 種の起源
  • ガラパゴスの生物たち
  • 海洋島
  • 植物たちはどこから?
  • 動物たちはどこから?
  • 生物進化の実験室
  • 世界遺産への歩み
  • 捕鯨時代から自然保護へ
  • ダーウィン研究所
  • 世界遺産から危機遺産へ
  • 危機遺産からの脱却~そして現在へ
  • 最後に
  • 愛すべき絶海の孤島

「ガラパゴス諸島はなぜ世界遺産になったのか?その成り立ちと歴史」の続きを読む

1 2 3 4 5 6 11