白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?

現在世界各地で開催され、白熱のバトルが展開される「自動車レース」。車の性能やそれを操縦するレーサーの腕が試されるこのスポーツはヨーロッパ、アメリカを中心に大きな人気を誇り、長い歴史を誇る「F1グランプリ」などは世界的な知名度を誇る巨大スポーツイベントとして知られています。それではそんな「自動車レース」はどのような歴史を歩んできたのでしょうか。


起源は1880年代から

起源は1880年代から

image by PIXTA / 21842080

自動車レースの起源とされているのは、1887年4月28日にフランス・パリ~ベルサイユ間で行われたものとされています。
このレースでは資産家アルベール・ド・ディオン伯爵とともに「ド・ディオン・ブートン蒸気自動車」を開発した技術者ジョルジュ・ブートンがヌイイ橋からブローニュの森(パリ)までの約2キロメートルを走行し優勝。

それから7年後の1894年7月22日には「パリ・ルーアン(フランス西部・セーヌ=マリティーム県の都市)トライアル」が開催され、これは「126Kmを12時間半以内に走行する」ことを条件に順位を競うもの。
現在では速さを競う面もあるモータースポーツですが、ここでは「安全で操縦し易く走行経費が少ない、壊れにくい車」が優勝することになっており、コースの途中で昼食会が開かれるという内容。
激しいレースが展開される現代のレースからは想像できないほど「のんびり」したものですね。

この大会では事前登録時に102名もの公募が集まり、参加した車の種類も蒸気自動車、人力利用自動車などバラエティに富んだもの。
最終的にスタートしたのは21台でそのうち完走は17台、優勝した蒸気自動車は平均時速18.8kmで優勝。
これが世界で初の「モータースポーツ・イベント」となります。

世界で始まるレース

世界で始まるレース

image by iStockphoto

1894年に「パリ・ルーアントライアル」が開催されると、フランスでは「フランス自動車クラブ (ACF) 」が誕生。
この翌年1895年6月にはパリ・ボルドー間を往復する総走行距離1,178キロメートルの長距離レースが実施され、22台が出走。
レースは48時間48分後に「パナール(フランスの自動車メーカー)・ルバソール」がゴールにやってきますが、車は「4人乗り」という競技規則に反していたため優勝ならず(2人乗りになっていた)。
このとき車を操縦していたエミユ・ルバソールは約50時間睡眠をとらずに走り続けており、7年前ののんびりしたレースから大きくレーススタイルは変わっていますね。

その翌年1895年11月28日には遠く離れたアメリカ・イリノイ州のシカゴからスタートする走行距離54.36マイル(約87.48k)のレースを実施。
自動車エンジニアのフランク・デュリエが10時間23分で優勝しましたが、レースは吹雪に見舞われる大荒れの展開になり、ほとんどの参加者が脱落することに。
いつの季節でもレースは厳しいものでしょうが、冬に向かっている11月末頃の吹雪はより過酷ですね。

その後1897年にはフランス・ニースで3月後半から「スピードウィーク」と呼ばれる世界初の定期的モータースポーツ・イベントが開始。
短距離で高速性能を競う「スプリントレース」、静止状態から加速し直線タイムを競う「ドラッグレース」、山や丘陵の上り坂コースを走る「ヒルクライム」などの競技がここで行われました。

初の「国別対抗レース」が開催

初の「国別対抗レース」が開催

image by iStockphoto

少しずつ自動車レースの形ができあがってきたころ、1900年から1905年にかけて「ゴードン・ベネット・カップ」と呼ばれる国別対抗レースが開催。
パリ在住の大富豪ジェイムズ・ゴードン・ベネット・ジュニア発案により創設されたレースの第1回はフランス・パリからリヨン間568kmで速さを競うもので、地元フランスのフェルナン・シャロンが平均約62km/hで優勝。
フランス勢はその後1901年、1904年、1905年でも優勝し、計4回優勝を記録。

このレースでイギリスチームが第3回(1902年)から正式採用した緑は「ブリティッシュグリーン」と呼ばれるようになり、1902年大会ではイギリスチームが優勝。
これ以降イギリスのモータースポーツでは「ナショナルカラー」とされるようになり、ロータス、ジャガーといったF1チームでもこの色が採用されています。

またフランスでは1901年にポー(フランス南西部)で開催された「グランプリ・デュ・パレ・ドール」、「グランプリ・ド・ポー」において初めてクラス分けした形でのレースが行われ、初めて「グランプリ」の名前も使用。
1906年に「フランス自動車クラブ」独自主催で行われた「フランスグランプリ」は国際規模のグランプリレース最古の歴史を持ち、後にF1のレースとして開催。

その他1907年には「北京・パリ大陸横断レース」で14994kmを横断するレース、翌1908年にはニューヨーク・パリ間レースが開催。
後者では途中日本の横浜、敦賀(つるが。
福井県)を経由しており、これが日本で初めてモータースポーツレースが行われた瞬間に。
日本でのレースははるか昔から始まっていたのですね。

レース専用サーキットの誕生へ

レース専用サーキットの誕生へ

image by iStockphoto

フランスを中心に発展を続けたモータースポーツですが、レースには危険がつきもの。
当時のレースは市街地で行われるものが多く、1903年5月の「パリ・マドリードレース」ではルノー社の共同創設者マルセル・ルノーが事故を起こし亡くなり、このときに観客も巻き込む大事故に。
事故を重く見たフランス政府は「公道レースの禁止」を発表。
ドライバーと観客両方が犠牲になってしまっては「禁止するしかない」ということでしょう。

こうした中でレース開催場は公道からサーキットへ移り、モータースポーツ専用コースとして最初に創業したイギリス・サリーの「ブルックランズ」では1907年6月のオープン以降に耐久レース、モーターサイクルなどさまざまなレースを開催。
このサーキットにはアメリカから視察団が訪れることもあり、後に彼らは「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(アメリカ・インディアナ州)」を1909年に完成させます。

こうして建設された専用サーキットの存在はレースの興行的成功、そこから生まれる自動車性能や安全性向上の好循環を生み、世界各地でサーキット建設が行われることに。
レース界にとって大きな進歩ですね。

進む技術開発・第2次世界大戦中

進む技術開発・第2次世界大戦中

image by iStockphoto

専用サーキットの建設などモータースポーツの基盤が整ってくると、有名レースが多く開催されるようになります。
1904年に設立された「国際自動車公認クラブ協会 (AIACR。
国際自動車連盟 (FIA)の前身) 」は1923年にイタリア・モンツァの「アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ」で「ヨーロッパグランプリ」を開催、この時期にはドイツの「メルセデス」が「メルセデス・ベンツ・W25」で317.460km/h(1934年)、「アウトウニオン(アウディの前身)」が「アウトウニオン・Pワーゲン」で401.9km/h(1937年)を記録するなど自動車メーカーによる技術開発も進んでいきました。

その後第2次世界大戦勃発によりヨーロッパでグランプリ開催が中止されますが、1940年の「サンパウログランプリ(ブラジルのインテルラゴス・サーキットで開催)」、1941年の「リオデジャネイロ・グランプリ」や「アルゼンチン・ブエノスアイレスグランプリ」など南米では1942年までレースを開催。
戦争中の人々にとって大きな楽しみであったでしょうね。

世界最高峰レース「F1」誕生

世界最高峰レース「F1」誕生

image by iStockphoto

第2次世界大戦中の中断期間を経てレースが再開されたのは1945年9月9日にフランス・パリの「ブローニュの森」で開催されたパリ杯。
そこから1946年にはフランスのサン=クルー、スイスのジュネーヴ市街地などでグランプリが開催され、1947年には「国際自動車公認クラブ協会(AIACR)」を前身とした「国際自動車連盟 (FIA) 」が設立。

そして1950年にはモータースポーツの最高峰とされる「フォーミュラ1(F1)」が始まり、5月13日にイギリスの「シルバーストン・サーキット」で開幕。
ここで初めて年間成績を競う「世界選手権方式」のレースが展開されることになり、9月3日のイタリア・グランプリまで全7戦の結果イタリアのジュゼッペ・ファリーナが初の年間王者に。
FIAでは1973年に「世界ラリー選手権(WRC)」を発足、ヨーロッパを中心に南米などを回るラリー競技の最高峰として人気となっています。

伝統的な「世界3大レース」

伝統的な「世界3大レース」

image by iStockphoto

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アメリカ
ヨーロッパ
北米
歴史

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験