現在に続く混迷の先に――〈中東戦争〉の歴史

20世紀中葉から1978年まで長く続き、今なお火種のくすぶる〈中東戦争〉。イスラエル・パレスチナをめぐるこのゴタゴタについて、今回はできるかぎりわかりやすくご紹介します。一般に〈第一次中東戦争〉から先が語られることが多いですが、そもそも〈中東〉ってどんな土地?前史からていねいにさらっていきます。宗教戦争?利権?領土問題?代理戦争?さまざまな要素がからみあい、混迷をきわめた中東情勢。この戦争は歴史になにを示したのでしょうか。それは「人間の決断が平和をもたらす」ということだったかもしれません。〈中東戦争〉の歴史をごいっしょに。


〈中東戦争〉以前の中東とは

〈中東戦争〉以前の中東とは

image by iStockphoto

近代にはじまり、現在にまで尾を引く中東戦争。
でもその「前史」はどうだったのでしょう?ふつうに語ると見落とされがちな、中東地域の歴史をかんたんにおさらいしていきましょう。
紀元前までさかのぼって論じることのできる、この問題。
キリスト教とのいさかいの発端〈十字軍〉ってどうだったの?その後統治したあの帝国が崩壊したとき、中東情勢は急転直下をむかえるのです。

世界3大宗教の聖地

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のすべての聖地がこの〈エルサレム〉にあります。
そりゃそうです、みんな神様は同じなのですから。

まず紀元前1280年ごろに、モーゼがユダヤの民をエジプトから脱出させ、ユダヤ教が誕生。
しかし紀元前6世紀ごろに国が滅亡して以降、第二次世界大戦後にいたるまで「国がない民族」の受難の歴史がはじまります。
次に出てきたのがキリスト教。
ユダヤ教元来の神は「父なる神」と呼び「神の子」イエス・キリストへの崇敬をはじめました。
戒律をはじめ教えはユダヤ教をベースとしつつ、独自の発展をはじめます。
しかしその後、キリスト教の教えの中心は西洋に移ることに。

イスラム教が誕生したのは、610年。
最後の預言者・ムハンマドが唯一神アッラー(ユダヤ教とキリスト教の「父なる神」と同一とされています)から受けたお告げに人びとが集い、一大共同体を成しました。
その後彼らは〈イスラム帝国〉を建国します。
イスラム帝国の政府の勢力内に、聖地・イスラエルはありました。
こんなこともあって、イスラム教を奉じる国家の勢力圏内に置かれることになるのです。

十字軍、そしてオスマン・トルコ帝国の統治

その後、11世紀から13世紀にかけて行われた、キリスト教の聖地奪還計画〈十字軍〉のときにエルサレムをおさめていたのはイスラム諸国でしたが、その中でも重要な立ち位置を占めていたのは英雄・サラディンの作ったエジプトに拠点を置く〈アイユーブ朝〉。
サラディンは、スンニ派・シーア派でバラバラだったイスラム諸国をまとめたスゴい人です。

彼の後、半独立の地方政権が生まれます。
基本的にアラブ民族は、部族単位で共同体が運営される政治文化でした。

16世紀アラブの地に〈オスマン・トルコ帝国〉が登場します。
コンスタンティノープルから地中海、アラブ諸国を統治下に置いたオスマン・トルコ帝国は多民族・多宗教国家。
ゆるやかな統治の中、アラブ諸国は隆盛を迎えました。

しかし産業革命に遅れを取るなどして、西洋に対して厳しい立場に置かれます。
第一次世界大戦後、弱体化していたオスマン・トルコ帝国は解体。
これがアラブ諸国にとって大きな転機でした。

勃発、〈パレスチナ問題〉

勃発、〈パレスチナ問題〉

image by iStockphoto

第二次世界大戦後に勃発した中東戦争は、4度に渡ってくりひろげられ、そのあいまにも戦闘が頻発するなど苛烈を極めました。
その大元の原因とは?シオニズムを標榜するユダヤ人勢力が大きくなるにつれて、ことは厄介になってきます。
〈パレスチナ〉、聖書に記されたいにしえの呼び名は〈カナン〉すなわち「約束の地」――神から与えられた約束の地をめぐって、数々の思惑がくりひろげられます。

欧米諸国、始動

第一次世界大戦で、アラブ一帯を治めていたオスマン・トルコ帝国が滅亡。
そこに登場したのは、イギリスです。
アメリカ台頭以前はイギリスが「世界の警察」として機能していました。

第一次世界大戦中に行われた、いわゆる〈三枚舌外交〉により、イギリスに加え、フランスやロシアもやってきて、中東地域を分割することを決定しました。
その内容とは「ユダヤ人の国を作っていいよ」「アラブ人の国を作っていいよ」と双方に都合のいい約束をするという、あきらかにのちの火種を作る内容でした。

しかし戦後、欧米3ヶ国、そしてアラブ諸国やユダヤ人のあいだで摩擦が生じます。
結局イギリスはオスマン・トルコ帝国のいなくなったこの地域を〈イギリス委任統治領パレスチナ〉として植民地化しました。
この地にユダヤ人が大量に移民をはじめたことから、お話ははじまります。

〈シオニズム〉――ユダヤ人国家をもう一度

国家を持たないド根性民族・ユダヤ人――彼らは望みを棄てていませんでした。
なぜなら聖書で神は、かならずエルサレムの地に国を復活させることができると約束してくれたからです。

〈シオニズム〉とは、旧約聖書に出てくる〈シオン〉という町にちなんだ名前。
19世紀末から20世紀、古来から絶えないユダヤ人迫害はふたたびはじまろうとしていました。
ユダヤ人国家を作ろう、もう誰にも自分たちを迫害させない……歴史のなかで、ユダヤ人たちの悲願がここに頂点を極めたのです。

ここで大きな役割を果たした作品があります。
世界でもっとも影響力のある本の1つ『アンネの日記』。
一少女の気丈な隠れ家生活とその最期は「こんなことをされて、ユダヤ人って本当にかわいそう!」欧米諸国のみならず、世界中の哀憐を引きました。
ヒトラーのホロコースト政策への反動のようにして、ユダヤ人に対する同情は集まっていきました。

中東戦争、勃発

中東戦争、勃発

image by iStockphoto

アラブ人VSユダヤ人?ユダヤ教VSイスラム教?その正体はいまいちピンときません。
利権なのか、宗教戦争なのか、領土問題なのか……「そのすべて」と答えることは可能です。
ここまでの歴史を見ても、なかなかに複雑な中東の環境。
この章では現代に勃発した中東戦争の大きな原因を解説しましょう。
次のページでは『聖地〈エルサレム〉へのこだわり』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

文学少女が世界文学の時代背景に興味を持ち、調べていたら大学では文学部じゃなくて歴史学部に入ることになっちゃった。生粋の文学好き美術好きの27歳です。現在はライターとして活動中。夢はロシアのサンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこをすること。楽しくおもしろい歴史と本の世界を少しでも伝えられれば幸いです。

この記事のカテゴリ

イスラエル
中東
歴史

関連記事を見る

イスラエルの記事を見る

神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
死海文書ってなに?2018年に終末戦争が起こり人類は終焉を迎えるって?
神様から知恵を授かったソロモンと絶世の美女シバ王女のエピソードってちょっとユニーク
クリスチャンでなくても知っておこう!イエスの生涯とキリスト教の歴史
観光前に知っておきたいエルサレムの歴史。なぜ3宗教の聖地なの?
テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす
「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報
死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景
イスラエル「ナザレ」に行きたい10の理由
地球という星を実感…イスラエルで見れる大自然の絶景5選
人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ