1950年代から1960年代にかけて流行した現代美術「ポップアート」とは?

長い歴史の中で生み出されてきた数々の芸術作品の中で「既成の芸術概念を否定、新しい作品を生み出す」美術とされる「前衛美術」。そうした美術のに分類される「ポップアート」は1950年代から流行、その後は有名アーティストの存在もあって1960年代まで美術界に大きな影響を与える存在となります。それではその「ポップアート」はどのような歴史をたどったのでしょうか。今回は「ポップアート」と前後に起こった美術運動も含めて見てみましょう。


ポップアート以前の美術運動

1920年代から巻き起こる「シュルレアリスム」

1920年代から巻き起こる「シュルレアリスム」

image by iStockphoto

シュルレアリスムは1920年代に「ダダイズム(1910年代からヨーロッパ,アメリカで発生した反文明,反合理的芸術運動)」と呼ばれる美術運動が分かれて始まった運動。
芸術運動としては1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を発して以降に始まったとされています。

表現方法としてはオーストリアの精神医学者ジークムント・フロイトの「精神分析」、イタリアの画家ジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画(けいじじょうかいが)作品の影響下にあるもので現実を無視したような世界を絵画、文学で描き自分の「無意識」の部分を表現。
日本では「超現実主義」と訳されることも。

この表現方法に属する有名画家としてはマックス・エルンスト(ドイツ)、サルバドール・ダリ(スペイン)、ルネ・マグリット(ベルギー)など。
技法としては新聞紙や雑誌といった素体を切り貼りして作品を生み出す「コラージュ」、硬貨など凸凹のある素材の上に紙を敷き上から描画材(鉛筆など)でこする「フロッタージュ」、紙と紙の間に絵の具を挟んで無意識の絵が出来上がる「デカルコマニー」などが存在。
いずれも身近なものを使って製作できるものですね。

1940年代のニューヨークで発生「抽象表現主義」

1940年代のニューヨークで発生「抽象表現主義」

image by PIXTA / 29519648

シュルレアリスムの後に巻き起こった芸術運動が「抽象表現主義」と呼ばれるものでした。
こちらは第2次世界大戦後の1940年代アメリカ・ニューヨークで発生・発展した芸術運動で、それまでフランス・パリが中心となっていた西洋アートワールドの中心地がニューヨークへ移り変わった運動でもあります。

この言葉が最初に現れたのは1919年のドイツ前衛芸術誌『デア・ストラウム』紙上で、その後1929年に美術史家アルフレド・バルがロシアの画家ワシリー・カンディンスキーの作品についてこの言葉を使用。
本格的に使用されるのは1946年にアメリカの美術批評家ロバート・コーツから。

この主義の代表的な存在となっているのがアメリカのジャクソン・ポロック。
キャンバスに絵具をしたたらせる「ドリッピング」によって、絵を描く工程自体が強調された「アクション・ペインティング」を始め、抽象表現主義の時代には大人気の画法に。
作品だけではなく「作品を生み出すことに注目」するのはたいへん斬新と言えますし、絵画を見る際の視点も増えますね。

ポップアートの始まり

イギリスから始まったポップアート

イギリスから始まったポップアート

image by iStockphoto

大きな美術運動の後、ポップアートが生まれたのは長きにわたった「第2次世界大戦」の終戦後のこと。
長い戦争が終わった世界では大量の生産製品に囲まれた生活が始まり、人々はそれらを次々に消費する生活を送るようになっていました。

そうした社会が形成される中で「ポップアート」が始まったのはイギリス。
イギリス(スコットランド)の彫刻家エドゥアルド・パオロッツィは雑誌の切り抜きなどを用いて生み出した「コラージュ」を作り、1952年からはロンドンで若い美術家らが集まる「インディペンデント・グループ」を結成して大衆文化、テクノロジーの研究を行うように。
このような流れで1956年に美術評論家ローレンス・アロウェイが商業デザインなどを「ポピュラーなアート」としたことから「ポップアート」の言葉が誕生。

この年にはロンドンで『これが明日だ』展が開催されると、ここでリチャード・ハミルトンが『一体なにが今日の家庭をこれほどまでに変化させ、魅力的にしているか』を発表。
これは家電品、裸の男女などの写真を切り抜いて貼り付けた「コラージュ」作品で、ここからハミルトンは「ポップ」(大衆文化)を「大衆向き、短期間で消える、使い捨て、金がかからない」などと定義。

このハミルトンの作品以降にイギリスのポップアートは広がりを見せていき、1961年にデイヴィッド・ホックニーら若い美術家が出展した『ヤング・コンテンポラリーズ』展が開催されるとイギリスにおけるポップアートは全盛期を迎えることになります。

アメリカでもポップアートが栄える

アメリカでもポップアートが栄える

image by iStockphoto

イギリスにおいてポップアートが全盛を迎えたころ、アメリカで「ポップアート」は批判的に見られていました。
イギリスの人々にとっては輝いた、先進的な文化とされたアメリカ大衆文化はアメリカ人にとっては「ありふれたもの」であったためでした。
当時のアメリカは「抽象表現主義」の時代にあり、「ポップアート」のようなものは「キッチュ(ドイツ語で「安っぽい」などを意味する言葉)」であるとして批判的な立場を取ることに。
彼らにとっては「ありふれた」ものを美術にすることは許せなかったのでしょう。

こうした流れで登場したのがジャスパー・ジョーンズとロバート・ラウシェンバーグの2人。
2人は廃物、既製品のがらくたなどの物体を利用した作品を製作しはじめ、抽象表現主義に対抗するように。
特にジョーンズが生み出した『旗』はアメリカ国旗をモチーフとした作品として有名になり、彼らのような勢力は「ネオ・ダダ」と呼ばれるように。

こうした作品はのちに抽象表現主義のアーティスト、抽象表現主義に飽き始めた人々の注目を集めるようになり、抽象表現主義は影響力を失い始めることに。
その後1960年代に入ると代表的なアーティストが登場するようになっていきます。
人々もこれまでの美術から変化を望んでいたのですね。

代表的な作家

次のページでは『有名人をモチーフにした「アンディ・ウォーホル」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?