そんな理由で独立?繁栄の都市〈シンガポールの歴史〉

シンガポール――東南アジアのど真ん中の位置する小さな国。といっても〈都市国家〉つまり1つの都市が国家をなしている、現代ではめずらしい国です。経済に強い国というイメージもありながら、〈明るい北朝鮮〉とも呼ばれるシンガポール。なんだかふしぎの国のイメージがありますが、どんな歴史があるのかみなさん、ご存知ですか?独立にはびっくりの理由が。それまではさまざまな国に侵略・統治された歳月を送っていました。シンガポールが経済大国になった理由とは?今回はシンガポールの歴史をご紹介しましょう。

〈寄港地〉シンガプーラの誕生

〈寄港地〉シンガプーラの誕生

image by iStockphoto

歴史を知るにはまず地理から。
シンガポールは赤道直下の常夏の島です。
マレー半島の先っちょにあるひし形の島が、シンガポール島。
その他には60のものすごく小さな島たちで〈シンガポール〉は形成されています。
さてその〈シンガポール〉の原型が最初に記録に登場するのは、3世紀のこと。
東南アジアの多くの国々とおなじように、素朴な生活が営まれていました。

はじまりは海賊から!?小さな港〈テマセック〉

3世紀、中国の文献に出てくるのは〈テマセック〉という漁村。
これがのちの経済大国・シンガポールの大元です。
その後、貿易拠点として栄えたシンガポールですが、この頃から交易船の寄港地として船が頻繁に出入りしていました。

さてこの〈テマセック〉にどんな人びとが住んでいたかというとそれは、海賊!海賊というと「パイレーツ・オブ・カリビアン」みたいに、商船などを襲い荷物を奪い、逆らうやつは皆殺し……と、そんなイメージ。
しかしこの地方の海賊は、一味違っていました。

シンガポールの近くにある、巨大な〈マラッカ海峡〉。
ここは数多くの交易船が通行し、絶好の「獲物」が集う場所でした。
彼らにとっては漁業をやるよりもずっと、実入りがよかったのです。
海賊というと権力に逆らい、敵対する人びとという印象。
ですがマラッカ海峡の海賊はときの権力者と協力することもあり、14世紀には〈マラッカ王国〉の誕生に貢献しました。
ちなみにこのマラッカ海峡、今も海賊が横行して国際問題になっています。

〈ライオンの町〉シンガプーラ

シンガポールといったら、〈マーライオン〉を思い浮かべる方も多いのでは?シンガポールの古い名である〈シンガプーラ〉とは「ライオンの町」という意味。
この名前になったのは、14世紀。
諸説ありますが、スマトラからやってきてこの地に繁栄をもたらした領主〈サン・ニラ・ウタマ〉が、この土地の名前を〈シンガプーラ〉と変えた、というのが通説です。

13世紀から15世紀に渡って、この地は〈マジャパヒト王国〉の勢力下にありました。
最盛期にはインドネシア諸島をまるっと影響下に置いたこの王国はしかし、〈シュリーヴィジャヤ王国〉との戦や内戦でじょじょに弱っていきます。

その後14世紀、海賊と協力関係を作った、〈シュリーヴィジャヤ王国〉最後の王子が先頭に立って〈マラッカ王国〉が誕生し、マジャパヒト王国は衰退して〈シンガプーラ〉の地を統治することとなりました。

大航海時代、ポルトガル登場

大航海時代、ポルトガル登場

image by iStockphoto

16世紀、華の大航海時代です。
スペイン、ポルトガルを皮切りにヨーロッパ諸国は資源と領土を求めて大海へ乗り出します。
アジアの大半の国の歴史にもれず、シンガポールも西洋の侵略者による受難の時期を迎えました。
シンガプーラは侵略され〈ポルトガル領マラッカ〉となり、その後オランダ領として認められます。
その先に待っていた風景とは。

ポルトガルの侵略、そして……

中国・明の朝貢国として国際的バックボーンを得、東南アジア最大の市場としても栄えていた〈マラッカ王国〉。
しかしある日突然苦難はやってきます。
すなわち1511年、大航海時代まっただなかのポルトガル人が上陸したのです。

はるかかなたから彼らが危険をおかしてやってきた理由、それは〈植民地〉そして〈香辛料〉でした。
圧倒的武力を持ったシンガプーラの人びとに、なすすべはほとんどありません。

異教徒は排除すべき敵であった、西洋人。
各地で現地民の虐殺と殺戮を繰り返します。
シンガプーラもそれに漏れることがありませんでした。
西洋人が上陸したその瞬間から、シンガプーラは植民地化と奴隷状況へと進むこととなったのです。

歴史は退行へ……〈シンガプーラ〉の滅亡

しかしポルトガルも斜陽の時代へ。
スペイン・ハプスブルクに王座を乗っ取られます。
そのような中で覇権をのばしてきたのが、のちに日本と長く交易をすることにもなる、貿易大国・オランダでした。

〈マラッカ王国〉の王族の生き残りは、あらたな国を作ってポルトガルに対抗します。
〈ジョホール王国〉です。
ジョホール王国は逆境の中であがき、オランダと協力関係を結んで、ポルトガルを追い出しにかかります。
ポルトガル対ジョホール王国とオランダ共同戦線――オランダは勝利。
小さな港・シンガプーラはオランダ領となりました。

しかし荒廃した〈シンガプーラ〉は300年に渡り、歴史から姿を消してしまいます。
あとに残ったのは、漁民と海賊が暮らす小さな小さな漁村だけ……次に表に出てくるのは、19世紀のことです。

イギリス植民地・一大交易港〈シンガポール〉へ

イギリス植民地・一大交易港〈シンガポール〉へ

image by PIXTA / 5847437

シンガポールの歴史の大転換期が、1人の男によってもたらされます。
名前はトーマス・ラッフルズ。
わずか人口150人の寂れたちっちゃな漁村にたどりついた彼は、その地理的有利さに確信します。
「この港は絶対に繁栄する……!」世界の4分の1を制覇した国・イギリス。
日の沈まない大英帝国の領土に、シンガポールは組みこまれることとなります。

あきこのむ

Writer:

文学少女が世界文学の時代背景に興味を持ち、調べていたら大学では文学部じゃなくて歴史学部に入ることになっちゃった。生粋の文学好き美術好きの27歳です。現在はライターとして活動中。夢はロシアのサンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこをすること。楽しくおもしろい歴史と本の世界を少しでも伝えられれば幸いです。

この記事のカテゴリ

アジア
シンガポール
歴史

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【諸葛亮孔明】赤壁の戦い、天下三分の計、数々の発明…天才軍師の歴史ざっくり復習
静岡の温泉地やおすすめの温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
中国の世界遺産を全部解説!52件の世界遺産、あなたはどれが好み?