開戦の原因は石油?連勝から暗転へ、「大東亜戦争」とは?

皆さんは日中戦争や太平洋戦争の名前は聞き覚えがあるかと思いますが、「大東亜戦争」という名前は聞いたことがありますか?

当時の軍の狂気の象徴のような言葉と思う人もいるかもしれません。というか私もそうでした。

ここでは、この戦争がどのようなきっかけと理由で始まり、日本とアメリカが開戦に踏み切ったのはなぜ?戦況はどちらに有利に進み、どう変化していった?

そして、最後は日本人なら誰でも知っているとはおもいますが、どういう結果に終わったか?

悲惨過ぎて重たいのですが、説明していきたいと思います。







大東亜戦争開戦のきっかけは?

「大東亜戦争」とはどこからどこまでの戦争を指す?

「大東亜戦争」とはどこからどこまでの戦争を指す?

image by iStockphoto

大東亜戦争とは、大日本帝國と英米蘭中などの連合国との間で発生した戦争に対する呼称で、1941年に東條内閣が日中戦争も含めて「大東亜戦争」とすると発言。

敗戦後にはGHQによって「戦時用語」として使用が禁止されましたが、一方で大東亜戦争の名前を用いるべきという主張もあり、歴史認識問題という点でこの戦争の呼称については議論されています。

要するに、太平洋戦争と日中戦争を合わせた呼び方が「大東亜戦争」ということで良いでしょうか?「大東亜共栄圏」も日本に中国・満州に加え、フランス領インドシナ、オランダ領東インドを含めた範囲ということなので、太平洋戦争と日中戦争を合わせたこの方向で説明していきたいと思います。

戦争はなぜ起こった?

明治37年(1904年)の日露戦争で日本はロシアに勝利し、満州での権益を手に入れました。
これは中国に権益を持つイギリスや、中国の権益を狙うアメリカと対立を引き起こす羽目に。

さらに第一次世界大戦で日本は連合国側に立って参戦し、東アジアおよび南太平洋のドイツ領を攻撃し、これを手に入れましたが、これにより、フィリピンを植民地とするアメリカと太平洋でも対立することに。
さらに日本政府は中国に山東省の旧ドイツ権益を譲渡させましたが、中国国民は反発し、中国との対立も起きました。

目ざましい勢いで進出する日本を抑制するため、大正10年(1921年)英米はワシントン体制を確立。
ワシントン軍縮条約で日本の主力艦の保有数を制限し、日英同盟も破棄されることに。
さらに9ヵ国条約で日本が得たばかりの山東省の旧ドイツ権益を破棄させ、これにより英米と日本との対立が本格化しました。

英米と対立しドイツと組んだ日本軍は?

英米と対立しドイツと組んだ日本軍は?

image by iStockphoto

昭和4年(1929年)に世界恐慌が起き、欧米列強は「ブロック経済化」を進め、イギリスやアメリカはそれぞれの植民地や勢力圏を関税障壁で囲い込みました。

しかし、これが植民地の少ない日独の孤立を深め、「植民地を持たなければ」という野心を刺激。

そして昭和6年(1931年)9月に満州事変が勃発し、日本は武力で勢力を広げ、満州国を建国。
溥儀(ふぎ)を執政に祭り上げ、事実上の植民地を建設。

しかし米英の反応は早く、国際連盟に働きかけてリットン調査団を派遣。
「満州の日本傀儡(かいらい、操り人形にすること)政権を認めない。
日本は撤退し、新自治政府を樹立せよ」と勧告しますが、日本はこれを拒否。
昭和8年(1933年)に国際連盟を脱退し、外交交渉のチャンネルを自ら閉ざすミスを犯しました。

そして日本はドイツと接近し、昭和11年(1936年)にソ連包囲のための日独防共協定を締結。
日本陸軍にとっての仮想敵国は日露戦争以来からソ連(ロシア)で、事実、昭和14年には満州国付近で日本陸軍とソ連軍が衝突し、大敗北を喫していました(ノモンハン事件)。

一方で海軍は太平洋での対米戦争を想定し、戦力の配備と作戦立案を進め、陸軍は大陸での対ソ連戦、海軍は太平洋での対米戦を指向。
ここで陸海軍が対立し、太平洋戦争にも大きな影響を与えることになるのです。







ドイツの連勝が日本の野心を引き出した

昭和12年(1937)年、北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で日中の軍隊が衝突し、この盧溝橋事件を発端に、日本は中国との全面戦争に突入。

米英はもちろんこれに反発し、アメリカは日米通商条約の破棄を宣告し、イギリスは中国国民党へ膨大な物資を輸送し支援。

昭和14年(1939年)9月にはヨーロッパでも、ヒットラー率いるドイツがポーランドに侵攻し、これに対し英仏はドイツに宣戦布告。
第二次世界大戦が開始されました。
ドイツは翌年5月にフランスなど西欧への攻撃も開始し、オランダ・ベルギーが降伏し、6月にはパリが陥落しフランスも降伏。

日本は連戦連勝のドイツを見て「いずれはイギリスもドイツに敗北するはず。
アジアにかまっている余裕はなくなるはずだ」と考え、しかも仏印や蘭印の宗主国のフランスやオランダはドイツに降伏し、政治的な余白が生じていて、南進して日本の勢力圏を拡大する絶好のチャンス!

戦国時代で言えば、敵のいない城に攻め込む様なものでしょうか。
とにかく日本は油田を持たないため、特に豊富な油田を持つ蘭印を獲得すれば日本の石油問題は一気に解決するため、喉から手が出るほどに欲しがっていたのです。

太平洋戦争開戦のきっかけは「石油」

太平洋戦争開戦のきっかけは「石油」

image by iStockphoto

昭和15年(1940年)9月、日本はまず北部仏印に進駐。
イギリス・アメリカが妨害しますが日本の南進は止まらず、ここでアメリカは日本への石油輸出を全面禁止するという措置に。

近代国家の血液ともいえる石油がなくなれば、海軍は2年以内に行動不能となり、重要な産業は1年以内に生産を停止することになります。
日本の命運が明らかになり、「これならばいっそ」と対米戦争は決定的な状況に。
太平洋戦争の直線的な引き金は「石油」だったのです。

そして、昭和16年(1941年)12月8日、日本はハワイの真珠湾を攻撃。
当日、アメリカ太平洋艦隊には危機感はなく、なにしろ日本とハワイは約6500kmも離れていて、まさか日本軍が攻めてくるなど思いもしなかったのです。

日本機動部隊が択捉島単冠湾(えとろふとうひとかぷわん)を出港したのは11月26日のこと。
以後、アメリカに発見されることなく12日間もかけてハワイに忍び寄ったのです。

日本は航海中もアメリカと外交交渉を続けていましたが、アメリカのコーデル・ハルは日本への最後通牒に等しい「ハル・ノート」を突きつけてきて、これは「中国・仏印から撤兵せよ。
そして満州国は認めない」というもの。
これは日本にとって呑めるものではなく、日米開戦は避けられないものに。
この結果を受け、すぐさま機動部隊に「ニイタカヤマノボレ二〇八」という暗号電文が送られました。

真珠湾攻撃はどのような結果を引き出した?

12月8日、ハワイ北方約400kmの地点に、南雲機動部隊が展開。
日本は持ちうる正規空母6隻すべてを真珠湾に投入。
午前7時49分、第一次攻撃部隊が真珠湾に到達。
米軍は虚を突かれ反応が鈍く、全機突撃を命じ、「トラトラトラ」を無線で打電。
意味は「ワレ、奇襲に成功せり」。

浅深度魚雷を抱いた九七艦攻や爆弾を搭載した九九艦爆が次々と米軍艦に襲いかかり、2時間弱の戦闘で戦艦5隻が沈没し、米太平洋艦隊にとって壊滅的な打撃。
さらに200機以上の航空機を破壊し、米軍の死傷者は3600名を超え、一方日本側の損害は少なく、日本の圧勝となりました。

そして、ワシントンの駐米大使館員は宣戦布告の文書を誤って真珠湾攻撃の後に渡してしまい、「だまし討ち」となってしまい、戦争での参加に消極的だったアメリカ世論はこれにより「リメンバー・パール・ハーバー」となり、「日本とドイツを叩くべき」ということに。
アメリカも戦争はやりたくなかったのに、日本への怒りで戦うことを決意したということですね。

次のページでは『日本軍はどのように連勝した?』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

子供の頃から坂本龍馬に憧れ、歴史小説を読み込んでいて司馬遼太郎が特に好きで、城を巡って旅行をするのも好きでいろいろと回っています。地元岡山の歴史についても本を読んで調べていて、過去の時代の岡山がそんな風景だったか想像するのが好きです。バンド「レキシ」も好き。 よろしければブログも読んでみてください。http://tatsuyakawakami.hatenablog.com

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?