神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史

中東の大国・サウジアラビア――この国のイメージはやっぱり「石油」でしょうか。すごくリッチなお国というぼんやりとした雰囲気も。アラビア半島80%の面積を国土として保有し、北隣にクウェート、イラク、ヨルダン、イスラエルという「火薬庫」に囲まれる国家ですが、中身をのぞくと実は、アラーの神様を大切にする、イスラム教による政教一致のふしぎの国。サウジアラビアを語るに欠かせないイスラム教についてもおさえながら、アラブの大国の歴史をごいっしょに。






〈サウジアラビア〉以前の中東

〈サウジアラビア〉以前の中東

image by iStockphoto

まず、日本人に馴染みのすくない〈イスラム教〉と中東の略史からおさらいして、この記事をはじめます。
もともとが沙漠の遊牧民が多く、部族社会で構成されるアラブ社会。
このアラビア半島の地はシルクロードの中継貿易として栄えましたが、その過程で貧富の格差が拡大。
厳しい気候と生活。
人びとの心の支えは〈イスラム教〉でした。

〈イスラム教〉今昔

さかのぼれば7世紀に最後の預言者ムハンマドによって成立した〈イスラム教〉。
現代でこそ、旧時代的な部分があることにより西洋社会から批判が出ていますが、当時は先進的な制度を持つ「政教一致」制度でした。

〈アッラー〉の神様はとっても親切。
一度コーランをパラ読みしたことのある筆者ですが、まるで法律書のように人びとの権利や生活、人生のあらゆる分岐点に至ったときのサポートが書かれています。

ムハンマドの勢力拡大にともない、アラブ社会に〈イスラム帝国〉が成立しましたが、その後、後継者や教えをめぐって〈スンニ派〉と〈シーア派〉に分立します。
このあたりまでは、歴史の教科書やテレビの特集でもおなじみですね。

〈ムハンマド〉以後のアラビア半島

その後、中東はどうなったのでしょうか?ムハンマドが築いたイスラム帝国が発展した〈ウマイヤ朝〉は西はスペイン(イベリア半島)から東は中央アジアまでを治める大帝国に発展します。
と同時に古代ギリシャのアリストテレス哲学をはじめとして、すぐれた哲学を自分たちの世界に盛りこみ、文化的にも成熟していきます。

その後、ウマイヤ朝は国内のシーア派による反乱で滅び、いくつかの王朝や国が勃興しては滅んでいきます。
しかしこの地方を最終的に治めたのはあの〈オスマン・トルコ帝国〉でした。

16世紀にはアラビア半島を支配下に置いた、オスマン・トルコ帝国。
多民族国家として地中海から北アフリカ、一時期は東ヨーロッパまでおさめる大国のもと、アラブ世界もオスマン・トルコ帝国色に染まっていきます。
そんな中この半島に18世紀、1つの国が誕生するのです。

〈サウード家〉の誕生と最初の王国

〈サウード家〉の誕生と最初の王国

image by iStockphoto

イスラム教にもさまざまな教えや実践方法があります。
が、人のあいだであつかわれるうちにだんだん教えが緩んでいくのは、歴史のならわし。
「そんなことではいかん!」と宗教改革が起こります。
そこで起こったのが〈ワッハーブ派〉。
ワッハーブ派の主張は「本来の信仰に戻るべき」という復古主義でした。
コーランとムハンマドの行動にならって、本来の信仰へ――そんな運動を後押ししたのが〈サウード家〉、現在のサウジアラビア王国の祖となる豪族です。






〈ワッハーブ派〉の今につづく信念

復古主義〈ワッハーブ派〉。
「コーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)に立ち返ろう」という宗教改革です。
この原理主義的な傾向については、現在のサウジアラビアに続くものがあるので見ていきましょう。

宗派としてはスンニ派に属します。
改革運動を開始した人物〈ワッハーブ〉という人の名をとって〈ワッハーブ派〉と呼ばれるようになりました。
アッラーの教えであるコーラン、そして預言者ムハンマドの行い「のみ」に従い、他は本来の教えからの逸脱とする考えです。
この教えはもちろん当初迫害されます。

そこに登場したのが〈サウード家〉という一部族。
ワッハーブ派を強く信仰するようになったこの部族長は、宗教面をワッハーブに担当してもらい、自分は政治と軍事面を担当。
人びとを信仰で惹きつけ、勢力を拡大していくのです。
この信仰は現在のサウジアラビアという国のベースにもなっています。

オスマン・トルコ帝国の力

それに目くじらを立てたのが、中央アジア一帯を勢力下に置いていた強国・オスマン・トルコ帝国。
諸宗教・教派に寛容な政策をとっていたオスマン・トルコ帝国は「そんな原理主義的勢力が強くなったら、国家のバランスが崩れる」と危機感を覚えます。
多様性を重んじるオスマン・トルコ帝国内で、厳しく一神教戒律を守るワッハーブ派は異端の1つでした。

1818年、〈第一次サウード王国〉はトルコの侵攻にあって滅亡。
しかし王族はのがれ、サウジアラビア中部のリヤドに拠点を移して〈第二次サウード王国〉を建国します。

一方、19世紀にはイスラム世界を統治していた、オスマン・トルコ帝国自体が弱体化。
ルネサンスやフランス革命、産業革命を経験し、成熟したヨーロッパに押されていきます。
お隣・ロシアにジリジリと押されて〈クリミア戦争〉が起こったのも19世紀、1853年のことでした。

初代国王〈イブン・サウード〉の辣腕と石油の発見

初代国王〈イブン・サウード〉の辣腕と石油の発見

image by iStockphoto

サウジアラビア王国建国の背景には、宗教的バックボーンと英雄の姿がありました。
復古主義〈ワッハーブ派〉を強く信仰する、サウード家の当主〈イブン・サウード〉、のちのサウジアラビア初代国王です。
〈サウジアラビア〉とは〈サウード家の国〉の意味。
ゴッドファーザーのもとで台頭するサウジアラビアに1938年、大事件が起こります。
サウジアラビアの東部州ダンマームで、石油が採掘されたのです。
油田の開発はサウジアラビアの歴史を変えました。
次のページでは『わずか22歳の当主、生涯を賭けた使命』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

文学少女が世界文学の時代背景に興味を持ち、調べていたら大学では文学部じゃなくて歴史学部に入ることになっちゃった。生粋の文学好き美術好きの27歳です。現在はライターとして活動中。夢はロシアのサンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこをすること。楽しくおもしろい歴史と本の世界を少しでも伝えられれば幸いです。

この記事のカテゴリ

イスラエル
ヨルダン
中東
歴史

関連記事を見る

イスラエルの記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
死海文書ってなに?2018年に終末戦争が起こり人類は終焉を迎えるって?
現在に続く混迷の先に――〈中東戦争〉の歴史
神様から知恵を授かったソロモンと絶世の美女シバ王女のエピソードってちょっとユニーク
クリスチャンでなくても知っておこう!イエスの生涯とキリスト教の歴史
観光前に知っておきたいエルサレムの歴史。なぜ3宗教の聖地なの?
テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす
「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報
死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景
イスラエル「ナザレ」に行きたい10の理由
地球という星を実感…イスラエルで見れる大自然の絶景5選
人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ