世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史

世界最大の珊瑚礁地帯として知られる、グレート・バリア・リーフ。行ってよかった世界遺産や一度は体験してみたい世界遺産ランキングで、いつも上位にランキングする人気のスポットです。ダイバーが隠れてしまうほど大きいサンゴや可愛らしいカクレクマノミ、ナポレオンフィッシュやマンタなどの大物も生息しています。今回は、オーストラリアの世界遺産グレート・バリア・リーフの成り立ちの歴史をご紹介したいと思います。

世界最大の珊瑚礁を体感!グレート・バリア・リーフとは?

世界最大の珊瑚礁を体感!グレート・バリア・リーフとは?

image by iStockphoto

オーストラリア北東岸に広がる、総面積34万8700平方キロメートルもの広大な海域が、「グレート・バリア・リーフ」として、1981年に世界自然遺産に登録されました。
珊瑚礁が世界遺産に認定されたのは、世界初とか。
トレス海峡からブリスベン付近の全長2300kmもの壮大なスケールの珊瑚礁地帯で、この大きさは日本がすっぽりと収まるほど。

約2900のリーフと900もの島々があり、海洋国立公園としても世界最大規模を誇っているんですよ。
350種以上の珊瑚礁が群生し、クジラやミドリガメなど1500種の魚類、ナマコやヒトデなどの棘皮動物などは4000種も、この世界自然遺産に生息しています。
また、鳥類は250種も暮らしている、素晴らしい自然遺産です。

サンゴは実は生き物だった!

サンゴは実は生き物だった!

image by iStockphoto / 104868073

珊瑚礁って植物と思っていませんか?動かないただの塊のように見えるサンゴは、れっきとした生き物です。
全く動かないのに、「動物」と言われてもなんだか実感がわきませんよね。
サンゴをよ~く見ると、イソギンチャクに似た「ポリプ」という華のような口らしきものを持っており、このポリプを大きく開いて、海中に浮遊しているプランクトンたちを食べて成長しています。

残念ながら、サンゴがプランクトンを食べるのは、夜なんです。
昼間ではほとんど見られません。
夜になると、イソギンチャクと同じく、触手を出してプランクトンを食べています。
ポリプたちが集まって一つの塊を形成しているのがサンゴなんですよ。
石灰質の骨格を持っており、子供もちゃんと作っています。

海中で植物の役割も果たす「海の中の森」!

海中で植物の役割も果たす「海の中の森」!

image by PIXTA / 14324483

珊瑚礁は、植物のような役割も果たしていることも事実です。
サンゴ層には、褐虫藻という植物性のプランクトンが棲んでおり、光合成を行っています。
陸上の木のように、二酸化炭素を吸収し酸素を出しているんです。

要するに海中の二酸化炭素の濃度をコントロールする、大切な役割を担っているのが珊瑚礁なんですよ。
珊瑚礁は地球温暖化の防止に、きちんと役立っています。
さすが世界遺産!サンゴには、カクレクマノミなど多種多様な生物が、生態系を形成しているので、「海の中の森」という存在価値を見出していることは納得ですね。

グレート・バリア・リーフの誕生は1800万年前!

グレート・バリア・リーフの誕生は1800万年前!

image by iStockphoto

1800万年前?何時代?意味が分からないほど昔から、少しずつ成長して出来た素晴らしい地球の恵みなんです。
グレート・バリア・リーフは、現在も、成長を続けており、地球の成り立ちの歴史を知る上でも貴重な存在とされています。

始まりは陸上に10万年以上の歳月をかけて作られた石灰岩の丘が、ゆっくりと海の中に沈んで行ったんです。
島には2種類の成り立ちがあり、一つは大陸の一部が海に沈み、高いところが海から顔を覗かせ島となりました。
もう一つは、コーラル・ケイと呼ばれるサンゴで出来た島で、リーフの土台に島が形成されています。

アボリジニと共存してきたグレート・バリア・リーフ

アボリジニと共存してきたグレート・バリア・リーフ

image by PIXTA / 11914993

現在私たちが見られる珊瑚礁が誕生したのは、約8000年前と推測されています。
オーストラリアの先住民がアボリジニということはご存知でしょうか?彼らが、この辺りに住み始めたのが、4~5万年前の第4氷河期の中ごろだと言われています。
他にもトレス海峡諸島民たちも、1万年前から暮らしていました。

長い年月において、グレート・バリア・リーフは、アボリジニたちにとって、とても大切な漁場となっていたようです。
このリーフたちは、先住民と呼ばれる人々の、文化精神に大きな影響を与えています。

ヨーロッパ人に発見されるグレート・バリア・リーフ

ヨーロッパ人に発見されるグレート・バリア・リーフ

image by iStockphoto

1768年にフランスの探検家ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルが、グレート・バリア・リーフを発見しました。
彼は天文学者を伴いブルターニュの港湾都市ブレストから世界一周の航海に出た時に、この世界自然遺産となった地を発見したのです。
しかし、彼はこの地に価値を見出すことが出来ずに、フランス領となることはありませんでした。

次にこの地に訪れたのが皆さんご存知の、ジェームズ・クック船長一行が乗ったエンデバー号です。
日誌によれば1770年6月10日に、緑の低い島を見つけ辿り着きました。
この中の乗組員で天文学者だった、チャールズ・グリーン氏の名前を取り、グリーン島と名付けています。
「ケアンズの宝石」と称されるグリーン島は、900あるグレート・バリア・リーフの島々の中で、唯一サンゴの砂が積もって出来た島で、熱帯雨林が広がっています。
1937年には、世界初のグラスボトムボートが開発されておりツアーが催行されました。

全貌が明らかになるのは19世紀に入ってから

全貌が明らかになるのは19世紀に入ってから

image by iStockphoto

1770年6月11日にエンデバー号が、リーフで座礁する事件を起こします。
幸い満ち潮に合わせて引き上げに成功し無事脱出し7週間の修理の後、ポゼッション島から8月22日にオーストラリア東岸の英国領有宣言を果たしました。
他にも死亡者を出した、1791年のパンドラ難破沈没などが、サンゴの座礁事故を起こしています。

グレート・バリア・リーフは、陸が沈降するに従いサンゴ層が陸から離れ成長することで、巨大なバリア・リーフが形成される堡礁というタイプの珊瑚礁群で、環礁が全くありませんでした。
なので、この珊瑚礁群は19世紀に入るまでは、ほとんど認識されていなかったのです。

ピーターラビット

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

オーストラリア
オセアニア
ランキング
歴史
絶景

関連記事を見る

オーストラリアの記事を見る

大自然に抱かれて~魅力溢れるオーストラリアの世界遺産を全部解説!
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
オーストラリア留学をするなら、留学エージェントを上手使おう!
知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法
知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説
【留学経験者が伝授】オーストラリア留学、1年間の留学でいくらぐらいかかる?
【留学経験者が教える】オーストラリア留学でおすすめの都市6選
たくさんある!無料で利用できるオーストラリアの無料留学エージェント
オーストラリア留学、半年行く場合の留学費用ってどれくらいかかるの?
海外生活には必要不可欠!気になるオーストラリアの携帯事情