医学界の発展に人生を捧げた男「野口英世」とはどのような人物? 生涯やエピソード

明治時代から昭和初期にかけて活躍した細菌学者・野口英世。小さいころに負ったハンディを乗り越えた彼はその生涯を伝染病の研究に捧げ、医学界に大きな功績を残したことで有名に。現在は1000円札肖像画にも採用されており、医学に詳しくなくてもその存在を知っている人は多いでしょう。それではそんな野口英世とはいったいどのような人物であったのでしょうか。






生まれてすぐに襲った悲劇

生まれてすぐに襲った悲劇

image by PIXTA / 30336784

1876年(明治9年)11月9日に福島県耶麻郡三ッ和村三城潟(現・猪苗代町)に父・野口佐代助と母・シカの長男として生まれた野口英世。
幼少期は清作(せいさく)と名付けられます。

そんな清作を悲劇が襲ったのは1877年(明治10年)4月。
このとき囲炉裏(いろり)に落ちた清作は左手に大火傷を負うことに。
1883年(明治16年)に当時の三ッ和小学校に入学しますが左手の障害から農作業が難しく(清作の家庭は農家を営んでいた)、ここから学問に集中していくことに。
生き延びる道はそれしかないと考えていたのでしょう。

そうして学問に集中することになった清作は1889年(明治22年)に猪苗代高等小学校に入学。
優秀な成績を認めた小学校の教頭・小林栄の計らいで実現したものでした。
勉学に集中する中で1891年(明治24年)、清作は会津若松で開業していた医師・渡部鼎(わたなべかなえ)の手術を受け成功、不自由ながらも左手の指が使えるように。
清作は手術の成功に感激したことで医師を目指すこととなるのです。
人生経験は将来設計に大きな影響を与えますね。

本格的に医学の道へ

本格的に医学の道へ

image by PIXTA / 5012449

左手の手術成功から医師を志した清作は1893年(明治26年)、4年間首席を記録して猪苗代高等小学校を卒業。
渡部の経営する「会陽医院」に書生として住み込みで働きながら医学の基礎を学ぶことに。
この間には渡部の友人で歯科医、高山高等歯科医学院(現在の東京歯科大学)の講師・血脇守之助(ちわきもりのすけ)と知り合います。

1896年(明治29年)には小林らから40円(当時の金額では大金)を借りて上京、医師免許を取得するために必要な医術開業試験の前期試験に合格。
その後後期試験に合格するまで血脇の計らいで寄宿舎に泊まり込み、掃除や雑用をしながら生活することに。

さらに清作は独学が不可能であった後期試験(臨床試験)合格を狙い、開業試験合格率の高い「済生学舎(現在の日本医科大学)」へ通う資金を得ようと血脇に院長と交渉させることに。
その結果血脇は院長から病院経営を任せてもらうこととなり、病院予算を自由に動かせる立場に。
人を使って援助を実現させるとは相当な「やり手」ですね。
こうして援助を得た清作は血脇から月額15円の援助を受けることに成功。
学舎近くの東京都文京区本郷・大成館に下宿し勉学に励んでいきます。

医師免許の取得

医師免許の取得

image by PIXTA / 21065351

見事学校へ通うことに成功した1897年(明治30年)、血脇の計らいで帝国大学外科学教授・近藤次繁による左手の無償再手術を受けることになり、後期試験に見事合格。
その後21歳で医師免許取得に成功。
しかし免許取得後は開業資金が足りず、ハンディである左手を患者に見られたくないとの理由から開業医の道を断念、学者の道を歩むことに。
この頃の清作は血脇の計らいで医学院の講師を務め、順天堂医院で助手として「順天堂医事研究会雑誌」編集の仕事に関わっていました。

1898年(明治31年)10月には順天堂(現在の順天堂大学医学部)の上司である編纂主任・菅野徹三に頼み順天堂医院長・佐藤進からの紹介で、北里柴三郎が所長を務める「伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)」に。
ここで語学の能力を買われた清作は外国図書係として外国論文の抄録、外人相手の通訳、および研究所外の人間との交渉を担当。
この頃には名前を清作から「英世」に改名もしています。

海外進出・海外での活躍

海外進出・海外での活躍

image by PIXTA / 20131786

医学活動を続ける英世は1899年(明治32年)4月、伝染病研究所渉外係の業務の一環としてアメリカから来日していたサイモン・フレクスナー博士の案内役を任され、フレクスナーに自分の渡米留学の可能性を問います。
同年に横浜港検疫所検疫官補となった英世は9月には横浜港に入港した「亜米利加丸」の船内でペスト患者を発見・診断。
その仕事ぶりが認められ多英世は、清国(中国)でのペスト対策として「国際防疫班」に選任され、清国では牛荘を中心に病気の治療に従事。
実力は認められていたのでしょう。

その後1900年(明治33年)6月に「義和団の乱」で清国の社会情勢が悪化すると、7月には日本へ帰国。
再び神田・東京歯科医学院(芝より移転した元・高山高等歯科医学院)の講師に。
12月には女学生・斉藤ます子と婚約、婚約持参金を渡航費に当てアメリカへ渡航。
アメリカへ渡った英世はフレクスナーのもとでペンシルベニア大学医学部での助手職に就き、「蛇毒の研究」成果を論文として発表。
研究はフレクスナーの上司サイラス・ミッチェル博士から絶賛、ミッチェルの紹介で一躍アメリカの医学界に名を知られることに。
着々と活躍の場を広げていきますね。







アメリカの医学界でさらに研究は進行

アメリカの医学界でさらに研究は進行

image by PIXTA / 2447159

アメリカの医学界に名を知られてからさらに研究は進行していきます。
1903年(明治36年)にはフレクスナーの指示によりデンマーク、コペンハーゲンの血清研究所に留学、血清学の研究を行い物理学者アーレニウス・マドセンとの連名で論文を執筆。
1904年(明治37年)10月にはアメリカに戻りロックフェラー医学研究所に移籍します。

1911年(明治44年)8月には「病原性梅毒スピロヘータの純粋培養の成功」を発表、世界の医学界に名を知られると京都帝国大学病理学教室に論文を提出、京都大学医学博士の学位を授与。
研究はさらに進み、1913年(大正2年)には「梅毒スピロヘータを進行性麻痺・脊髄癆(せきずいろう。
梅毒により脊髄の後根、後索が変性し,下肢の激痛などを伴う)」の患者の脳病理組織において確認、この病気が梅毒の進行した形であることを証明。
1914年(大正3年)には東京大学より理学博士の学位を授与され7月にはロックフェラー医学研究所正員に昇進、この年のノーベル医学賞候補に。

医学会で功績を残す英世は1915年(大正4年)9月5日、母と再会を果たすため15年振りに帰国。
この年帝国学士院より恩賜賞(おんししょう。
学術上特にすぐれた論文、著書に対して贈られる)を受賞。
この頃には2度目のノーベル医学賞候補に名前が挙がります。
この時は恩師の小林栄と血脇守之助らに懐中時計を贈り、これを最後に帰国することはありませんでした。

黄熱病の研究へ・晩年

黄熱病の研究へ・晩年

image by PIXTA / 1360529

1918年(大正7年)になると英世は新たな病気の研究を始めます。
この年ロックフェラー財団の意向を受けた英世はワクチンの存在しない「黄熱病」病原体発見のため、病気が大流行していたエクアドルへ派遣されることに。
英世は患者の症状が「ワイル病」に似ていたことから「ワイル病病原体培養法」を適用して病原体を特定。
この結果をもとに開発された「野口ワクチン」により南米での黄熱病が収束することに。
この成果により英世はエクアドル軍の名誉大佐に任命されます。
国民にとっては「ヒーロー」でしょう。

その後1927年(昭和2年)10月にはアフリカへ黄熱病研究のため出張し、英領ゴールド・コースト(現在のガーナ)・アクラに到着、イギリス植民局医学研究所病理学者ウイリアム・A・ヤング博士から研究施設を与えられ研究を開始。
しかし1928年(昭和3年)に入ると英世自身が軽い黄熱病と見られる症状を発症、入院することに(この時の症状は黄熱病ではなかったと考えられる)。

その後回復が回復に向かい退院、研究を再開しますが5月11日にラゴスのロックフェラー研究所本部に行った際に体調が悪化、黄熱病と診断されアクラの病院に入院。
その後は5月18日から病状が再度悪化し、5月21日 に病室で帰らぬ人に。
51年の短い生涯でした。

英世が亡くなった後にヤング博士が英世を解剖、血液をサルに接種したところ病気を発症。
この結果から英世の死因は黄熱病であることが確認されます(ヤング博士自身も黄熱病で亡くなる)。
英世はその後アメリカ・ニューヨークのウッドローン墓地に埋葬されました。

英世が残したエピソード

英世が残したエピソード

image by PIXTA / 20831002

次のページでは『恩師もあきれる「浪費癖」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?